初期費用

【賃貸】仲介手数料無料のからくりは?デメリットはある?

仲介手数料無料からくりは?デメリットは?
お悩み男性
お悩み男性

たまに「仲介手数料無料」の物件があるけど…

本当にお得になるのかな?

何かデメリットがありそう…

仲介手数料無料のからくりを知りたい!

このような疑問にお答えします。

筆者は賃貸営業歴5年の賃貸営業マンです。

宅地建物取引士、賃貸不動産経営管理士の資格も保有しています。

賃貸契約で必ずと言っていいほど発生する仲介手数料。

仲介手数料は「仲介不動産会社に部屋探しのお手伝いをしてもらったサービス料」として支払うものです。

しかし、たまにキャンペーンなどで「仲介手数料無料!」の物件を見かける事もあると思います。

  • 「仲介手数料が無くなったら、不動産会社は利益が無くなるのでは?」
  • 「仲介手数料無料のからくりは?」
  • 「何かデメリットがあるのでは?」

このようにお考えになられる方も多いでしょう。

今回は仲介手数料無料のからくりやデメリットについて詳しく解説していきます。

この記事を読めば「賃貸の裏事情について」より一層詳しくなれますよ!

仲介手数料無料のからくり

仲介手数料無料のからくり
お悩み男性
お悩み男性

どうして仲介手数料を無料にできるのだろう?

仲介手数料を無料にすると不動産会社の利益は無いのでは?

まずは仲介手数料を無料に出来るからくりから解説していきます。

不動産会社の大きな売り上げとなっている仲介手数料ですが、実は不動産会社にはその他にもさまざまな売り上げがあります。

まずは下記の「賃貸契約のお金の動き」の図をご覧ください。

賃貸契約のお金の動き

仲介不動産会社は契約者からの仲介手数料の他にも、物件のオーナーから「広告宣伝費もしくは業務委託費」という名目の言わば「お礼金」を受け取っています(広告宣伝費や業務委託費がない物件もあります)

さらに24時間サポートサービスや室内消毒代などのオプション商品があれば、その売り上げも仲介不動産会社の売り上げとなります。

つまり仲介手数料を無料としても仲介不動産会社の利益が全く無いということにはなりません。

加えて管理している物件であれば、

  • 家賃保証会社の一部の売り上げ
  • 火災保険料の一部の売り上げ
  • 家賃の3~5%の管理委託料
  • 2年毎の更新手数料
  • オーナーからの信頼も得れる

仲介手数料を無料にしたとしても、しっかりとした利益を上げる事ができます。

ただし、毎回の契約で仲介手数料を無料にしていたらさすがに不動産会社は苦しくなってしまうので、ここぞという時に仲介手数料を無料にして募集を掛けていきます。

仲介手数料が無料になる理由

不動産会社が仲介手数料を無料にする大きな理由の一つは、

一刻も早く入居を決めたいから

  • 想定以上に空室期間が延びてしまった
  • タイミング悪く空室部屋が多くなってしまった
  • オーナーから早く入居を決めるように喝を入れられた

一刻も早く入居を決めたい理由はさまざまですが、とにかく仲介手数料の利益を削ってでも早急に入居を決めなければいけない状況になった時に仲介手数料無料キャンペーンが打たれることが非常に多いです。

さらにもう一つの理由は仲介手数料をオーナーが負担してくれるケースです。

仲介手数料は何も借主(入居者)だけが負担する必要はありません。

数は非常に少ないですが、中にはオーナーが仲介手数料を負担してくれる物件もあるのです。

また、こちらも数は非常に少ないですが、仲介手数料を取らない不動産会社も存在します。

「どういった理由で仲介手数料が無料になっているのか」

この点をしっかり理解すると、下記の仲介手数料が無料になるデメリットも見えてきます。

 

