お部屋探し初期費用の相場は?引っ越し代や家具家電購入代も教えて!

お部屋探し初期費用の相場

「これから部屋探しを始めるけど…

部屋探しで掛かる初期費用の相場はいくらだろう?

家具家電代や引っ越し代も掛かってくるし…

お部屋探しの初期費用の相場について詳しく知りたい!」

このような疑問にお答えします。

筆者は賃貸営業歴5年の賃貸営業マンです。

宅地建物取引士、賃貸不動産経営管理士の資格も保有しています。

お部屋探しの初期費用にはさまざまな費用が発生していきます。

まず最初に結論からお伝えいたしますと、

お部屋探しの初期費用の相場は賃料の5ヵ月分~6ヵ月分が相場です。

「想像以上に高い…」

と思われた方も多いかもしれません。

今回の記事では、お部屋探しの初期費用の相場や初期費用で発生する項目を詳しく解説していきます。

また、引っ越し代や家具家電購入代の相場もお伝えしていきます。

この記事をお読みいただければ、事前にお部屋探しの初期費用の相場が分かって計画を立ててお部屋探しが可能になりますよ!

\100万DL突破!人気賃貸アプリ!/ アプリでサクサク物件を見るカナリー

お部屋探しの初期費用の相場

お部屋探し初期費用詳細

冒頭でもお伝え致しましたとおり、初期費用の相場は賃料の5ヵ月分~6ヵ月分が相場です。

賃貸契約の初期費用には、敷金・礼金だけでなく仲介手数料や鍵交換代など…

さまざまな費用が発生してきます。

初期費用の相場が賃料の5ヵ月分~6ヵ月分と言われても、なぜそんなに初期費用が掛かるのか、疑問に感じる方が非常に多いと思います。

そこでまずはまずは「初期費用に掛かる費用の項目」を細かく見ていきましょう。

初期費用の詳細項目

一つ一つ発生する項目をまとめていきます。

また、項目ごとに細かく解説している記事がございますので、そちらの詳細記事もよろしければ参考にご覧ください。

敷金

原状回復費用や家賃滞納リスクの担保として預けるお金。

退去の際に残った敷金に関しては返金されるのが原則です。

賃料の1ヵ月分が相場となります。

敷金に関しての詳細記事はこちら

敷金はあったほうがいい?敷金の値引き交渉はあまり意味がない

礼金

オーナーにお礼金として支払うお金。

敷金とは違い、礼金は入居者にとって完全に無駄な費用となります。

礼金は賃料の1ヵ月が相場ですが、最近は礼金なしの物件も非常に多くなっています。

また、礼金は初期費用の項目で最も値引き交渉がしやすい項目です。

礼金に関しての詳細記事はこちら

礼金交渉で失敗しない4つのコツ!【賃貸営業マンが教えます】

前家賃

前払いする賃料や共益費です。

日割り賃料も含まれると1ヵ月分以上前払いする可能性もあります。

前家賃を無料サービスするフリーレントが適用される物件だと、初期費用を抑えることができます。

フリーレントについては下記の記事を参考にご覧ください。

フリーレントに関しての詳細記事はこちら

【フリーレント】でお部屋探しの初期費用を安く!詳しく解説します!

仲介手数料

不動産業者へサービス料として支払うお金です。

賃料の1ヵ月が相場ですが、仲介手数料が割引される物件や不動産会社も存在します。

仲介手数料に関しての詳細記事はこちら

お部屋探し初期費用の仲介手数料って?金額相場や金額の違いを解説!

火災保険料

家財を守り原状回復義務を果たすために保険に加入します。

15,000円~20,000円が相場です。

火災保険料に関しての詳細記事はこちら

お部屋探し初期費用で掛かる火災保険って?金額相場は?加入は必須?

保証会社費用

家賃の支払いを保証する会社に加入する費用です。

近年では連帯保証人を立てず、家賃保証会社に加入する賃貸契約が一般的となっています。

賃料の0.5ヵ月~1ヵ月が相場です。

家賃保証会社に関しての詳細記事はこちら

賃貸保証料とは?保証料は返ってくる?賃貸営業マンが解説!

