不動産仲介会社

賃貸プロが教える仲介手数料が安い不動産屋5選!注意点も解説!

賃貸プロが教える仲介手数料が安い不動産屋5選!注意点も解説!
お悩み男性
お悩み男性

仲介手数料が安い賃貸不動産屋ってどこだろう?

安い不動産屋だと何かデメリットはあるのかな?

仲介手数料が安い賃貸不動産屋について知りたい!

このような疑問にお答えします。

筆者は賃貸営業歴5年の賃貸営業マンです。

宅地建物取引士、賃貸不動産経営管理士の資格も保有しています。

賃貸契約を結ぶ際に切っても切れないのが仲介手数料

この仲介手数料は宅建業法で賃料の1ヵ月分までと上限が定められています。

上限の賃料の1ヵ月分までであれば、仲介手数料はその不動産屋によって金額を決める事が出来るので、中には他の不動産屋との差別化を図るために仲介手数料を安く設定している不動産屋も存在します。

今回は現場に精通している賃貸営業マンの筆者が、

「仲介手数料が安い不動産屋5選」

を詳しく解説していきます。

また、

仲介手数料が安い不動産屋の注意点

途中で仲介手数料が安い不動産に変更できるのか

実際にお部屋探しをされる方がよく疑問に感じる点も併せて解説していきます。

この記事を読めば仲介手数料が安い不動産屋について詳しくなれますよ!

賃貸プロが教える仲介手数料が安い不動産屋5選

現在、数多くの賃貸不動産屋が存在しています。

そしてその多くの賃貸不動産屋が仲介手数料を宅建業法の上限である、

「賃料の1ヵ月+税」

としている不動産屋がほとんどです。

おもに知られている仲介手数料が賃料の1ヵ月+税の不動産屋を並べてみます。

 

アパマンショップ 賃料の1ヵ月+税
ピタットハウス 賃料の1ヵ月+税
ハウスメイトショップ 賃料の1ヵ月+税
ホームメイト 賃料の1ヵ月+税
いい部屋ネット 賃料の1ヵ月+税
お部屋探しマスト 賃料の1ヵ月+税
ハウスコム 賃料の1ヵ月+税
タウンハウジング 賃料の1ヵ月+税

 

上記の不動産屋の仲介手数料は原則賃料の1ヵ月+税です。

おそらくご存知の不動産屋ばかりだと思います。

もちろん、中には仲介手数料無料などのキャンペーンを行っている物件もございますので全ての物件で賃料の1ヵ月+税という訳ではありませんが、ほとんどの物件が宅建業法の上限である賃料の1ヵ月+税となります。

しかし、これだけ多くの不動産屋が賃料の1ヵ月+税の仲介手数料としている中で、下記の5社は仲介手数料を賃料の半分以下の設定としています。

 

エイブル 賃料の0.5ヵ月+税
ミニミニ 賃料の0.5ヵ月+税
ietty(イエッティ) 賃料の0.5ヵ月+税
OHEYAGO(オヘヤゴー) 賃料の0.5ヵ月+税
ビレッジハウス 無料

 

こうした仲介手数料が安い不動産屋を利用する事で、初期費用を抑えられる可能性が高まっていきます。

賃料が高い物件になればなるほど、仲介手数料が安くなる不動産屋を利用する価値が高まるので、希望する物件の賃料が高くなりそうな方は必ず仲介手数料が安い不動産屋の情報をチェックするべきです!

また、ビレッジハウスは仲介手数料が無料なだけではなく、

「敷金・礼金・更新料も無料」

となりますので、初期費用をとにかく抑えたい方におすすめです。

おそらく「エイブル」「ミニミニ」をご存知の方は多いと思いますが、「ietty(イエッティ)」「オヘヤゴー」「ビレッジハウス」をご存知の方はあまり多くはないのではないでしょうか?

ここではさらに深掘りして、仲介手数料が安い不動産屋5社を解説していきます!

