UR賃貸の一人暮らし【おすすめな人・おすすめじゃない人】

UR賃貸の一人暮らし【おすすめな人・おすすめじゃない人】

「一人暮らし用の部屋を探しているけど…

UR賃貸は一人暮らしに良いのかな?

UR賃貸の一人暮らしについて詳しく知りたい!」

このような疑問にお答えします。

筆者は賃貸営業歴5年の賃貸営業マンです。

宅地建物取引士、賃貸不動産経営管理士の資格も保有しています。

  • 初期費用が安い
  • 更新料なし
  • 連帯保証人不要
  • 保証会社不要

など…UR賃貸には多くのメリットがあります。

実際にこれから一人暮らしをされる方でUR賃貸を検討されている方もいらっしゃるでしょう。

しかし、UR賃貸は二人以上~ファミリータイプ向けの間取りが多く、

「UR賃貸は一人暮らしに合わないのではないか…」

という疑問や不安を持たれている方もいらっしゃるのではないでしょうか?

結論から申し上げますと、

UR賃貸は一人暮らしにもおすすめです

もちろん全ての方におすすめできる訳ではなく、

「おすすめな人・おすすめじゃない人」

に分かれていきます。

そこで今回の記事では、

UR賃貸の一人暮らしがおすすめな人とおすすめじゃない人

を詳しく解説していきます。

この記事をお読みいただければ、現在一人暮らしでUR賃貸を検討されているあなたの疑問や不安を解消できるはずです。

\初期費用0円でお引っ越し!/

スムーズ広告1

UR賃貸の一人暮らしがおすすめな人

UR賃貸の一人暮らしがおすすめな人

まずはUR賃貸の一人暮らしがおすすめな人を解説していきます。

UR賃貸の一人暮らしがおすすめな人は下記のような人です。

  • 初期費用重視でお探しの人
  • 広い部屋に住みたい人
  • 連帯保証人がいない人
  • 高齢者の人
  • 退去費用を安く済ませたい人

特に、

「初期費用重視でお探しの人」

「広い部屋に住みたい人」

上記2つを重視してお探しされている方にはUR賃貸の一人暮らしはおすすめになります。

それぞれの項目を詳しく解説をしていきます。

初期費用重視でお探しの人

UR賃貸は初期費用が安い!

一人暮らしをされる方の中には、

「とにかく初期費用を抑えたい!」

という初期費用重視でお探しの方も多くいらっしゃることと思います。

そのような初期費用重視でお探しの方にはUR賃貸はおすすめです。

その理由は、

UR賃貸の初期費用は、一般的な賃貸物件よりも半分以上初期費用が安くなることも珍しくないからです。

なぜ一般的な賃貸物件よりも初期費用が安くなるのかというと、通常発生してくる、

  • 礼金
  • 仲介手数料
  • 保証会社費用
  • 鍵交換費用 など…

これらすべての初期費用がUR賃貸では掛からないためです。

初期費用を抑えられることによって、家具家電を一式揃えることもできますね!

また、UR賃貸では「更新料も無し」となっていますので、通常の賃貸物件で2年毎に賃料の1ヵ月分程の費用が発生する更新料も掛かりません。

長期の入居を考えている方はさらにUR賃貸はお得と言えます。

さらに詳しくUR賃貸の初期費用について知りたい方は、下記の詳細記事もぜひ参考にご覧ください。

UR賃貸のお得な割引制度もご紹介しています。

UR賃貸の初期費用は一般の賃貸よりも半分以上安い!【お得な割引制度も豊富】

広い部屋に住みたい人

一人暮らしでも「広い部屋に住みたい!」という希望条件を重視してお探しの方もいらっしゃるでしょう。

  • 荷物が多い方
  • 趣味部屋が欲しい方
  • 寝室とリビングを分けたい方

など…一般的な1R・1Kでは狭すぎる方にはUR賃貸はおすすめです。

UR賃貸は2人以上~ファミリータイプ向けの物件が9割以上となりますので、希望する広さのお部屋をかなり見つけやすいはずですよ!

