ハウスメイトの退去費用は高い?相場はどれくらい?【賃貸営業マンが徹底解説!】

ハウスメイトの退去費用は高い?相場はどれくらい?【賃貸営業マンが徹底解説!】

「現在ハウスメイトの物件に入居をしているけど…

ハウスメイトの退去費用は高いのかな?

退去費用の相場はどのくらい?

ハウスメイトの退去費用について詳しく知りたい!」

このような疑問にお答えします。

筆者は賃貸営業歴5年の賃貸営業マンです。

宅地建物取引士、賃貸不動産経営管理士の資格も保有しています。

全国に約23万戸の物件があり、管理戸数は全国7位となっているハウスメイト。
2021年管理戸数ランキングはこちら→【2021年】賃貸管理戸数ランキングTOP10を徹底解析!

多くの物件があるハウスメイトですので、現在ハウスメイトの物件に入居されている方も多いと思います。

そしてご入居されている方が気になるのが「退去費用」ですよね。

「退去費用は高いのかな?」

「トラブルにならないか不安…」

このような疑問や不安を感じている方もいらっしゃるのではないでしょうか?

そこで今回はハウスメイトの退去費用について詳しく解説をしていきます。

  1. 退去費用は高い?
  2. 発生する退去費用の項目
  3. 退去費用の相場は?
  4. 退去時は掃除するべき?
  5. 退去手続きの方法

おもに上記5つの疑問や不安について実際にハウスメイトを退去された方の体験談も含めて詳しく解説をしていきます。

この記事をお読みいただければハウスメイトの退去費用について疑問や不安は解消されるはずです!

\初期費用0円でお引っ越し!/

スムーズ広告1

ハウスメイトの退去費用は高い?

ハウスメイトの退去費用は高い?

ハウスメイトの退去費用は高いのか。

実際にTwitterの評判や意見を確認してみました。

Twitterではハウスメイトの退去費用に関する悪評がちらほら確認できました。

基本的には国土交通省のガイドラインの則った退去費用となるケースが多いと思いますが、担当の退去スタッフや店舗によっては高額な退去費用を請求されてしまうケースもあるかもしれませんので注意が必要です。

しかし反対に、問題なく退去できた方の意見も見られます。

ハウスメイトの物件は全国に多く存在し、多くの方が入居されていますので、悪評は少なからず発生してしまうものでしょう。

ハウスメイトの悪評は、その他の不動産会社の退去費用の悪評と比べても少ない方ですし、ハウスメイトほどの大手賃貸不動産会社が高額な退去費用を請求するのはリスクが高いことを考えれば、

ハウスメイトの退去費用は高くない(相場どおり)

と言えるでしょう。

ハウスメイトの退去で発生する費用項目

ハウスメイトの退去で発生する費用項目

ここではハウスメイトの退去の際に発生する費用を詳しく解説していきます。

ハウスメイトの退去の際に掛かる費用は大きく4つあります。

  1. クリーニング費用
  2. 畳表替え・障子、襖張り替え
  3. 原状回復費用
  4. 短期違約金

それぞれの項目について詳しく解説をしていきます。

①クリーニング費用

次の入居者のために行う「室内のクリーニング費用」です。

室内クリーニング費用は契約する物件によって異なっていきます。

1K 46,200円
2K 48,400円
2DK 50,600円
2LDK・3DK 55,000円

上記の内容は筆者がハウスメイトnaviにて確認した金額となっています。

物件によってはクリーニング費用が異なる場合がございますのでご了承ください。

また、詳しいクリーニング費用に関しては契約書に記載されているはずですので、退去の前に一度確認しておくと良いでしょう。

ルームクリーニング代は貸主負担ではないの?

国土交通省のガイドラインでは、

クリーニング費用は次の入居者確保のためのものであるため、貸主(オーナー)負担が原則

としています。

しかし、国土交通省のガイドラインは法律ではなく「指標・指導目標」です。

そのため現在はまだ大多数の不動産会社が、

「室内クリーニング代は借主負担」

とする特約を含めて賃貸契約を結んでいます。

ちなみに大東建託やレオパレス、積水ハウス不動産、大和リビングなどの大手不動産会社も全てクリーニング代は入居者負担です。

まだまだしばらくはクリーニング代は入居者が負担する時代は続くと思われます。

関連記事>>賃貸のクリーニング代は違法?拒否できる?知っておくべき7つのこと

②畳表替え・障子襖張り替え

国土交通省のガイドラインでは「畳表替え・障子、襖張り替え」も原則貸主負担とされていますが、クリーニング費用と同様に特約として借主負担としている不動産会社がかなり多いです。

