【2021年】賃貸管理戸数ランキングTOP10を徹底解析!

2021年賃貸管理戸数ランキング

「賃貸の不動産会社ってたくさんあるけど…

賃貸の管理戸数が多い不動産会社はどこだろう?

賃貸管理戸数のランキングが知りたい!」

このような疑問にお答えします。

筆者は賃貸営業歴5年の賃貸営業マンです。

宅地建物取引士、賃貸不動産経営管理士の資格も保有しています。

賃貸の管理戸数に関しては、

  • 物件を所有されているオーナー様
  • 不動産会社関係者の方
  • お部屋探しをされる方

皆様が気になることだと思います。

そこで今回は「全国賃貸住宅新聞」にて毎年発表されている、

「2021年賃貸管理戸数ランキングTOP10」

を徹底分析していきます!

この記事をお読みいただくことでランキングTOP10の詳細内容や、各不動産会社の内容が分かります。

是非最後までお読み頂けましたら幸いです。



2021年賃貸管理戸数ランキングTOP10

2021年賃貸管理戸数ランキングTOP10

まずはさっそく2021年賃貸管理戸数ランキングTOP10を見ていきましょう。

1位はやっぱり…あの会社でした!

企業名 管理戸数 前年順位
1位 大東建託グループ 117万4264戸 1位
2位 積水ハウスグループ 65万7190戸 2位
3位 スターツグループ 61万2953戸 3位
4位 大和リビング 60万428戸 4位
5位 レオパレス21 57万3637戸 5位
6位 東建コーポレーション 25万5416戸 6位
7位 ハウスメイトグループ 23万676戸 7位
8位 東急住宅リース 10万6879戸 9位↑
9位 旭化成不動産レジデンス 10万6094戸 10位↑
10位 ビレッジハウス・マネジメント 10万5478戸 9位↓

1位の大東建託グループはこれで25年連続の管理戸数1位

2位の積水ハウスグループとは50万戸以上の差となっていますので、来年も大東建託の1位は間違いないでしょう。

1位~7位までは順位変動なし

管理戸数ランキングTOP7までは順位変動はありませんでした

しかしながら、2位の積水ハウスグループから5位のレオパレス21までは約8万戸差となっており、大きな差はありません。

そのため、来年以降は2位~5位にも順位変動の可能性が十分にありますね。

また、8位以降は、

東急住宅リース9位→8位

旭化成不動産レジデンス10位→9位

ビレッジハウス・マネジメント9位→10位

上記のように変動がありました。

この順位変動には実はある大手不動産会社の動向が大きく絡んでいます。

昨年8位のミニミニは回答を控える

2020年までは管理戸数を回答していたミニミニですが、今年から管理戸数の回答を控える形となりました。

ちなみに、2020年のミニミニの管理戸数は約18万戸で全国8位

それまでの上昇率を考慮すると今年のミニミニの管理戸数は約19万戸~20万戸ほどとなっていると予想でき、7位のハウスメイトグループに次ぐ8位となっていたと思います。

エイブルは2017年から無回答

また、同じく大手不動産であるエイブルも2017年から管理戸数の回答を控える形となっています。

エイブルの管理戸数は2016年の段階で約24万戸となっていましたので、2021年のエイブルの管理戸数は30万戸以上となっていると思われます。

無回答の不動産会社を含めた管理戸数ランキングTOP10

無回答となっているエイブル・ミニミニを含めた管理戸数ランキングは下記の通りです。

企業名 管理戸数
1位 大東建託グループ 117万4264戸
2位 積水ハウスグループ 65万7190戸
3位 スターツグループ 61万2953戸
4位 大和リビング 60万428戸
5位 レオパレス21 57万3637戸
6位 エイブル 約30万戸
7位 東建コーポレーション 25万5416戸
8位 ハウスメイトグループ 23万676戸
9位 ミニミニ 約19万戸
10位 東急住宅リース 10万6094戸

また、民間企業の運営ではないUR賃貸の管理戸数は約75万戸となっており、UR賃貸も考慮したランキングとなると、全国2位にUR賃貸がランクインする形です。

上記の実際のランキングも踏まえておくと、より現状の賃貸管理戸数事情を把握しやすいでしょう。

2021年賃貸管理戸数ランキングTOP10昨年比

2021年賃貸管理戸数ランキング TOP10昨年比

続きまして2021年賃貸管理戸数ランキングTOP10の管理戸数の昨年比を見ていきましょう。

管理戸数の昨年比を確認することで、どの企業がどのくらい管理戸数を伸ばしているかが分かります。

企業名 管理戸数昨年比
1位 大東建託グループ +44,046戸
2位 積水ハウスグループ +17,410戸
3位 スターツグループ +20,935戸
4位 大和リビング +15,563戸
5位 レオパレス21 -2,125戸
6位 東建コーポレーション +8,594戸
7位 ハウスメイトグループ +6,573戸
8位 東急住宅リース +8,002戸
9位 旭化成不動産レジデンス +5,310戸
10位 ビレッジハウス・マネジメント +312戸