連帯保証人がいない人

UR賃貸の大きなメリットの一つが連帯保証人不要という点です。

一人暮らしされる方で連帯保証人となる方がいない人でも、UR賃貸なら安心です。

また、保証会社の利用も不要なので、家賃保証会社費用も抑えることができます。

高齢者の人

現在の一般的な賃貸契約では、孤独死リスクや家賃滞納リスクなどから年齢制限を設けたり連帯保証人を必須とする不動産会社が多いです。

しかしUR賃貸は、高齢者の方でも年齢制限なく連帯保証人不要で入居することができます。

民間の不動産会社で入居を断られてしまった高齢者の方にもUR賃貸はおすすめです。

また、高齢者の方のUR賃貸の入居条件についての詳細は下記の記事をご覧ください。

【UR賃貸】高齢者の入居条件はゆるい?賃貸営業マンが解説!

退去費用を安く済ませたい人

お部屋探しの際には軽視されがちな退去についてですが、高額な退去費用を請求されてしまったり、退去トラブルは現在でもまだ発生しています。

UR賃貸では国土交通省のガイドラインを基準として退去費用を算出しています。

そのため、不当な高額な退去費用を請求されてしまったり、退去トラブルが発生する可能性がかなり低いです。

UR賃貸の退去費用については下記の記事にて詳しく解説しています。

よろしければ下記の記事も参考にご覧ください。

UR賃貸の退去費用は高い?トラブル多い?実際の入居者の声は…

UR賃貸の一人暮らしがおすすめじゃない人

UR賃貸の一人暮らしがおすすめじゃない人

続いては、UR賃貸の一人暮らしがおすすめじゃない人を解説していきます。

UR賃貸の一人暮らしがおすすめじゃない人は下記のような人です。

  • 部屋の広さを必要としない人
  • 築年数が新しい物件が良い人
  • 収入や貯蓄額が低い人
  • 低所得者イメージを持たれたくない人

こちらもひとつひとつ詳しく解説をしていきます。

部屋の広さを必要としない人

おすすめな人でお伝えした反対ですね。

UR賃貸には1R・1Kといった一般的な単身者用の物件がほとんどありません。

ですので、部屋の広さを必要とせず1R・1Kの間取りでお探しの方にはUR賃貸はおすすめできません。

1R・1Kの物件をお探しの方は、一般的な賃貸物件で幅広い選択肢の中からお部屋探しをされた方が、希望条件に近い物件を見つけることができるでしょう。

築年数が新しい物件が良い人

UR賃貸には築年数が浅い物件や新築物件もございます。

しかしながら、1R・1K同様にその数はかなり少ないです。

もちろん皆さん築年数が古いより新しい物件の方が良いに決まっていますが、その中でも特に、

「築年数の希望だけは譲れない!」

という方にはUR賃貸はおすすめできません。

収入や貯蓄額が低い人

UR賃貸は、

  • 連帯保証人不要
  • 保証会社不要
  • 高齢者の方の契約可能
  • 生活保護の方の契約可能

ということもあり、審査がゆるいイメージを持たれいる方が多いのですが、実際は決して審査はゆるくありません

特に収入による入居基準は厳しく、収入が低い方や貯蓄額が低い方はUR賃貸に入居することができません。

★単身者の収入による入居基準

家賃額 基準月収額
62,500円未満 家賃額の4倍以上
62,500円以上20万円未満 25万円以上
20万円以上 40万円以上

参考:UR賃貸住宅公式サイト お申込み資格

決してお金持ちしか住めないような、ものすごい高い基準月収額ではありませんが、

「誰でも簡単に入居できる」

といったような基準月収額ではないでしょう。

連帯保証人や保証会社が不要な分、ある程度の収入による入居基準を設けているとも言えますね。

しかしながら、UR賃貸は上記の条件だけではなく細かい入居基準の特例がございます。

上記の基準月収額をクリアされない方でも入居できる条件もございますので、UR賃貸の入居条件について詳しく知りたい方は下記の記事をぜひ参考にご覧ください。

【注意】UR賃貸の審査は厳しい!入居条件や落ちる理由を解説!