エイブル

エイブル

エイブルは約800店舗もの店舗数を誇る不動産会社です。

おそらくこの記事をご覧いただいている皆様の地域にも店舗があるはずです。

エイブルは仲介手数料が0.5ヵ月+税という事に加えて、

女子割でさらに10%OFF

学割でさらに10%OFF

非常に仲介手数料の割引に力を入れています。

来店キャンペーンなども頻繁に行っており、大手企業ならではの強みも魅力です。

ただし、「自社物件中心の物件紹介」となるので、物件の選択肢が狭まると言ったデメリットもあります。

エイブル最新の物件情報はこちら

 

ミニミニ

minimini

ミニミニは2019年7月時点で468店舗を構える賃貸不動産会社です。

エイブルと比べると店舗数はやや少ないですが、テレビCMでもお馴染みですし知名度の高い不動産屋でしょう。

ミニミニの特徴は、

「スーパー君」「進化したスーパー君」など、独自の契約プランが豊富です。

また、管理物件から管理物件への引っ越しは仲介手数料が無料となるサービスもあります。

ただし、ミニミニもエイブルと同じく「自社物件中心の物件紹介」となるので、物件の選択肢が狭まると言ったデメリットもございます。

ミニミニ最新の物件情報はこちら

 

ietty(イエッティ)

iettyはチャット型不動産会社として非常に人気を集めています。

チャット型不動産は物件のお問い合わせから内見の予約、契約やり取りなども全てチャットで行える不動産会社です。

「不動産会社へ来店するのは緊張する…」

「人と話すのが苦手…」

「仕事の都合などで不動産会社へ来店できない…」

こうした悩みや不安を解消してくれる画期的な不動産会社ですね。

iettyはなんと夜の22時までチャット対応が可能となっています!

上記サービスに加えてiettyは「仲介手数料が半額」というのがやはり何よりも強みですね。

欠点としては関東エリアのみの対応であることです。

関東エリアでお探しの方は是非チェックすべき不動産屋です!

イエッティ公式サイトはこちら

 

OHEYAGO(オヘヤゴー)

オヘヤゴー

OHEYAGO(オヘヤゴー)はセルフ内見ができて来店不要で契約ができる近未来の賃貸サービスです。

チャット型不動産のイエッティと似ているサービスですが、セルフ内見によって完全に不動産会社のスタッフと顔を合わせずの賃貸契約も可能となっています。

また、セルフ内見とすることで従来発生するコストを削減でき、仲介手数料が安くなっています。

このように仲介手数料が安い理由が明白だと安心して利用できますね。

欠点としては掲載物件数が少ないので、希望の条件の物件が見つかりづらいことです。

ぜひオヘヤゴーもチェックしてみてください。

\仲介手数料0円~0.5ヵ月!/オヘヤゴーの物件情報はこちら

 

ビレッジハウス

ビレッジハウス

ビレッジハウスの特徴は圧倒的な初期費用の安さです。

敷金・礼金・仲介手数料・更新料無しという破格の安さとなっています。

さらにそこからフリーレント1ヵ月(家賃無料1ヵ月)まで付いてきますので、実際に初期費用で支払うのは日割り賃料のみとなります。

ビレッジハウスよりも初期費用を抑えらえる物件はそうそうないでしょう。

加えて家賃も安いので、とにかく費用面を抑えたい方は是非チェックしたい不動産会社です。

\今なら3万円キャンペーン中!/最新の物件情報はこちら

 

さらにビレッジハウスについて詳しく知りたい方はこちら!

Sponsored Link

仲介手数料が安い不動産屋の注意点

仲介手数料が安いという点は大きなメリットとなりますが、反対に注意点もいくつかございます。

  • 自社物件中心の紹介になる
  • フランチャイズ店舗は仲介手数料が0.5ヵ月とならない物件もある
  • オプション商品を付けられてしまう
  • 結局初期費用が高くなることもある
  • 賃料が低い物件はメリットが小さい

一つ一つ解説していきます。

自社物件中心の紹介となる

これは自社物件を持つエイブルとミニミニに関しての注意点ですが、仲介手数料を他の不動産屋よりも安くしている分、「利益率の高い自社物件中心の紹介」となることが多いです。

もちろん、エイブルやミニミニの自社物件で希望条件に合う物件があればベストですが、そうでない場合は選択肢の幅が狭くなり、なかなか物件が決まらないといった悪循環に陥ってしまう恐れがあります。

