大和ハウスの賃貸物件(D-room)の防音性・騒音の評判は?【入居された方の意見も含めて解説】

大和ハウスの賃貸物件(D-room)の防音性・騒音の評判は?【入居された方の意見も含めて解説】

「D-room物件を検討しているけど…

防音性・騒音トラブルはどうなのかな?

D-roomの防音性・騒音について詳しく知りたい!」

このような疑問にお答えします。

筆者は賃貸営業歴5年の賃貸営業マンです。

宅地建物取引士、賃貸不動産経営管理士の資格も保有しています。

全国に約60万戸の物件がある大和ハウスの賃貸物件。

高品質な賃貸物件として有名なD-roomも大和ハウスの賃貸物件です。

そんな大和ハウスの賃貸物件(D-room)をご検討されている方も非常に多いのではないでしょうか。

しかし、大和ハウスの賃貸物件(D-room)を検討されている方で、

「防音性・騒音トラブル」

について疑問や不安をお持ちの方もいらっしゃると思います。

そこで今回は大和ハウスの賃貸物件(D-room)の防音性・騒音トラブルについて実際に入居された方々の意見を参考に詳しく解説をしていきます。

  1. 良い意見
  2. 悪い意見
  3. 評判のまとめ
  4. D-roomの騒音対策
  5. 騒音トラブルを回避するには

おもに上記5つの内容について詳しく解説をしていきますので、この記事をお読みいただくことで、大和ハウスの賃貸物件の防音性・騒音トラブルについてバッチリです!

\初期費用0円でお引っ越し!/

スムーズ広告1

防音性・騒音について良い口コミ評判

防音性・騒音について良い口コミ評判

防音性・騒音について悪い口コミ評判

防音性・騒音について悪い口コミ評判

大和ハウスの賃貸物件(D-room)音に関する評判良い

大和ハウスの賃貸物件(D-room)音に関する評判良い

ここまで大和ハウスの賃貸物件(D-room)の防音性や騒音に関する意見を確認してきましたが、全体的に良い意見が多かったです

「軽量鉄骨造」の物件が多いですが、造りがしっかりとしていて防音性が高い物件が多いですね。

初期費用や家賃が高くなりがちですが、その分高品質な賃貸物件となりますので、騒音トラブルで悩まされる可能性は低いと言えます。

しかしながら、大和ハウスの賃貸物件でも、

  • 騒音がひどい
  • うるさい

といったネガティブな意見も見受けられました。

やはり集合住宅であるアパートマンションに入居する以上、たとえ鉄筋コンクリート造であっても騒音トラブルを100%回避することは不可能です。

上下階や隣の部屋の入居者によっても音の伝わり方は異なりますし、音の感じ方は人それぞれ異なります。

防音性が高い大和ハウスの賃貸物件でも、悪い意見の方々のように騒音に悩まされてしまう可能性があることは把握しておくべきと言えます。

\無料!LINEでかんたん登録/

スムーズ広告2

大和ハウスの賃貸物件(D-room)の騒音対策

大和ハウスの賃貸物件(D-room)の騒音対策

大和ハウスの賃貸物件(D-room)には、

「サイレントハイブリッドスラブ50」

と呼ばれる高遮音床が導入されている物件もあります。

サイレントハイブリッドスラブ50
出典:大和ハウス公式サイト

サイレントハイブリッドスラブ50が導入されている物件であれば、従来のD-room物件よりも、

  • 重量床衝撃音(LH値)1/3以上に低減
  • 軽量床衝撃音(LL値)1/3以上に低減

大きく床衝撃音を抑えられた物件となります。

サイレントハイブリッドスラブ50のLH値50、LL値40という数値は、鉄筋コンクリート造のLH値が50~55、LL値が45と言われていますので、床衝撃音としては鉄筋コンクリート造レベルの遮音性ということになりますね。

サイレントハイブリッドスラブ50が導入されている物件を選択することで、騒音リスクをさらに低減させることができるでしょう。

大和ハウスの賃貸物件(D-room)で騒音トラブルを避けるには

大和ハウスの賃貸物件(D-room)で騒音トラブルを避けるには

防音性が高い大和ハウス(D-room)物件でも100%騒音トラブルを回避することはできません。

しかし、より騒音トラブルリスクを回避する方法はあります。

具体的には下記の5つです。

  1. 遮音性の高い構造の建物を選択する
  2. サイレントハイブリッドスラブ50が導入された物件を選択する
  3. 騒音トラブルがあるか確認する
  4. 隣、上限階の入居者を確認する
  5. 最上階や角部屋を選択する

上記5つをそれぞれ解説していきます。

遮音性の高い構造の建物を選択する

建物の構造は大きく分けて4つあります。

構造 遮音性
鉄筋コンクリート造
鉄骨造
軽量鉄骨造
木造 ×

上記は非常に簡単な目安ですが、一般的には鉄筋コンクリート造は遮音性が高く、木造は遮音性が低いとされています。

ですので、遮音性が低いとされる木造アパートを避けることで、騒音トラブルリスクを低減できると言えます。

もちろん鉄筋コンクリート造でも騒音トラブルが発生することはありますし、木造アパートでも全く問題なく快適に生活できることもあります。

また、D-room物件の多くは「軽量鉄骨造」となるものの、造りがしっかりしている物件が多く、その他の不動産会社の軽量鉄骨造に比べて防音性が高いと評判です。

サイレントハイブリッドスラブ50が導入された物件を選択する

先ほどご説明した従来のD-room物件よりもさらに遮音性が高いサイレントハイブリッドスラブ50が導入された物件を選択することによって、騒音トラブルリスクを低減させることができるでしょう。

