クロスハウスの退去費用や退去手続きを解説!【強制退去にも注意】

クロスハウスの退去費用や退去手続きを解説!【強制退去にも注意】

「クロスハウスの物件を検討しているけど…

退去費用はいくら掛かるんだろう?

クロスハウスの退去費用について詳しく知りたい!」

このような疑問にお答えします。

筆者は賃貸営業歴5年の賃貸営業マンです。

宅地建物取引士、賃貸不動産経営管理士の資格も保有しています。

都内を中心に全国に400物件あるクロスハウス。

好立地で費用が安く、きれいな物件が多いクロスハウスのシェアハウスに入居をご検討されている方も多いことと思います。

クロスハウスの賃料や初期費用などの費用も大事ですが、それと同じくらい退去の際に発生する退去費用も大事です。

入居前から退去費用についてしっかり把握しておくことで、安心して入居することができます。

そこで今回はクロスハウスの退去費用や退去手続きについて詳しく解説いたします。

クロスハウスの物件をご検討されいらっしゃる方は、ぜひ最後までご覧いただけましたら幸いです。

クロスハウスの退去費用

クロスハウスの退去費用

クロスハウスの退去費用で発生する費用は原則、

解約事務手数料15,000円のみ

となります。

一般的な賃貸契約で発生することがほとんどである、

「クリーニング費用5万円前後」

が発生しないため、かなり安い退去費用と言えます。

クロスハウスの退去費用は他社と比較しても安い

クロスハウスの退去費用は、その他のシェアハウス会社と比べても安いです。

★料金比較(目黒付近で1年住んだ場合)

初期費用 家賃 退去費用 年間合計
A社 39,000円 107,000円 都度請求 1,323,800円
B社 16,000円 71,000円 88,000円 956,800円
C社 181,800円 109,800円 30,000円 956,800円
クロスハウス 30,000円 66,000円 15,000円 840,800円

クロスハウス公式サイトを参考に作成

さらにクロスハウスは上記の表のとおり、退去費用だけではなく、その他の初期費用や家賃に関しても他社に比べて安い物件が多く、トータル費用を大きく抑えることができます

故意過失による現状回復費用に注意

クロスハウスの退去費用は原則、解約事務手数料の15,000円のみとなるものの、

故意過失による汚損・破損により生じた修繕費(原状回復費用)

については入居者が負担する形となります。

具体的には、

  • タバコのヤニ汚れ
  • 壁に穴を開けた
  • フローリングを焦がした
  • 設備を壊した

などが挙げられます。

クロスハウスの物件に入居する際には、上記のような原状回復費用を発生させないように注意して生活を送るようにしましょう。

クロスハウスの退去手続き

クロスハウスの退去手続き

クロスハウスの退去手続きについても、事前にしっかり把握しておくことで安心して入居することができます。

クロスハウスを退去したい場合は「解約届」を提出します。

また、クロスハウスの退去のルールとして、

解約届の受理日から1か月間は賃料が発生

します。

つまり、一週間後に退去したいと思っても、解約届を提出してから1か月間は家賃が発生しますので、約3週間分の家賃を無駄に支払うことになってしまいます

解約届は、実際に退去したい日から逆算して1か月前以上に提出すると無駄な家賃を払うことなく退去できるでしょう。

強制退去にも注意

強制退去にも注意

クロスハウスのようなシェアハウスの賃貸物件は、通常のアパート契約よりもその他の入居者への配慮が非常に重要となります。

そのため、クロスハウス側が定めたルールに従えない入居者は、クロスハウス側から「強制退去」を命じられる可能性があります。

たとえば、

  • 喫煙ルールを守れない方
  • 第3者を物件に招く
  • 共用スペースの乱用
  • 設備の時間外利用 など…

当然守るべきルールを守れない方は、その他のシェアメイトに迷惑を掛けることになりますから、度重なる注意によっても改善が見られなければ最悪のケースとして「強制退去」という形になってしまうでしょう。

もちろんその他にも家賃を滞納するなど、強制退去となる理由はあると思います。

しかし、クロスハウス側も入居者にはずっと入居してもらいたいですから、よほどの事がない限りは基本的に強制退去とはなりません。

一般的なモラルを持って生活をすれば「強制退去させられた」なんてことにはなりませんのでご安心ください。

まとめ

クロスハウスの退去費用についてまとめ

今回はクロスハウスの退去費用や退去手続きについて詳しく解説いたしました。

クロスハウスの退去費用は原則、解約事務手数料の15,000円のみで退去が可能です。

とはいえ、故意過失による原状回復費用が発生する場合は、高額な退去費用となってしまう可能性があることはしっかり把握しておくべきと言えるでしょう。

また、クロスハウスについてさらに詳しく知りたい方は、口コミ評判や賃料、初期費用、入居審査についてなど…

クロスハウスの全てをまとめた詳細記事もございます。

ぜひ下記の記事を参考にご覧いただき、クロスハウスのシェアハウス物件をご検討いただけましたら幸いです。

皆様のより良いお部屋探しを心よりお祈り申し上げます。

\今だけ!Wキャンペーン中!/

家賃で諦めずに、理想の場所へ住もう
出典:unito公式サイト

家を利用しない日は、ホテルとして貸し出すことで、家賃が下がる

今までにない最先端の暮らしができるのが「unito(ユニット)」です。

  • 実家から都内へ通勤している人
  • 平日は会社、休日は実家で過ごす人
  • 旅行が趣味で家を空けることが多い人

上記のような人にユニットのサービスは特におすすめです。

家をシェアして家賃を節約
出典:unito公式サイト

ユニットの物件は外泊する日数が多くなるほど家賃が安くなります

ユニットは初期費用も安い
出典:unito公式サイト

さらにユニットなら、

敷金礼金も水道光熱費も、退去費用も掛かりません

また、最短1ヶ月から利用できるので、

  • 少しの期間だけ利用したい人
  • お試しで利用してみたい人

にもおすすめです。

ユニット物件画像
出典:unito公式サイト

ユニットはシェアハウスのように共用する設備が多い分、豪華な設備が多い点も特徴です。

人気の都心で、最先端の暮らしをしてみませんか?

ユニット新生活応援キャンペーン
出典:unito公式サイト

5月まで新生活応援キャンペーン実施中です。

まずはユニット公式サイトでどんな物件があるかご確認ください。

\今だけ!基本利用料40%OFF!/

※クリックすると公式サイトへ移動します

さらにユニットの口コミ評判や詳細を知りたい人は下記をご参照ください。

【unito(ユニット)の全てが分かる】口コミ評判を含めた5つの真実