ハウスメイトも多くの不動産会社と同じく、「畳表替え・障子、襖張り替え」も入居者負担としています。

上記の方のように納得いかない気持ちは分かりますが、ハウスメイトに限らずまだ多くの不動産会社がクリーニング費用や畳の表替えなどの費用は特約で借主負担としているのが現状です(参考までに筆者の不動産会社も借主負担としています)

もちろん、和室が無い物件や襖が無い物件に関しては費用が発生しませんので、和室が無い物件を選ぶことで退去費用を抑えることができます。

③原状回復費用

原状回復費用とは、クリーニング費用とは別で発生する修繕費用のことを言います。

普通に部屋を借りて生活をしている分には、この原状回復費用が発生することはほとんどありません。

しかし、

  • タバコのヤニ汚れ
  • 壁に穴を開けた
  • フローリングを焦がした

など…入居者の故意過失によって修繕しなければならない費用に関しては、その修繕費用を請求されます。

特にタバコのヤニ汚れなどでクロスを全面的に張り替えなければならないとなると、5万円~10万円の費用が発生してきますのでご注意ください。

この原状回復費用のあるなしで退去費用は大きく変わっていきますし、そして昔からトラブルが絶えない事項でもあります。

④短期違約金

ハウスメイトの物件では「短期違約金」が付いている契約である可能性もございます。

具体的には、

  • フリーレント
  • 賃料割引

などの割引が適用されている契約内容の場合は、

「1年未満の解約で家賃1ヵ月分~2ヵ月分の違約金」

が発生する契約内容の場合があります。

短期違約金が発生すると高額な退去費用となってしまいますので、特にフリーレントや賃料割引で契約された方は、短期違約金に気を付けて解約手続きを行うようにしましょう。

ハウスメイトの退去費用の相場

ハウスメイトの退去費用の相場は?

ハウスメイトの退去費用の相場は、下記の点によって大きく異なっています。

  • 敷金がある契約か
  • クリーニング費用を前払いしているか
  • 畳の表替え費用はあるか
  • 修繕費用が発生するか
  • 短期違約金が発生するか

敷金がある契約の場合、退去費用を敷金から差し引くことができます。

たとえば敷金7万円を預けていて、退去費用がクリーニング費用のみの4万円だった場合、敷金からクリーニング費用を差し引いて残った3万円に関して原則返金される形となります。

敷金は退去費用に充当できる

ですので、実質的に退去の際に支払う費用としては0円ということになります。

また、クリーニング費用を前払いする契約であれば、その他に修繕費用が発生しなければ退去費用は0円で退去できる可能性もあります。

しかし反対に、修繕費用が発生したり短期違約金が発生したりするなどすれば、20万円近くの退去費用が発生する可能性もあります

ですので一概にハウスメイトの退去費用の相場をお伝えすることが難しいですが、大雑把に計算するのであれば、

和室なし→0円~5万円前後

和室あり→5万円~10万円前後

上記のとおりとなります。

関連記事>>敷金はあったほうがいい?敷金の値引き交渉はあまり意味がない

原状回復費用は経年劣化を考慮できる

国土交通省のガイドラインでは、

  • 設備の耐久年数
  • 経年劣化
  • 通常使用による損耗

を考慮して原状回復費用を算出することとしています。

そして多くの設備の耐久年数は6年とされていますので、6年以上同じ建物に入居していることで原状回復費用の負担がほぼなくなります。

ですので長期でご入居されている方は、退去費用が抑えられる可能性が高まります

しかし、耐久年数を超えたとしても継続して使用可能な設備は、入居者の故意・過失によって工事が必要になった場合はその修繕費用の一部を入居者側も負担する可能性がありますので、その点にはご注意ください。

\無料!LINEでかんたん登録/

スムーズ広告2

ハウスメイトの退去時は掃除するべき?

ハウスメイトの退去時は掃除するべき?

「退去の時にきれいに掃除をすればクリーニング費用は安くなる?」

このような疑問を持たれる方は多いかと思いますが、結論としては自分で掃除を徹底的に行ってもクリーニング費用が安くなることはありません

それでは全く掃除をしなくて良いのかと言えばそういう訳でもありません。

クリーニング費用は返金されることはありませんが、退去立ち合いするスタッフへの印象は良くなりますし、その結果、本来発生していた修繕費用を見逃してくれる可能性もあります。

そこまで本腰を入れて徹底的に掃除をする必要はありませんが、最低限の掃除を行って退去立ち合いを迎える事で少しお得になるかもしれませんね。

ハウスメイトの退去手続きの方法

ハウスメイトの退去費手続きの方法

ハウスメイトの物件に入居されている方の退去手続きの方法は2通りあります。

★お部屋プラスメンバーの方

お部屋+(プラス)にログインの上、マイページからWEBで退室のお手続きが行えます。
入力フォームに必要事項をご入力の上、お申し込みください。

退去手続き方法
引用:ハウスメイト公式サイト 退去をお考えの方

 

