【賃貸】初期費用の鍵交換代について4つのポイントを徹底解説

賃貸の初期費用の鍵交換代について

「これから部屋探しを始めるけど…

賃貸の初期費用で発生する鍵交換費用ってなんだろう?

賃貸の鍵交換費用について詳しく知りたい!」

このような疑問にお答えします。

筆者は賃貸営業歴5年の賃貸営業マンです。

宅地建物取引士、賃貸不動産経営管理士の資格も保有しています。

賃貸の初期費用は実にさまざまな費用が発生します。

敷金、礼金、仲介手数料、賃貸保証料などなど…

その中には「鍵交換代」も含まれることがほとんどです。

そこで今回は、賃貸の初期費用で発生する鍵交換代について詳しく解説をしていきます。

  1. 鍵交換代とは?
  2. 鍵交換代の相場
  3. 鍵交換をしないことは可能?
  4. 鍵交換は本当にしているの?

おもに上記の4つのポイントについて徹底解説していきますので、この記事をお読みいただければ賃貸の鍵交換代についてバッチリですよ!

\100万DL突破!人気賃貸アプリ!/ アプリでサクサク物件を見るカナリー

賃貸の初期費用で発生する鍵交換代とは?

賃貸の初期費用で発生する鍵交換代とは?

鍵交換代とは、前入居者が使用していた鍵から新しい鍵へ交換するために発生する費用です。

鍵を変更しないと前入居者がこっそり作成していたスペアキーなどで室内へ侵入され、盗難などの恐れがあるため、セキュリティの観点から鍵の交換を行います。

鍵交換は貸主負担?借主負担?

国土交通省のガイドラインでは、

入居者の入れ替わりによる物件管理上の問題であり、賃貸人の負担とすることが妥当と考えられる。

引用:国土交通省ガイドライン

とされています。

ただ、ガイドラインはあくまで指標であるため、必ず貸主(オーナー)が負担しなければいけない費用ではありません。

さらにガイドラインでは、

「鍵の交換費用は借主負担とする」特約は有効なものとして扱われる

引用:国土交通省ガイドライン 

ともしています。

ですので契約書の特約事項に「鍵交換代は借主負担とする」という文言が入っていれば鍵交換代は借主(入居者)負担となります。

最近は貸主が負担する契約も増えてきた

特約を加えれば鍵交換代は借主(入居者)負担とできるため、まだまだ鍵交換代は借主負担で契約となるケースが多いのが現状です。

しかし、最近は少しずつ鍵交換代が貸主負担となる契約も増えてきました。

代表的な例を挙げますとハウスメーカーの大東建託物件は鍵交換代が掛からない契約となります。

その理由としてはメモリーキーという特殊な鍵を使用していることで鍵交換コストを大幅に下げているためです。

また、東建コーポレーション(ホームメイト)の物件も借主負担となる鍵交換代が発生しません。

さらに筆者が勤めている不動産会社でも、貸主(オーナー)へ鍵交換代の負担をお願いして鍵交換代無料物件としてお客様へご紹介しています。

鍵交換代無料は大きなアピールポイントとなり、営業マンとしても紹介しやすいです。

お客様の印象としても「いいオーナーさんなんですね」という好印象を頂き、気持ち良く契約いただくことが多いです。

このように、最近は少しずつ鍵交換代を貸主が負担するケースも増えてきているので、今後もさらに鍵交換代を貸主側が負担する物件が増えていきそうです。

賃貸の鍵交換代の相場は?

賃貸の鍵交換代の相場は?

鍵交換代の相場は鍵の種類や不動産会社により異なりますが、

15,000円~20,000円

となります。

通常のシリンダーキーであれば15,000円前後

防犯性の高いディンプルキーであれば20,000円前後

カードキータイプ10,000円前後です。

最近はデジタルロック式も増えてきており、変更登録料で5,000前後が相場です。

また、分譲マンションのオートロックと連動タイプのものや、戸建てタイプは特殊な鍵であることも多く、30,000円~40,000円前後の鍵交換代が掛かるケースがあります。

分譲マンションや戸建てタイプの賃貸契約を結ぶ際は相場よりも鍵交換代が高くなる可能性が高いので事前に把握しておくと良いでしょう。

新築物件の場合は鍵の交換代は発生しない

新築物件の場合は、前入居者がいないため鍵の交換を行うことは原則としてありません。

ですので新築物件に関しては原則として鍵交換代は発生しないのですが、いくつかのケースで新築物件でも鍵交換代が発生する可能性があります。

鍵交換代が発生するケース

  • カードキー発行料
  • デジタルロック・スマートロック設定料

カードキー発行料や、デジタルロック・スマートロック設定料として新築物件でも鍵交換代が発生する可能性がありますのでご注意ください。

鍵交換をしないことは可能?

