UR賃貸

UR賃貸の初期費用は一般の賃貸よりも半分以上安い!【お得な割引制度も豊富】

UR賃貸の初期費用は一般の賃貸よりも半分以上安い!【お得な割引制度も豊富】
お悩み女性
お悩み女性

UR賃貸を検討しているけど…

UR賃貸の初期費用ってどのくらい掛かるんだろう?

一般的な賃貸より安いって聞くけどどのくらい差があるのかな?

UR賃貸の初期費用について詳しく知りたい!

このような疑問にお答えします。

筆者は賃貸営業歴5年の賃貸営業マンです。

宅地建物取引士、賃貸不動産経営管理士の資格も保有しています。

これからお部屋探しをされる方でUR賃貸をご検討される方も多くいらっしゃるでしょう。

そしてお部屋探しをされる皆様が気になることと言えば、初期費用です。

一般的な賃貸の初期費用だと家賃の5倍前後の費用が掛かることが多く、高額な費用となりがちです。

しかしUR賃貸の初期費用は一般的な賃貸の初期費用よりも半分以上安く収まります!

今回は皆様が気になるUR賃貸の初期費用について、

  • UR賃貸の初期費用項目
  • 一般的な賃貸との初期費用比較
  • UR賃貸の初期費用割引制度
  • 初期費用以外のお得な割引制度

おもに上記4点について詳しく解説をしていきます。

この記事をお読みいただければUR賃貸の初期費用についてバッチリですよ!

UR賃貸の初期費用項目

UR賃貸の初期費用項目
お悩み女性
お悩み女性

UR賃貸の初期費用は具体的にどういった費用が発生するの?

まずはUR賃貸の初期費用では一体どのような費用が発生してくるのか。

この点について詳しく解説をしていきます。

UR賃貸の初期費用項目
  • 敷金2ヵ月
  • 前家賃
  • 火災等保険(任意)

UR賃貸で発生する初期費用の項目は上記の3点だけです。

これ以上の費用が発生してくることはありません。

UR賃貸の初期費用が安い理由として、

「発生する初期費用の項目が少ない」

ことが一番の要因です。

通常の賃貸物件で発生してくる、

  • 礼金
  • 仲介手数料
  • 保証会社費用
  • 鍵交換費用 など…

これらすべての費用が掛からないのは本当に大きいです!

また、UR賃貸では「更新料も無し」となっていますので、通常の賃貸物件で2年毎に賃料の1ヵ月分程の費用が発生する更新料も掛かりません。

長期の入居を考えている方はさらにUR賃貸はお得と言えます。

具体的な初期費用の見積もり例

お悩み女性
お悩み女性

具体的にUR賃貸の初期費用はどのくらいになるの?

一般的な賃貸の初期費用よりも安いとは言っても、実際にどのくらいの費用になるのか分かりづらいと思います。

そこで実際に発生する初期費用の見積もりを作成してみました!

UR賃貸の見積もり例①
  • 賃料70,000円
  • 共益費4,000円
  • 6月1日~契約開始の場合
敷金2ヵ月140,000円
賃料70,000円
共益費4,000円
火災等保険約20,000円
合計230,000円

敷金2ヵ月と前家賃となりますので、UR賃貸の初期費用は「賃料の約3ヵ月分」と覚えていただければ大まかな初期費用を出すことができます。

火災等保険は任意加入となっていますが、万が一に備えてご加入をして頂くことをおすすめします。

また、自己加入とすれば火災等保険も安いプランで契約することができますので、自己加入を希望される方はUR賃貸センターに希望を出してみましょう。

さらにもう一つ、初期費用の見積もり例をお出しします。

UR賃貸の見積もり例②
  • 賃料70,000円
  • 共益費4,000円
  • 6月30日~契約開始の場合
敷金2ヵ月140,000円
賃料(1日分日割)2,333円
共益費(1日分日割)133円
火災等保険約20,000円
合計162,466円

UR賃貸の初期費用の賃料・共益費は、契約開始月の日割り賃料のみ(次月分の家賃は預からない)となりますので、契約開始日を月末とすることで初期費用を抑えることができます。

