初期費用10万円以下

【必見!】初期費用10万円以下!圧倒的に安い賃貸会社4社!

初期費用10万円以下!圧倒的に安い賃貸会社4社!
お悩み女性
お悩み女性

部屋探しを考えているけど…

初期費用が高くてなかなか引っ越しが出来ない。

初期費用を10万円以下で抑えられる賃貸物件はないかな?

このような疑問にお答えします。

筆者は賃貸営業歴5年の賃貸営業マンです。

宅地建物取引士、賃貸不動産経営管理士の資格も保有しています。

賃貸契約の初期費用の相場は賃料の約5ヵ月分~6ヵ月分です。

仮に賃料6万円の物件だと30万円~40万円程、初期費用で掛かってしまいます。

さらにそこから家具家電を揃えなくてはいけなかったり、引っ越し業者を利用する場合は引っ越し業者の費用も掛かってくるでしょう…

そんな「とにかく抑えたい賃貸契約の初期費用」ですが、何と初期費用10万円以下で入居することが出来る賃貸会社4社ございます!

 

初期費用10万円以下の賃貸会社

ビレッジハウス

OYO LIFE

クロスハウス

オークハウス

 

今回は賃貸契約の初期費用を10万円以下に抑えられる上記4社の賃貸会社について詳しく解説していきます。

とにかく初期費用を抑えたい方は必見の内容ですよ!

初期費用10万円以下の賃貸会社①ビレッジハウス

ビレッジハウス

ビレッジハウスはソフトバンク傘下の米投資会社フォートレス・インベストメント・グループの賃貸住宅サービス会社です。

お笑い芸人のカンニング竹山さんが広告塔として出演されていて、テレビCMなども頻繁に打たれていました。

実際にご存知の方も多いでしょう。

そしてビレッジハウスの最大の特徴は、

敷金0円!

礼金0円!

仲介手数料0円!

更新料0円!

敷金、礼金、仲介手数料、更新料といった費用が全て0円なのです!

敷金、礼金、仲介手数料0円という点が、ビレッジハウスの初期費用が10万円以下の大きな要因となっています。

それに加えて通常2年毎に賃料の1ヵ月分の費用が発生する更新料も0円なので、2年毎の費用も他の不動産会社の物件と比べて費用を抑える事が出来ます。

さらにビレッジハウスは敷金、礼金、仲介手数料、更新料が0円ということだけでなく、なんとフリーレント1ヵ月まで付いています!

フリーレントとは家賃を無料にしてくれるサービスのことです。

つまり初期費用で発生する前家賃が1ヵ月分0円になるということになります。

さらにさらになんとビレッジハウスでは現在3万円の引っ越しサポートサービスも行っています。

3万円の引っ越しサポート

カンニング竹山さんもビックリな安さですね!

とにかくやりすぎなビレッジハウスの初期費用の安さ。

実際に賃貸営業マンである筆者が初期費用の見積もりを出してみました!

ビレッジハウスの初期費用見積もり

★賃料50,000円・管理費3,000円・2月1日からの入居の場合

2月分賃料 50,000円
3月分賃料 50,000円
2月分管理費 3,000円
3月分管理費 3,000円
仲介手数料 0円
保証会社費用 0円
火災保険 別途火災保険料が発生する場合があります(約1万円~2万円)
鍵交換代 0円
フリーレント1ヵ月 -53,000円
引っ越しサポートサービス -30,000円
合計 23,000円

ビレッジハウスは保証会社費用も鍵交換代費用も掛かりませんので、本当に初期費用が圧倒的に安いんです!

ビレッジハウスなら初期費用10万円以下どころか5万円以下で入居できる物件も非常に多いです!

冒頭でもお伝えしました通り、通常の賃貸契約の初期費用の相場は賃料の5ヵ月分から6ヵ月分ですので、賃料5万円の物件なら通常30万円程掛かってします。

それが初期費用5万円以下で入居できるのですから、「とにかく初期費用を抑えたい!」という方は是非一度ビレッジハウスの物件情報を確認してお問い合わせをしてみて下さいね!