サイレントハイブリッドスラブ50が導入されている物件がどうかは、担当営業マンに確認すれば調べてくれます。

騒音トラブルがあるか確認する

過去に騒音トラブルがないか、前入居者の退去理由が騒音によるものではないかを確認することも大切と言えます。

騒音トラブルがあったかどうかについては、確認すれば教えてくれるケースも多いです。

隣、上限階の入居者を確認する

隣や上下階の入居者の入居人数・家族構成など…

細かい部分までは教えてくれなくても多少の情報は確認することで教えてくれます。

「どうしても子供がいる部屋の隣は避けたい…」

などの希望がある場合は担当者に確認してみるのも良いでしょう。

また、内見の際に洗濯物などで確認することも可能ですね。

最上階や角部屋を選択する

1階だと上階からの足音が気になる方は最上階の部屋を選択したり、角部屋を選択することで隣接する部屋を少なくすることができます。

たとえば最上階角部屋と1階の真ん中の部屋とでは、大きく騒音トラブルリスクが異なると言えるでしょう。

まとめ

大和ハウスの賃貸物件(D-room)の防音性・騒音についてまとめ

今回は大和ハウスの賃貸物件(D-room)の防音性・騒音について詳しく解説をいたしました。

大和ハウス(D-room)の物件は遮音性が高いと評判で、実際に入居された方々の意見を確認してみても防音性に関して良い意見が多いです。

また、サイレントハイブリッドスラブ50が導入されている物件であれば、さらに騒音トラブルリスクを低減することができるでしょう。

しかしながら、集合住宅の賃貸物件に入居する以上は大和ハウス(D-room)の物件であっても騒音トラブルに巻き込まれてしまう可能性はあります。

今回ご紹介した少しでも騒音トラブルを避ける方法を参考に、お部屋探しをしていただきましたら幸いです。

皆様のより良いお部屋探しを心よりお祈り申し上げます。

株式会社スムーズ
出典:スムーズ公式サイト

当ブログを最後までご覧いただき誠にありがとうございます。

現在お部屋探しをされている人の中には、下記のような悩みを抱えていらっしゃる方も多いのではないでしょうか?

  • 賃貸の初期費用が高くて引越しできない
  • 家賃は予算内だけど初期費用が高すぎる物件がある
  • クレジットカードの分割払いの手数料を払いたくない
  • 初期費用を分割後払いにしたいけどできなかった

賃貸契約の初期費用は賃料の5ヶ月~6ヶ月分前後掛かりますので、賃料10万円の物件の場合、60万円以上の契約金が必要な物件がほとんどです。

さらにお引越しには「家具家電購入代や引っ越し費用」なども発生しますので、これらの費用を含めると総額100万円以上となってしまうケースも少なくありません。

また、分割後払いにしたくてもクレジットカード払いに対応している不動産会社ではないと分割後払いにできない点も賃貸契約の大きなデメリットの一つです。

そんな高額となりやすい賃貸の初期費用を分割後払いにできるサービスが「スムーズ」です。

分割後払いに対応していない不動産会社の物件でも、スムーズを利用すれば分割後払いで初期費用を支払うことが可能となります

つまりスムーズならどんな物件でも初期費用0円で契約することができます。

さらにスムーズのすごいところは、

後払い手数料6回まで0円
出典:スムーズ公式サイト

6回払いまで分割手数料が0円で利用できる点です。

スムーズは12回払い・24回払いにも対応していますが、年率14%の手数料が発生してしまいますので、6回払いまでの利用にとどめておくとスムーズを無料で利用することができます

スムーズの利用はとってもかんたん。

  1. 無料でLINE登録
  2. LINEにて必要情報入力
  3. チャットで提案&物件探し
  4. 入居申込み・スムーズの審査
  5. ご入居・支払い開始

契約金はスムーズが立て替えて払ってくれるので、入居後の月々の支払いと併せて分割した初期費用を支払っていくだけです。

注意点は、

  • スムーズの利用にも審査がある
  • 首都圏・大阪・名古屋エリアで利用可能

となります。

現状では全国すべてのエリアでは利用できないサービスですが、首都圏・大阪・名古屋エリアでお探しで、初期費用にお悩みの方にはおすすめの新サービスとなります。

また、福岡エリアや北海道エリアも年内には利用できるようですので、福岡・北海道エリアでお探しの方もLINE登録だけしておくのも良いでしょう。

下記より公式サイトへ移動できますのでぜひご参照ください。

\初期費用のお悩みはこれで解決!/

6回払いまで手数料無料でご利用できます

詳細記事>>【手数料なし】賃貸の初期費用を分割後払いできるスムーズとは?口コミ評判を含めた7つのポイント!

 data-lazy-src=

お部屋探しに良い情報を。

このブログではお部屋探しに関するさまざまな情報を発信しています。

・お部屋探しの知識
・初期費用
・賃貸不動産会社
・賃貸情報サイト
・入居審査
・家賃保証会社
・シェアハウス
・マンスリーマンション

トップページではカテゴリーごとにおすすめの記事をご紹介しています。
よろしければご覧になってみてください。