シェアハウス

シェアハウスは安いのか?通常の賃貸物件と徹底比較しました!

シェアハウスは安いのか?通常の賃貸物件と徹底比較しました!
お悩み女性
お悩み女性

これから部屋探しを始めるけど…

シェアハウスって安いのかな?

シェアハウスがどのくらい安いのか知りたい!

このような疑問にお答えします。

筆者は賃貸営業歴5年の賃貸営業マンです。

宅地建物取引士、賃貸不動産経営管理士の資格も保有しています。

シェアハウスは安いのか?どのくらい安いのか?

シェアハウスをお探しするうえで疑問に思われる方は非常に多いと思います。

そこで今回は、

シェアハウスと通常の賃貸物件を徹底比較しました!

  • シェアハウスが安いのか知りたい方
  • シェアハウスがどのくらい安いのか知りたい方
  • 通常の賃貸物件との比較が見たい方
  • 安いシェアハウス情報が知りたい方
  • シェアハウスの安さの裏に隠れたデメリットを知りたい方

上記のような方にこの記事はおすすめです。

この記事をお読みいただくことでシェアハウスの安さについて詳しくなれます!

シェアハウスは安いのか?

シェアハウスは安いのか?

まずさっそく結論からお伝えしますと、

結論!

シェアハウスは通常の賃貸物件と比べてかなり安い!

となります。

もちろんシェアハウスのタイプや部屋タイプによっても安さの度合いは異なります。

例えば、ドミトリータイプと呼ばれる一つの部屋を複数でシェアする部屋タイプはシェアハウスの中でも費用面を大きく抑えることができます。

反対に、個室タイプで共用の設備が充実しているようなシェアハウスだと安さの度合いもおだやかです。

最近はビリヤード台やシアタールームまである高級なシェアハウスも多くなってきています。

また、部屋は個室で水回りやリビングだけ共有するシェアハウスなども出てきています。

費用面を抑えつつ、プライベートも確保できるシェアハウスですね。

シェアハウスはなぜ安いのか?

お悩み女性
お悩み女性

どうしてシェアハウスは安いの?

シェアハウスが安い理由は、

ひとつの物件、ひとつの設備、ひとつの部屋をシェア(共有)するからです。

それぞれをシェアすることで物件の建築費用や設備費用を抑えることができます。

その結果、入居者に対しての負担が軽くなって、シェアハウスは通常の賃貸物件と比べて安くなります。

Sponsored Link

シェアハウスはどのくらい安いのか?

シェアハウスはどのくらい安いのか?通常の賃貸物件と徹底比較!

それでは具体的にどのくらいシェアハウスは安くなるのか?

通常の賃貸物件と比べていきましょう。

まずは東京エリアのシェアハウス家賃相場と通常の賃貸物件の家賃相場を比較です。

月額の家賃の比較

東京シェアハウスの家賃相場

賃料65,000円+共益費10,000円

参考:シェアハウスの平均家賃はいくらぐらい?なぜ安いのか?

東京の賃貸物件の家賃相場

賃料93,000円+共益費5,000円

参考:【ホームズ】東京23区の家賃相場情報

家賃相場だけでもだいたい23,000円の差があります。

ドミトリータイプのシェアハウスの場合はさらに家賃が安くなります。

さらに最近のシェアハウスはほぼ全てのシェアハウスで、

家具家電付き・水道光熱費・インターネット代・日用品

この3点は共益費に含まれていますので、表面上に出ない費用も大きく抑えることができます。

初期費用の比較

シェアハウスは家賃の安さだけではなく、初期費用も通常の賃貸よりも非常に安くなります!

通常の賃貸物件では

  • 敷金
  • 礼金
  • 仲介手数料
  • 保証会社費用
  • 火災保険料
  • 鍵交換費用など…

じつにさまざまな費用が発生していきます。

しかしシェアハウスだとほとんどのシェアハウスで上記の費用が掛かりません。

ひとつ具体例として「クロスハウス」というシェアハウス会社の初期費用の例をお出し致しますと、

シェアドアパートメント初期費用

クロスハウスの場合だと初期費用は3万円のみ(別途家賃は発生します)となります!

家具家電購入代なども含めれば55万円以上の差となりますね!

「とにかく最初の初期費用を抑えたい!」

という方は通常の賃貸物件よりもはるかに安く初期費用を抑えることができますよ!