初期費用ではまとまった大きな金額が必要となりますから、このようなちょっとした小技でも少し役に立つかもしれません。

敷金は損をしない費用

お悩み女性
お悩み女性

でもなんだか敷金2ヵ月って高いなぁ…

一般的な賃貸だと敷金なしの物件もあるのに。

このようにお考えの方もいらっしゃると思います。

確かに近年の賃貸契約では敷金なしの契約もかなり増えてきています。

しかしながら、敷金に関しては入居者にとって損にならない費用です。

敷金はあくまで「UR側に預ける費用となります。

実際に退去の際には原状回復費用を敷金から差し引いて、残った敷金の金額に関しては入居者へ返金されます。

UR賃貸の場合は敷金2ヵ月ですので、最初に払う金額は大きくなるものの退去時のトラブルは少なくスムーズに退去することができます。

また、敷金は家賃の担保としての意味合いもあるので、万が一家賃を支払えなくなってしまっても安心です。

さらに、UR賃貸の退去費用は非常に良心的です。

退去費用が高額になりづらく、実際に退去された方の評判も良いです。

よろしければ下記の記事も参考にご覧ください。

Sponsored Link

UR賃貸と一般的な賃貸との初期費用比較

UR賃貸と一般的な賃貸との初期費用比較

続いては、一般的な賃貸との初期費用の比較を見ていきましょう。

一般的な賃貸の初期費用は賃料の5倍前後が相場となります。

一般的な賃貸の初期費用に掛かる初期費用の項目は下記のとおりです。

  • 敷金
  • 礼金
  • 前家賃
  • 仲介手数料
  • 保証会社費用
  • 火災等保険
  • 鍵交換費用
  • 24時間サポート など…

敷金・前家賃・火災等保険しか発生しないUR賃貸と比べると、発生する項目は非常に多いです。

また、具体的な初期費用の項目の説明は下記の記事にて解説をしています。

よろしければ下記の記事も参考にご覧ください。

初期費用の見積もりで比較

先程と同じく、実際に初期費用の見積もりを出して比較をしてみましょう。

初期費用の見積もり比較
  • 賃料70,000円
  • 共益費4,000円
  • 6月1日~契約開始の場合
  • 一般的な賃貸→敷金1ヵ月・礼金1ヵ月
UR賃貸一般的な賃貸
敷金140,000円70,000円
礼金0円70,000円
賃料70,000円70,000円
共益費4,000円4,000円
仲介手数料 0円77,000円
保証会社費用 0円38,500円
火災等保険20,000円 20,000円
鍵交換費用 0円20,000円
24時間サポート 0円16,500円
合計234,000円386,000円

金額差は150,000円以上となりました。

ここから一般的な賃貸の場合は「日割り賃料」が追加されたり「室内消毒代」などのオプション商品が追加される可能性もありますから、UR賃貸の初期費用よりも倍以上高くなる可能性もあります。

UR賃貸は一般的な賃貸に比べてかなり初期費用を抑えられる可能性が高いと言えます。

もちろん一般的な賃貸でも「初期費用割引キャンペーン」などで初期費用が安くなっている物件もございますので、初期費用重視でお探しの方はUR賃貸だけではなく、一般的な賃貸物件も視野に入れてお部屋探しをされると良いでしょう。

Sponsored Link

UR賃貸の初期費用割引制度

UR賃貸の初期費用割引制度

UR賃貸は一般的な賃貸に比べてもともと初期費用が安いですが、さらに初期費用の割引制度が適応される物件もございます。

フリーレント

フリーレント

UR賃貸では1ヵ月もしくは2ヵ月分の家賃が無料となるフリーレント割引サービスが対象となっている物件もございます。

フリーレント対象の物件であれば初期費用は「敷金2ヵ月と火災等保険のみ」となりますので、初期費用をかなり抑えることができますね!

ただし注意点として、

フリーレント期間が1か月の契約住戸の場合は入居開始可能日から1年以上の継続入居が、フリーレント期間が2か月の契約住戸の場合は入居開始可能日から2年以上の継続入居が条件です。これらの期間未満で契約解除された場合は、フリーレント期間中の家賃をお支払いいただきます。