鍵交換をしないことは可能?

多くの不動産会社で原則は「鍵交換は必須」としています。

鍵交換をしないことで大きなリスクを伴うことになるからです。

どうしても初期費用を抑えたいという場合は「鍵交換をしない交渉」は可能です。

また、国土交通省のガイドラインどおりに「鍵交換を貸主負担」としてもらうように交渉するのも有効です。

詳しくは下記の記事にて解説をしておりますのでよろしければ参考にご覧ください。

賃貸の鍵交換をしない・拒否する交渉は可能?賃貸営業マンが解説します

\100万DL突破!人気賃貸アプリ!/ アプリでサクサク物件を見るカナリー

鍵交換は本当にしているの?

鍵交換は本当にしているの?

基本的に賃貸の鍵交換は入居者の立ち合いなしで行われます。

そのため入居者としては、

「本当に鍵交換をしたのだろうか?」

という疑問や不安を抱かれる方もいらっしゃるでしょう。

しっかりときれいな新品の鍵を受け取ることができれば不安も和らぐかと思いますが、中にはローテーション(使いまわし)で鍵交換を行う不動産会社やオーナーも少なくありません。

「鍵交換を本当に行ったのかどうか」については不動産会社を信頼するしかないです。

基本的にはマスターキーとして不動産会社やオーナーが同じ鍵を持つわけですし、個人情報なども乱用しようと思えばいくらでも乱用できます。

「本当に鍵交換をしたのかな」

と疑ってしまうような不動産会社とは後々のトラブルを回避するためにも賃貸契約を結ばない方がよいのではと筆者は感じます。

この不動産会社なら信頼できる、大丈夫。

と思える不動産会社と賃貸契約を結ぶことで、入居後も安心して生活を送ることができるでしょう。

鍵交換の立ち合い・自分で鍵を交換する

鍵交換の立ち合い・自分で鍵を交換する

それでもどうしても心配な場合は、

「鍵交換を立ち会いで行って欲しい」

と、不動産会社にお願いしてみましょう。

融通のきく不動産会社なら鍵交換を立ち会いで行ってくれる不動会社もあるはずです。

また、不動産会社の中には入居者が鍵交換を行うことを認めてくれる不動産会社もあります。

そのような不動産会社であれば、自分で鍵交換を行うことで安心して入居することができるでしょう。

ただし、不動産会社やオーナー指定のメーカーの鍵で交換をしなければいけないなどの制約がつく可能性があります。

不動産会社やオーナーにしっかり確認をしてから鍵交換をするようにしましょう。

\100万DL突破!人気賃貸アプリ!/ アプリでサクサク物件を見るカナリー

まとめ

賃貸の初期費用の鍵交換代についてまとめ

今回は鍵交換代について4つのポイントを詳しく解説いたしました。

少しずつ鍵交換代を貸主が負担してくれる契約も増えてきましたが、まだまだ借主負担となる契約が多いです。

少しでも初期費用を抑えたいという気持ちも分かりますが、トラブルが起きて取り返しのつかない事になってからでは遅いです。

安心して入居するためにもしっかり鍵交換をして契約することをおすすめ致します。

皆様のより良いお部屋探しを心よりお祈り申し上げます。

お得に効率よくお部屋探しをしませんか?

当ブログを最後までご覧いただき誠にありがとうございます。

現在お部屋探しをされている人の中には、

  • 仲介手数料を安くしたい
  • スピーディーに効率よく部屋探しがしたい
  • アプリでサクサク部屋探ししたい
  • おとり物件に惑わされたくない

など…多くの悩みをお持ちの方もいらっしゃると思います。

下記の記事では仲介手数料が安い不動産会社やおすすめの賃貸サイト、賃貸アプリをご紹介しています。 あなたのお部屋探しのお力になれましたら幸いです。

【賃貸営業マンおすすめ】仲介手数料が安い不動産屋7選!【最大無料】

【賃貸営業マンが選ぶ】おすすめ賃貸サイトランキングTOP10!

【若年層に人気!】お部屋探しのおすすめアプリ7選【安くて便利】

東京一人暮らしのお部屋探し!おすすめ不動産屋を15社紹介!