★お部屋プラスメンバーではない方

お部屋プラスメンバーではない方は賃貸借契約書に記載されている各管理支店に電話をして退去申請を行う形となります。

また退去時の注意点として、

  • 解約は1ヵ月前通知
  • 解約日の変更、キャンセルは原則不可

となります。

解約の申請をしてから1ヵ月間は家賃が発生する形となりますので、実際に退去したい日から逆算して1ヵ月以上前に退去申請を行うことで無駄な家賃を支払わずに退去することができます。

また、解約のキャンセル等は原則できないのでご注意ください。

まとめ

ハウスメイトの退去費用についてまとめ

今回はハウスメイトの退去費用について詳しく解説いたしました。

ハウスメイトは敷金がある契約か、クリーニング費用を前払いする契約となりますので原状回復費用や短期解約違約金が発生しなければ退去費用が発生せずに退去することができます。

ただし、ハウスメイトの退去トラブルに関しての評判や意見では悪評も少なからず見られますので、不当な退去費用を支払わないためにも事前に契約内容や国土交通省のガイドラインを確認しておくことは大切です。

また、退去費用を抑えるには日頃の定期的な清掃と、常に部屋を借りているという意識を忘れずに物件を利用することが大切と言えるでしょう。

皆様のより良いお部屋探しを心よりお祈り申し上げます。

株式会社スムーズ
出典:スムーズ公式サイト

当ブログを最後までご覧いただき誠にありがとうございます。

現在お部屋探しをされている人の中には、下記のような悩みを抱えていらっしゃる方も多いのではないでしょうか?

  • 賃貸の初期費用が高くて引越しできない
  • 家賃は予算内だけど初期費用が高すぎる物件がある
  • クレジットカードの分割払いの手数料を払いたくない
  • 初期費用を分割後払いにしたいけどできなかった

賃貸契約の初期費用は賃料の5ヶ月~6ヶ月分前後掛かりますので、賃料10万円の物件の場合、60万円以上の契約金が必要な物件がほとんどです。

さらにお引越しには「家具家電購入代や引っ越し費用」なども発生しますので、これらの費用を含めると総額100万円以上となってしまうケースも少なくありません。

また、分割後払いにしたくてもクレジットカード払いに対応している不動産会社ではないと分割後払いにできない点も賃貸契約の大きなデメリットの一つです。

そんな高額となりやすい賃貸の初期費用を分割後払いにできるサービスが「スムーズ」です。

分割後払いに対応していない不動産会社の物件でも、スムーズを利用すれば分割後払いで初期費用を支払うことが可能となります

つまりスムーズならどんな物件でも初期費用0円で契約することができます。

さらにスムーズのすごいところは、

後払い手数料6回まで0円
出典:スムーズ公式サイト

6回払いまで分割手数料が0円で利用できる点です。

スムーズは12回払い・24回払いにも対応していますが、年率14%の手数料が発生してしまいますので、6回払いまでの利用にとどめておくとスムーズを無料で利用することができます

スムーズの利用はとってもかんたん。

  1. 無料でLINE登録
  2. LINEにて必要情報入力
  3. チャットで提案&物件探し
  4. 入居申込み・スムーズの審査
  5. ご入居・支払い開始

契約金はスムーズが立て替えて払ってくれるので、入居後の月々の支払いと併せて分割した初期費用を支払っていくだけです。

注意点は、

  • スムーズの利用にも審査がある
  • 首都圏・大阪・名古屋エリアで利用可能

となります。

現状では全国すべてのエリアでは利用できないサービスですが、首都圏・大阪・名古屋エリアでお探しで、初期費用にお悩みの方にはおすすめの新サービスとなります。

また、福岡エリアや北海道エリアも年内には利用できるようですので、福岡・北海道エリアでお探しの方もLINE登録だけしておくのも良いでしょう。

下記より公式サイトへ移動できますのでぜひご参照ください。

\初期費用のお悩みはこれで解決!/

6回払いまで手数料無料でご利用できます

詳細記事>>【手数料なし】賃貸の初期費用を分割後払いできるスムーズとは?口コミ評判を含めた7つのポイント!

 data-lazy-src=

お部屋探しに良い情報を。

このブログではお部屋探しに関するさまざまな情報を発信しています。

・お部屋探しの知識
・初期費用
・賃貸不動産会社
・賃貸情報サイト
・入居審査
・家賃保証会社
・シェアハウス
・マンスリーマンション

トップページではカテゴリーごとにおすすめの記事をご紹介しています。
よろしければご覧になってみてください。