フランチャイズ店舗は仲介手数料が0.5ヵ月とならない物件もある

これもフランチャイズ店舗が存在するエイブルとミニミニに関しての注意点ですが、エイブルとミニミニは全体の店舗数の約半数がフランチャイズ店舗となっています。

エイブルとミニミニのフランチャイズ店舗は物件によって仲介手数料が0.5ヵ月とならない物件もございますのでご注意下さい。

事前に公式サイトから確認しておいた方が良いでしょう。

オプション商品を付けられてしまう

仲介手数料を他の不動産屋よりも安く設定しているため、室内消毒や24時間サポートなどのオプション商品を付けられてしまう可能性が高くなります。

この点に関しても店舗によりさまざまとなりますので事前に確認しておくとベストです。

結局初期費用が高くなることがある

仲介手数料が他の不動産屋より安くなっても、その他の敷金や礼金、保証会社費用、オプション商品などによっては他の不動産屋よりも結局初期費用が高くなってしまうかもしれません。

仲介手数料の安さだけに気を取られずに、その他の初期費用にもしっかりと目を向けて物件を検討していきましょう。

賃料が低い物件はメリットが小さい

仲介手数料は賃料の金額によって大きく異なってきます。

賃料が高ければ高いほど仲介手数料も高くなっていくので割引額も大きくなっていきますが、逆に賃料が低い物件に関しては仲介手数料が安い不動産屋のメリットも小さくなりますので、その他の費用によっては初期費用の合計が高くなってしまう可能性が高くなります。

 

Sponsored Link

仲介手数料が安い不動産屋へ変更できるのか

お悩み男性
お悩み男性

A不動産で内見して気に入った物件を契約しようと思ったけど、他の不動産屋の情報も色々確認していたらB不動産で同じ物件なのに仲介手数料が0.5ヵ月で表記されていた。

仲介手数料が安いB不動産で契約したけど、これって大丈夫なの?

このような疑問をお持ちの方も少なくないでしょう。

もちろん入居者側としたら仲介手数料が安い不動産屋で契約した方が初期費用が抑えられて良いですが、内見してくれたのはA不動産。

人情的には内見してくれたA不動産で契約すべきですが、B不動産はこうした仲介手数料の差額で集客・契約率を高めている訳ですから企業努力をしているB不動産で契約したくなってしまいますよね。

結論としては

  • どこまで契約の話が進んでいるか
  • 建物の管理会社はどこであるか

という2つの問題点によって異なっていきます。

すでに入居申し込みを行ってしまっている場合、入居申し込みキャンセルは最悪の場合だと仲介業者か建物の管理会社からキャンセル料を請求されるケースもあります。

それ以前に入居申し込みキャンセルは仲介業者・管理会社・そしてその先にいるオーナーに非常に迷惑が掛かる行為です

入居申し込みを既に行っている場合は、予定通りそのままA不動産で契約を進める事をおすすめします。

内見だけでまだ入居申し込みを行っていない場合は、基本的にはB不動産で契約しても問題ありません。

しかし、建物の管理会社がA不動産だった場合、B不動産で入居申し込みをしても契約者の情報は建物の管理会社であるA不動産は全て把握出来ます。

さらに契約手続きなどもA不動産で行う可能性もあります。

あまり可能性は高くありませんが、最悪の場合は入居を断られるケースも0ではないと思います。

入居申し込みを行っていないからと言って、気軽にB不動産で申し込みを行わず、よく確認してから不動産屋を変更するようにしましょう。

そして、そうならないためにも事前の物件検索の段階から仲介手数料が安い不動産屋の情報は並行してしっかりチェックすべきだと言えます。

 

Sponsored Link

仲介手数料が安い不動産屋まとめ

今回は仲介手数料が安い不動産屋について詳しく解説いたしました。

また、仲介手数料が安いという点は魅力ですが、他の不動産屋よりも敷金や礼金が高めに設定されてしまっていて結局初期費用が高くなってしまっているという可能性もあります。

仲介手数料だけではなく、初期費用のトータルを含めてよく検討するようにしましょう。

また、「敷金・礼金・仲介手数料」が掛からない初期費用を圧倒的に抑えられる賃貸会社のまとめ記事もございますので、よろしければ下記の記事もご覧になってみてください。

 

 

ぶどう
ぶどう
皆様のより良いお部屋探しを心よりお祈り申し上げます。
ABOUT ME
ぶどう
ぶどう
関東圏の賃貸営業マンとして5年間勤めました。 成約件数は1000件以上。 そのノウハウを活かして、これからお部屋探しをされる方へ「お部屋探しのコツ」をお伝えしていきます。 2015年宅地建物取引士取得 2016年賃貸不動産経営管理士取得