 

Sponsored Link

安いシェアハウス会社を紹介!

安いシェアハウス会社を紹介!

ここでは具体的として「安いシェアハウス会社」を2つご紹介します。

ぜひ参考にしていただけますと幸いです。

①クロスハウス

クロスハウス

まずひとつめは、先程の初期費用の比較でもご紹介しましたクロスハウスです。

クロスハウスは「東京好立地29,800円~」というキャッチコピーで有名なシェアハウス会社です。

29,800円の家賃は個室タイプではなくドミトリータイプの物件であることが多いのですが、クロスハウスは個室タイプでも家賃3万円台で入居できる物件があります!

クロスハウス東京個室3万円台

クロスハウスの物件は築年数が浅い物件が多いため、きれいな物件が多いです。

また、「女性限定」の物件もあるので女性の方でも安心して入居できる物件も多く取り揃えられています。

さらにクロスハウスの初期費用は「3万円+前家賃」のみですので、初期費用の負担も少なくお手軽に入居することが可能です。

そしてクロスハウスは費用面の安さだけではなく、入居後のサービスも非常に充実しています。

クロスハウスは住み心地保証というサービスがあり、入居後は以下の3点のサービス保証があります。

  1. 物件の移動が無料
  2. 部屋タイプの変更も無料
  3. 退去してからの1年以内の再入居も無料

クロスハウスは入居後のサービスもしっかりしていますので、初めてシェアハウスに入居される方も安心して入居することができますね。

\キャンペーン物件多数あり!/クロスハウス最新の物件情報はこちら

 

クロスハウスについてさらに詳しく知りたい方は下記の記事をご覧ください。

 

②GGハウス

GGハウス

続いてご紹介するのはGGハウスです。

GGハウスも東京で個室3万円台で入居できるシェアハウス物件が多数あります。

GGハウス格安物件 GGハウス格安物件2

GGハウスもクロスハウスと同じく築年数が浅い物件が多くきれいな物件が多いです!

また、GGハウスの一番すごいところが、

初期費用が前家賃のみ!

ということです。

月額費用が安いだけではなく、初期費用も圧倒的に安いので

「とにかく費用面重視で物件を探したい!」

という方には非常におすすめできるシェアハウス会社です。

GGハウス最新の物件情報はこちら

 

GGハウスの詳細記事はこちらです。

 

Sponsored Link

シェアハウスのデメリット

シェアハウスのデメリット
お悩み女性
お悩み女性

シェアハウスが安いということは分かったけど…

なにかデメリットはないの?

シェアハウスはシェアメイトと物件を共有することで費用面を大きく抑えることができます。

しかし物件をシェアすることで生まれるデメリットも存在します。

シェアハウスのデメリット
  • シェアメイトとの交流に疲れる
  • 騒音が気になる
  • キッチン・トイレ・シャワーなど共用する事が気になる

シェアメイトとの交流に疲れてしまったり、中には喧嘩をしてしまったりする方も少なくないようです。

また、騒音が気になったり、水回りを共用することが気になる方もいらっしゃいます。

特に音に敏感な方や、潔癖な方はそもそもシェアハウス自体が合わないことが多いです。

そう言った方はシェアハウスではなく通常の賃貸物件をお探しされた方が良いでしょう。

 

Sponsored Link

まとめ

シェアハウスは安いのか? まとめ

今回は「シェアハウスは安いのか」という点について詳しく解説しました。

シェアハウスは賃貸物件に比べて家賃も初期費用も抑えられる物件がほとんどです。

特に初期費用を大きく抑えることができるので、初期費用を抑えたい方はシェアハウスをおすすめします。

また、シェアハウスにはさまざまなデメリットもありますが、

  • 費用面が安い
  • たくさんの方と交流が持てる
  • 自分の世界観が広がる

など、多くのメリットが存在します。

ぜひこの記事を参考にしてシェアハウスをご検討いただけましたら幸いです。

ぶどう
ぶどう
皆様のより良いお部屋探しを心よりお祈り申し上げます。
ABOUT ME
ぶどう
ぶどう
関東圏の賃貸営業マンとして5年間勤めました。 成約件数は1000件以上。 そのノウハウを活かして、これからお部屋探しをされる方へ「お部屋探しのコツ」をお伝えしていきます。 2015年宅地建物取引士取得 2016年賃貸不動産経営管理士取得