 鍵交換代

前入居者の鍵から安全面を考慮して新しい鍵に交換する費用。

15,000円~20,000円が相場。

鍵交換代に関しての詳細記事はこちら

【賃貸】初期費用の鍵交換代について4つのポイントを徹底解説

退去時クリーニング代

敷金が発生しない物件の際に退去時のクリーニング費用を前払いする費用です。

間取りや㎡数により金額が異なります。

1Kの物件で約3,0000円。

2DKの物件で約40,000円~50,000円となります。

クリーニング代に関しての詳細記事はこちら

賃貸のクリーニング代は違法?拒否できる?知っておくべき7つのこと

24時間サポート

24時間電話一本ですぐに駆けつけて設備不備等のトラブルに対応してくれるサービス。

15,000円が相場となります。

基本的には任意加入であることが多いです。

24時間サポートに関しての詳細記事はこちら

賃貸営業マンが鬼解説!24時間サポートがいらない物件とは?

室内消毒代

入居前に室内の消毒や害虫駆除の施工を行う費用。

費用の相場は15,000円~20,000円です。

こちらも任意加入であることがほとんどです。

室内消毒代に関しての詳細記事はこちら

室内消毒代とは?自分で消毒してもいいの?賃貸営業マンが解説

「こんなにたくさんあるんだ!?

難しい用語も多くて覚えるのが大変。。」

このように思われた方もいらっしゃると思います。

まずは敷金・礼金・前家賃・仲介手数料を覚えていきましょう。

この4項目だけでも賃料の4ヵ月分以上の費用が発生してきます。

さらに保証会社費用や火災保険、鍵交換代。

オプション商品となる24時間サポートや室内消毒代も含めていくと…

やはり賃料の5ヵ月分、6ヵ月分くらいは初期費用として発生してきます。

しかし、最近は敷金や礼金がなしの物件も多いですし、仲介手数料を0.5ヵ月で対応する不動産業者もあります。

礼金なしの物件であれば賃料の4ヵ月分~5ヵ月分の初期費用となるお部屋も多くなってくるでしょう。

また、仲介手数料が安い不動産会社や、初期費用を5万円以下で抑えられる不動産会社を下記の記事で紹介しています。

よろしければ参考にご覧ください。

【賃貸営業マンおすすめ】仲介手数料が安い不動産屋7選!【最大無料】

【初期費用5万円以下】家賃も格安なビレッジハウスの重要な10のポイント!

お部屋探しの初期費用の具体例

それでは実際に具体例を挙げてみます。

お部屋探しの初期費用のイメージが浮かんでくると思います。

★具体例:賃料6万円・敷金1ヵ月・礼金1ヵ月・9月21日から契約開始

敷金 60,000円
礼金 60,000円
前家賃(9月分) 20,000円
前家賃(10月分) 60,000円
仲介手数料 66,000円
火災保険料 15,000円
保証会社費用 30,000円
鍵交換代 16,500円
24時間サポート 16,500円
室内消毒代 16,500円
合計 360,500円

火災保険や保証会社費用鍵交換代などは相場の金額で計算しました。

日割り賃料やオプション商品も含めていくとやはりほぼ6ヵ月分という計算になります。

もう一つ、かなり初期費用が抑えられるプランで参考に具体例を出してみます。

★具体例:賃料6万円・敷金なし・礼金なし・9月21日から契約開始

★オプション商品なし・退去時にクリーニング代を支払う契約

敷金 0円
礼金 0円
賃料(9月分) 20,000円
賃料(10月分) 60,000円
仲介手数料 66,000円
火災保険料 15,000円
保証会社費用 30,000円
鍵交換代 16,500円
合計 207,500円

敷金・礼金なし、オプション商品なし、クリーニング代は退去時の後払いという契約内容だと、賃料と契約開始日はまったく同じ物件でも約15万円も初期費用で安くすることができました。

初期費用の予算があまりない場合は、こうした敷金・礼金がない物件を中心に探してみると初期費用を抑えられる可能性が高くなります。

また、担当の営業マンに初期費用を抑えたい希望を最初に伝えることで、初期費用を抑えた物件を中心に紹介してくれるのでスムーズなお部屋探しができるはずです。

初期費用を安くしたい!