ビレッジハウスは2K~3DKといった広々とした物件が多く、単身者~ファミリーの方々まで幅広い層に人気となっています。

\今なら3万円キャンペーン中!/最新の物件情報はこちら

 

 

Sponsored Link

初期費用10万円以下の賃貸会社②OYO LIFE

OYOLIFE

OYO LIFEはインドの世界第6位の大手ホテル会社OYO(オヨ)が運営する賃貸サービス会社です。

2019年3月に設立されたばかりですが、今までの賃貸サービスには無かった画期的な賃貸サービスにより非常に注目を集めています。

OYO LIFEの画期的な賃貸サービスは、具体的には下記のようなメリットがあります。

  • スマホ一つで完結
  • 煩わしい契約手続きなし
  • ホテルを借りるような手軽さ
  • 圧倒的な初期費用の安さ
  • 家具家電・生活用品・Wifiなど完備
  • 月々の光熱費無料

「旅するように暮らす」をコンセプトとしているサービスですので、スマホ一つでホテルを借りるような手軽さで賃貸物件を契約することが出来ます。

そしてOYO LIFEは初期費用の安さにも非常にこだわっています。

他社との初期費用の比較
  • 敷金・礼金
  • 仲介手数料
  • 保証会社費用
  • 火災保険料
  • 家具家電代
  • 鍵交換費用 など…

先程ご紹介しましたビレッジハウスと同じく、OYO LIFEでも上記の初期費用は発生しません。

OYO LIFEでも実際に初期費用の見積もりを出してみます。

OYO LIFEの初期費用見積もり

★賃料50,000円・管理費15,000円・2月1日からの入居の場合

2月分賃料 50,000円
2月分管理費 15,000円
仲介手数料 0円
保証会社費用 0円
火災保険 0円
鍵交換代 0円
退去時清掃代 16,500円
予約手数料 11,000円
合計 92,500円

OYO LIFEは初期費用の安さに加えて家具家電付き・光熱費・インターネット無料となっています。

そのため共益費が相場よりも高く設定されていますが、それよりも家具家電付き・光熱費・インターネット無料というメリットの方が大きいでしょう。

また、OYO LIFEは都心部に物件が多いので、そうした賃料が高い物件の場合や日割り賃料によっては初期費用が10万円を超えるケースもありますので予めご了承下さい。

OYO LIFEは関東エリア・単身者向けの物件情報となります。

ご条件に合う方は是非最新の物件情報をチェックしてみて下さいね!

最新の物件情報はこちら

 

 

Sponsored Link

初期費用10万円以下の賃貸会社③クロスハウス

クロスハウス

クロスハウスは2007年に創業したシェアハウスを中心に事業を展開している不動産会社です。

人気の都心エリアを家賃3万円から住めて初期費用も安い!という事で非常に人気を集めています。

クロスハウスは29,800円~の低家賃が最大の特徴となりますが、初期費用も非常に安く10万円以下で入居することが出来ます。

通常の賃貸契約で発生する敷金・礼金・仲介手数料・保証会社費用・火災保険料などなど…

こうした費用を全てまとめて契約料3万円としています。

実際に発生する初期費用はこの契約料3万円と鍵の保証金5,000円、それに前家賃のみとなります。

クロスハウスも実際に初期費用の見積もりを出してみます。

クロスハウスの初期費用見積もり

★賃料30,000円・管理費10,000円・2月1日からの入居の場合

2月分賃料 30,000円
2月分管理費 10,000円
仲介手数料 0円
保証会社費用 0円
火災保険 0円
鍵交換代 5,000円(保証金として)
退去時清掃代 0円
契約料 30,000円
合計 75,000円

クロスハウスはシェアハウスですので家賃が安く、多くの物件で初期費用10万円以下で入居が出来るでしょう。

共益費は一律一万円となっていますので若干高いように感じますが、クロスハウスは家具家電付き・光熱費・インターネット無料となっています。

カバン一つで入居でき、初期費用も抑えられるので身軽に気軽に引っ越しが出来ますね!