TOP10の10社は施工不良問題で苦しむレオパレス21以外、しっかりと管理戸数を伸ばしています

中でも1位の大東建託グループは+44,046戸となっており、その他企業を圧倒的に突き放して伸びていますね。

唯一、管理戸数が減少となっているレオパレス21は、

  • 長引く施工不良問題
  • コロナウイルスによる入居率低下

などによって、赤字決算となっています。

ここから立て直せるかどうかは、入居率の底上げと一刻も早い施工不良問題の解決がカギと言えます。

関連記事>>【2021年9月最新】レオパレス21界壁問題の現在。【入居率は80%台を維持】

2021年賃貸管理戸数ランキング11位~20位

最後に番外編として2021年賃貸管理戸数ランキング11位~20位も発表していきます。

企業名 管理戸数
11位 生和コーポレーション 10万620戸
12位 長谷工ライブネット 9万9066戸
13位 日本管理センター 9万6086戸
14位 リロパートナーズ 9万4046戸
15位 タイセイ・ハウジーホールディングス 9万3972戸
16位 APAMAN 9万422戸
17位 パナソニック ホームズグループ 8万9097戸
18位 ジェイ・エス・ビー 7万6612戸
19位 三井不動産レジデンシャルリース 7万2293戸
20位 常口アトム 5万6873戸

11位から20位でも知名度の高い不動産会社がズラリと並びます。

20位までのランキングを見ると、いかにTOP10にランクインしている企業がすごいかが分かりますね。

また、8位の東急住宅リース(10万6879戸)から17位のパナソニックホームズグループ(8万9097戸)までは約18,000戸差

その中でも、

  • 11位:生和コーポレーション(昨年比+9,127
  • 12位:長谷工ライブネット(昨年比+6,571
  • 13位:日本管理センター(昨年比+9,281
  • 14位:リロパートナーズ(昨年比+26,002

上記の企業のように、大きく管理戸数を伸ばしている企業もあります。

来年の管理戸数TOP10も大きな変動があるかもしれませんね。

上記の企業に注目しつつ、来年の管理戸数ランキングを楽しみに待ちたいと思います。



まとめ

今回は全国賃貸住宅新聞の管理戸数ランキング1位~20位までお伝え致しました。

管理戸数が多い=優良な不動産会社

と単純に直結するわけではありませんが、多くの管理戸数を保有していることはそれだけの、

実績や経験、信頼

を保有している不動産会社と言えます。

当記事が何か少しでも皆様のお役に立てましたら幸いです。

株式会社スムーズ
出典:スムーズ公式サイト

当ブログを最後までご覧いただき誠にありがとうございます。

現在お部屋探しをされている人の中には、下記のような悩みを抱えていらっしゃる方も多いのではないでしょうか?

  • 賃貸の初期費用が高くて引越しできない
  • 家賃は予算内だけど初期費用が高すぎる物件がある
  • クレジットカードの分割払いの手数料を払いたくない
  • 初期費用を分割後払いにしたいけどできなかった

賃貸契約の初期費用は賃料の5ヶ月~6ヶ月分前後掛かりますので、賃料10万円の物件の場合、60万円以上の契約金が必要な物件がほとんどです。

さらにお引越しには「家具家電購入代や引っ越し費用」なども発生しますので、これらの費用を含めると総額100万円以上となってしまうケースも少なくありません。

また、分割後払いにしたくてもクレジットカード払いに対応している不動産会社ではないと分割後払いにできない点も賃貸契約の大きなデメリットの一つです。

そんな高額となりやすい賃貸の初期費用を分割後払いにできるサービスが「スムーズ」です。

分割後払いに対応していない不動産会社の物件でも、スムーズを利用すれば分割後払いで初期費用を支払うことが可能となります

つまりスムーズならどんな物件でも初期費用0円で契約することができます。

さらにスムーズのすごいところは、

後払い手数料6回まで0円
出典:スムーズ公式サイト

6回払いまで分割手数料が0円で利用できる点です。

スムーズは12回払い・24回払いにも対応していますが、年率14%の手数料が発生してしまいますので、6回払いまでの利用にとどめておくとスムーズを無料で利用することができます

スムーズの利用はとってもかんたん。

  1. 無料でLINE登録
  2. LINEにて必要情報入力
  3. チャットで提案&物件探し
  4. 入居申込み・スムーズの審査
  5. ご入居・支払い開始

契約金はスムーズが立て替えて払ってくれるので、入居後の月々の支払いと併せて分割した初期費用を支払っていくだけです。

注意点は、

  • スムーズの利用にも審査がある
  • 首都圏・大阪・名古屋エリアで利用可能

となります。

現状では全国すべてのエリアでは利用できないサービスですが、首都圏・大阪・名古屋エリアでお探しで、初期費用にお悩みの方にはおすすめの新サービスとなります。

また、福岡エリアや北海道エリアも年内には利用できるようですので、福岡・北海道エリアでお探しの方もLINE登録だけしておくのも良いでしょう。

下記より公式サイトへ移動できますのでぜひご参照ください。

\初期費用のお悩みはこれで解決!/

6回払いまで手数料無料でご利用できます

詳細記事>>【手数料なし】賃貸の初期費用を分割後払いできるスムーズとは?口コミ評判を含めた7つのポイント!

 data-lazy-src=

お部屋探しに良い情報を。

このブログではお部屋探しに関するさまざまな情報を発信しています。

・お部屋探しの知識
・初期費用
・賃貸不動産会社
・賃貸情報サイト
・入居審査
・家賃保証会社
・シェアハウス
・マンスリーマンション

トップページではカテゴリーごとにおすすめの記事をご紹介しています。
よろしければご覧になってみてください。