引用:UR賃貸公式サイト フリーレント

フリーレント期間に応じて継続入居条件が掛かりますのでご注意ください。

敷金分割支払い制度

さらにUR賃貸では「敷金分割支払制度」を対象としている物件もございます。

敷金1ヵ月分だけ初期費用で支払い、残りの1ヶ月分の敷金は、入居可能日の属する月から数えて2回目の6月に分割して支払うことができる制度です。

初期費用の負担を軽減したいという方におすすめの制度です。

Sponsored Link

初期費用だけではない!UR賃貸のお得な割引制度

初期費用だけではない!UR賃貸のお得な割引制度

さらにUR賃貸は初期費用の割引制度だけではなく、お得な割引制度が豊富に揃えられています。

  • 近居割
  • そのママ割
  • 子育て割
  • U35割
  • URライト
  • Pontaポイント

それぞれ解説していきます。

近居割

近居割

3親等内の親族で「子が子育て世帯」または「親が高齢者世帯」で対象物件に入居した場合、最大で5年間家賃5%OFFとなるサービスです。

そのママ割

そのママ割

満18歳未満の子供を扶養している世帯が対象となります。

3年間の家賃が約20%OFFになる大きな割引サービスとなります。

3年間の定期借家(3年間の限定契約)となるので3年後には契約解除となるか、通常の賃貸契約に戻るか、もしくはUR側が再契約可能とすれば再契約も可能となるようです。

子育て割

子育て割

子育て世帯と新婚世帯で世帯月収が25.9万円以下が対象となる割引サービスです。

新婚世帯から子育て世帯へと切り替えを行えば最大で9年間家賃約20%OFFとなるサービスとなります。

所得要件など細かい内容がございますので、詳しく知りたい方は、

UR公式サイト 子育て割

をご確認ください。

U35割

U35割

35歳以下の方が対象となるサービスです。

3年間家賃が約20%OFFとなります。

こちらのU35割も3年間の定期借家となります。

URライト

URライト

3年間の定期借家とする代わりに3年間の家賃を割引できるサービスです。

割引額は物件により異なります。

Pontaポイント

pontaポイント

UR賃貸の入居する方であれば誰でもお申し込みが可能なサービスです。

専用ハガキまたはお申込みサイトからお申込みできます。

家賃500円ごとに1Pontaポイントがたまりますので、例えば10万円の家賃の物件であれば毎月200Pontaポイントがたまっていきます。

子育て中の方には、お子さまの誕生日に追加でポイントがもらえるサービスもあるようです。

Sponsored Link

まとめ

UR賃貸の初期費用についてまとめ

今回はUR賃貸の初期費用について詳しく解説をいたしました。

UR賃貸の初期費用は一般的な賃貸に比べてかなり抑えることができます。

さらにそのママ割や近居割、U35割などの割引サービスも充実していますので、費用面を重視される方には特にUR賃貸はおすすめと言えます。

UR賃貸公式サイトはこちら

また、最後にビレッジハウスという不動産会社をご紹介いたします。

ビレッジハウス

ビレッジハウスは、

  • 敷金なし
  • 礼金なし
  • 仲介手数料なし
  • 更新料なし
  • フリーレント1ヵ月
  • 引っ越しサポート3万円

初期費用が圧倒的に格安です。

UR賃貸でも礼金なし・仲介手数料なし・更新料なしとなりますが、

敷金2ヵ月+前家賃

この2つは掛かってきてしまいます。

ビレッジハウスであれば敷金もなくフリーレント1ヵ月(前家賃1ヵ月無料)も付いていますのでUR賃貸よりもかなり初期費用を抑えることが可能です。

ビレッジハウスなら初期費用10万円以下はもちろん、5万円以下の物件も…

初期費用重視でお部屋探しをされているあなたは是非一度チェックしてみてください。

\今なら3万円キャンペーン中!/最新の物件情報はこちら

 

さらにビレッジハウスについて詳しく知りたい方はこちら!

ぶどう
ぶどう
皆様のより良いお部屋探しを心よりお祈り申し上げます。
ABOUT ME
ぶどう
ぶどう
関東圏の賃貸営業マンとして5年間勤めました。 成約件数は1000件以上。 そのノウハウを活かして、これからお部屋探しをされる方へ「お部屋探しのコツ」をお伝えしていきます。 2015年宅地建物取引士取得 2016年賃貸不動産経営管理士取得
初期費用を抑えたい…入居審査が不安…な方へ
ビレッジハウス

「初期費用を抑えたい…」

「入居審査が不安…」

とお考えのあなたに朗報です。

  • 敷金なし
  • 礼金なし
  • 仲介手数料なし
  • フリーレント1ヵ月

ビレッジハウスなら初期費用を大きく抑えることができます。

初期費用10万円以下はもちろん、5万円以下なんてことも…

さらにビレッジハウスは入居審査も非常にゆるい不動産会社です。

また、現在ビレッジハウスでは、

最大3万円分の引っ越しサポートをキャンペーン

を行っています。

3万円分の引っ越しサポート

3万円キャンペーンが行われている今がチャンスです。

まずはビレッジハウスの最新の物件情報を確認してみてくださいね。

\今なら3万円キャンペーン中!/最新の物件情報はこちら

 

さらにビレッジハウスについて詳しく知りたい方はこちら!