Sponsored Link

仲介手数料無料のデメリット

仲介手数料無料のデメリット

仲介手数料が無料になることは入居者側にとって初期費用が安くなって非常に大きなメリットです。

反対に、仲介手数料無料のデメリットを挙げるとするのなら、

仲介手数料無料のデメリット

人気が無い物件=欠点が多い物件である可能性が高い

という事です。

先程、仲介手数料が無料になる大きな理由として「空室期間が長くなるなどして不動産会社が一刻も早く入居を決めたい物件」であるとお伝えしました。

人気ある物件が仲介手数料無料になる訳もありませんので、このように割引キャンペーンが打たれている物件は何かしら欠点がある物件と考えた方が良いでしょう。

この欠点については担当の営業マンに確認すれば教えてくれるはずですので、しっかり確認して仲介手数料が無料となるメリットと比較して検討していきましょう。

ただ、「仲介手数料をオーナーが負担してくれる物件」や「もともと仲介手数料を取らない不動産会社」も存在しますので、

仲介手数料無料物件=人気が無い物件

にはなりませんので仲介手数料が無料になっている理由はよく確認して下さい。

 

Sponsored Link

もともと仲介手数料無料なら安心

もともと無料なら安心

仲介手数料が無料になる物件にはデメリットもあることもお伝え致しました。

しかし、もともと仲介手数料を取らない不動産会社であれば、仲介手数料が無料でもデメリットの心配もなく安心です。

そこでもともと仲介手数料を取らない不動産会社がビレッジハウスです。

ビレッジハウスは旧雇用促進住宅を大量に一括購入したことで大幅にコストを削減している不動産会社です。

その大幅に削減したコストにより、

  • 敷金・礼金・仲介手数料・更新手数料0円
  • フリーレント1ヵ月
  • 引越しサポート3万円

初期費用を圧倒的に安くできており、初期費用は5万円以下となる物件がほとんどとなっています。

「物件の質よりもとにかく初期費用を抑えたい!」

このようにお考えの方は是非一度お問い合わせしてみてください。

\今なら3万円キャンペーン中!/最新の物件情報はこちら

 

 

Sponsored Link

仲介手数料無料について まとめ

仲介手数料無料のからくりとデメリットまとめ

今回は仲介手数料無料のからくりとデメリットについて詳しく解説致しました。

不動産会社は仲介手数料だけではなく、さまざまな部分で売り上げが発生しています。

しかしだからと言って不動産会社も決して余裕があるわけではありません。

本来ならしっかり受け取るべき仲介手数料を受け取らないと、なかなか利益をしっかり上げる事ができないのは事実です。

仲介手数料無料物件においてデメリットは存在しますが、それ以前に大きなメリットがありますので、初期費用をなるべく抑えたい方はこのようなキャンペーン物件を狙ってお部屋探しをしていくのも一つの手です。

また、これからお部屋探しをされる方へ筆者おすすめの賃貸サイトをまとめた詳細記事がございます。

キャッシュバックが受け取れる賃貸サイトなど、お得にお部屋探しができる賃貸サイトもございますので是非チェックしてみてください!

ぶどう
ぶどう
皆様のより良いお部屋探しを心よりお祈り申し上げます。
ABOUT ME
ぶどう
ぶどう
関東圏の賃貸営業マンとして5年間勤めました。 成約件数は1000件以上。 そのノウハウを活かして、これからお部屋探しをされる方へ「お部屋探しのコツ」をお伝えしていきます。 2015年宅地建物取引士取得 2016年賃貸不動産経営管理士取得
初期費用を抑えたい…入居審査が不安…な方へ
ビレッジハウス

「初期費用を抑えたい…」

「入居審査が不安…」

とお考えのあなたに朗報です。

  • 敷金なし
  • 礼金なし
  • 仲介手数料なし
  • フリーレント1ヵ月

ビレッジハウスなら初期費用を大きく抑えることができます。

初期費用10万円以下はもちろん、5万円以下なんてことも…

さらにビレッジハウスは入居審査も非常にゆるい不動産会社です。

また、現在ビレッジハウスでは、

最大3万円分の引っ越しサポートをキャンペーン

を行っています。

3万円分の引っ越しサポート

3万円キャンペーンが行われている今がチャンスです。

まずはビレッジハウスの最新の物件情報を確認してみてくださいね。

\今なら3万円キャンペーン中!/最新の物件情報はこちら

 

さらにビレッジハウスについて詳しく知りたい方はこちら!