 

お悩み女性
お悩み女性

初期費用が安くて家具家電付きはいいけど、シェアハウスには抵抗がある…

 

このような方の為に、クロスハウスはシェアドアパートメントという画期的な賃貸サービスを2018年よりスタートさせています。

シェアドアパートメントは通常のアパート同様にプライベートを確保しながら、シェアハウスの家賃の安さ・初期費用の安さを融合させた物件です。

 

SA-XROSSシリーズ

 

各自それぞれの個室があり、キッチンやシャワールーム、トイレなどの水回りの部分だけを共用する物件。

シェアメイトとの交流はほとんどないので、水回りの部分を共用することに抵抗がなければかなり費用を抑える事が出来ます。

シェアドアパートメントは全物件築年数が浅いので、綺麗な物件に住みたい方にもおすすめできます。

さらにクロスハウスにはシェアハウスではなく、通常のアパート契約(家具家電付き)の物件もございます!

 

家具付アパートメント

 

こちらのアパートメントタイプの場合だと契約料が5万円と少し高めになりますが、それでも初期費用は10万円前後に抑えられる物件が多いです。

よろしければクロスハウスでどのような物件があるかご確認してみてください。

\東京好立地29,800円から!/最新の物件情報はこちら

 

 

Sponsored Link

初期費用10万円以下の賃貸会社④オークハウス

オークハウス

オークハウスは設立20年以上のシェアハウスを中心とした賃貸運営会社です。

物件数は300物件近くあり、部屋数は6,500部屋以上!

日本最大級の物件数と部屋数を誇っています。

オークハウスもシェアハウスですので初期費用や家賃が安く、初期費用が10万円以下で抑えられる物件も多いです。

オークハウスの初期費用はクロスハウスと非常に似ていて敷金・礼金・仲介手数料・保証会社費用・火災保険料などを一つにまとめて契約料3万円~5万円としています。

オークハウスの初期費用の見積もりを出してみます。

オークハウスの初期費用見積もり

★賃料50,000円・管理費10,000円・2月1日からの入居の場合

2月分賃料 50,000円
2月分管理費 10,000円
仲介手数料 0円
保証会社費用 0円
火災保険 0円
鍵交換代 0円
退去時清掃代 0円
契約料 30,000円
合計 90,000円

家賃や日割り賃料、契約料の金額によっては10万円を超える初期費用となる可能性がありますが、多くの物件で10万円以下で抑える事が出来そうです。

オークハウスも家具家電付き・光熱費・インターネット無料ですので、こうした費用も含めるとかなりお得に入居が可能となるでしょう。

 

オークアパートメント

 

そしてオークハウスもクロスハウスのアパートメントタイプ同様に、オークアパートメントと呼ばれる全室家具家電付きの通常のアパート契約も可能です。

シェアハウスが苦手な人でもオークアパートメントを選べば問題ありません。

先程紹介したクロスハウスとオークハウスはサービス内容が似ていますので、それぞれ利用してお部屋探しをするとより良いお部屋がきっと見つかるはずです!

最新の物件情報はこちら

 

 

Sponsored Link

初期費用10万円以下の賃貸会社についてまとめ

初期費用10万円以下の賃貸会社まとめ

今回は初期費用10万円以下で抑えられる賃貸会社を4社ご紹介致しました!

特に初期費用が抑えられるのはビレッジハウス

敷金・礼金・仲介手数料・更新料なしに加えてフリーレント1ヵ月、さらに引っ越しサポートの3万円サービスまでありますから、圧倒的な初期費用の安さとなっています。

ビレッジハウスよりも初期費用が安い物件はそうそうないでしょう。

単身者の方からファミリーの方まで幅広く対応できるのも良いですね。

OYO LIFE、クロスハウス、オークハウスは通常のアパート契約と少し変わった契約内容となりますが、単身の方で初期費用を抑えたい方は是非チェックしてみて下さい!

賃貸物件は1月~3月が繁忙期シーズンです。

目まぐるしく物件が動き、良い物件であればあるほど、早く埋まってしまいます。

いち早く動き出すことが良い物件と出会える最大のコツです。

ぶどう
ぶどう
皆様のより良いお部屋探しを心よりお祈り申し上げます。
ABOUT ME
ぶどう
ぶどう
関東圏の賃貸営業マンとして5年間勤めました。 成約件数は1000件以上。 そのノウハウを活かして、これからお部屋探しをされる方へ「お部屋探しのコツ」をお伝えしていきます。 2015年宅地建物取引士取得 2016年賃貸不動産経営管理士取得