出来る事ならお部屋探しの初期費用を安く抑えたい!

そんな方に賃貸営業マンの筆者が初期費用を安く抑えるための上手な交渉術を一つにまとめた記事があります。

是非こちらもご覧になって初期費用を上手に抑えてより良いお部屋を見つけてください。

【成功率UP】賃貸営業マンが教える初期費用の値下げ交渉術!

\100万DL突破!人気賃貸アプリ!/ アプリでサクサク物件を見るカナリー

その他に掛かる費用

お部屋探し初期費用その他費用

お部屋探しの初期費用だけでなく、その他にも新しいお部屋に入居する場合にさまざまな費用が発生していきます。

一つ一つ解説していきます。

引っ越し代

引っ越し代は引っ越し人数や運び出す物の量、引っ越し距離や引っ越し時期により大きく変動します。

大まかな目安の金額を記載しておきます。

単身者 3万円~5万円
2人 7万円~10万円
ファミリー 10万円~15万円

この金額を基本として、運び出す物の量が多かったり、引っ越し距離が長く繁忙期シーズンだと2倍3倍の金額になるケースもありますのでご注意ください。

家具家電購入代

新しく家具家電を買い揃える場合も当然費用が掛かります。

家具家電に関しては高級なものであればかなりの高額となりますので一概にこのくらいの金額というのは難しいです。

ですが一人暮らしで必需品とされる

冷蔵庫・洗濯機・電子レンジ

この3点セットは家電量販店でもセット割引で安く購入できるところも多いです。

この3点セットの相場が3万円~5万円程となります。

その他、ベッドやテーブルなどの家具も含めれば最低でも10万円程は予算として準備しておいた方が良いでしょう。

カップルや新婚様の2人入居の場合は10万円~20万円くらいの費用は必要になってきます。

現在は家具家電付きの賃貸物件もありますので、家具家電付きの賃貸物件を検討されるのもよろしいかと思います。

インターネット工事代

インターネットを使用する場合、インターネット回線工事が行われていないお部屋の場合は回線工事費用として2万円~3万円程掛かります。

今は回線を引かずにポケットWifiなどで対応される方も非常に増えています。

自身のインターネット使用プランをよく考えてインターネット契約をしましょう。

\100万DL突破!人気賃貸アプリ!/ アプリでサクサク物件を見るカナリー

まとめ

お部屋探し初期費用総まとめ

今回はお部屋探しの初期費用の相場とその他に発生する費用を解説致しました。

お部屋探しの初期費用と引っ越し代などの費用は非常に高額です。

事前にしっかり予算を考えてからお部屋探しを始めると、スムーズに良いお部屋が見つかりやすくなります。

皆様のより良いお部屋探しを心よりお祈り申し上げます。

お得に効率よくお部屋探しをしませんか?

当ブログを最後までご覧いただき誠にありがとうございます。

現在お部屋探しをされている人の中には、

  • 仲介手数料を安くしたい
  • スピーディーに効率よく部屋探しがしたい
  • アプリでサクサク部屋探ししたい
  • おとり物件に惑わされたくない

など…多くの悩みをお持ちの方もいらっしゃると思います。

下記の記事では仲介手数料が安い不動産会社やおすすめの賃貸サイト、賃貸アプリをご紹介しています。 あなたのお部屋探しのお力になれましたら幸いです。

【賃貸営業マンおすすめ】仲介手数料が安い不動産屋7選!【最大無料】

【賃貸営業マンが選ぶ】おすすめ賃貸サイトランキングTOP10!

【若年層に人気!】お部屋探しのおすすめアプリ7選【安くて便利】

東京一人暮らしのお部屋探し!おすすめ不動産屋を15社紹介!