低所得者イメージを持たれたくない人

上記の項目と少し被りますが、

  • 連帯保証人不要
  • 保証会社不要
  • 高齢者の方の契約可能
  • 生活保護の方の契約可能

UR賃貸の上記のような背景から、

「UR賃貸は低所得者の方が住む賃貸住宅」

という誤認識を持った方も少なくありません。

もちろんUR賃貸は当然そんなことはなく、むしろ中・高所得者の方も非常に多いのですが、

UR賃貸=団地=低所得者の方

といったイメージをしてしまう方もいらっしゃいます。

低所得者イメージを持たれたくない人はUR賃貸は避けた方が良いかもしれませんね。

UR賃貸はお金持ちが借りる?低所得者は借りれない?【UR物件はピンキリです】

\無料!LINEでかんたん登録/

スムーズ広告2

UR賃貸の一人暮らしに関するTwitterの意見

UR賃貸の一人暮らしに関するTwitterの意見

UR賃貸の一人暮らしに関するTwitterの意見をまとめました!

ぜひTwitterの意見も参考にしてご覧ください。

やはりUR賃貸の大きなメリットである「初期費用の安さ」を取り上げている方も多くいらっしゃいますね。

ただ、「UR賃貸で一人暮らし」となると全体で見ればそこまで多くはないと言えます。

メインはやはり夫婦の方、ファミリーの方、年配の方が主な入居者層になります。

上記のTwitterの方々の意見も参考にして頂き、UR賃貸へのご入居をご検討いただければと思います。

まとめ

UR賃貸の一人暮らしについてまとめ

今回はUR賃貸の一人暮らしについて、

「おすすめな人・おすすめじゃない人」

を詳しく解説いたしました。

特にUR賃貸の一人暮らしがおすすめできる人は、

初期費用重視で広めのお部屋をお探しの人

上記のような方にはUR賃貸の一人暮らしはかなり相性が良いです。

その他にご紹介したおすすめできる条件、おすすめできない条件も含めてぜひUR賃貸のご入居を検討してみてくださいね。

皆様のより良いお部屋探しを心よりお祈り申し上げます。

株式会社スムーズ
出典:スムーズ公式サイト

当ブログを最後までご覧いただき誠にありがとうございます。

現在お部屋探しをされている人の中には、下記のような悩みを抱えていらっしゃる方も多いのではないでしょうか?

  • 賃貸の初期費用が高くて引越しできない
  • 家賃は予算内だけど初期費用が高すぎる物件がある
  • クレジットカードの分割払いの手数料を払いたくない
  • 初期費用を分割後払いにしたいけどできなかった

賃貸契約の初期費用は賃料の5ヶ月~6ヶ月分前後掛かりますので、賃料10万円の物件の場合、60万円以上の契約金が必要な物件がほとんどです。

さらにお引越しには「家具家電購入代や引っ越し費用」なども発生しますので、これらの費用を含めると総額100万円以上となってしまうケースも少なくありません。

また、分割後払いにしたくてもクレジットカード払いに対応している不動産会社ではないと分割後払いにできない点も賃貸契約の大きなデメリットの一つです。

そんな高額となりやすい賃貸の初期費用を分割後払いにできるサービスが「スムーズ」です。

分割後払いに対応していない不動産会社の物件でも、スムーズを利用すれば分割後払いで初期費用を支払うことが可能となります

つまりスムーズならどんな物件でも初期費用0円で契約することができます。

さらにスムーズのすごいところは、

後払い手数料6回まで0円
出典:スムーズ公式サイト

6回払いまで分割手数料が0円で利用できる点です。

スムーズは12回払い・24回払いにも対応していますが、年率14%の手数料が発生してしまいますので、6回払いまでの利用にとどめておくとスムーズを無料で利用することができます

スムーズの利用はとってもかんたん。

  1. 無料でLINE登録
  2. LINEにて必要情報入力
  3. チャットで提案&物件探し
  4. 入居申込み・スムーズの審査
  5. ご入居・支払い開始

契約金はスムーズが立て替えて払ってくれるので、入居後の月々の支払いと併せて分割した初期費用を支払っていくだけです。

注意点は、

  • スムーズの利用にも審査がある
  • 首都圏・大阪・名古屋エリアで利用可能

となります。

現状では全国すべてのエリアでは利用できないサービスですが、首都圏・大阪・名古屋エリアでお探しで、初期費用にお悩みの方にはおすすめの新サービスとなります。

また、福岡エリアや北海道エリアも年内には利用できるようですので、福岡・北海道エリアでお探しの方もLINE登録だけしておくのも良いでしょう。

下記より公式サイトへ移動できますのでぜひご参照ください。

\初期費用のお悩みはこれで解決!/

6回払いまで手数料無料でご利用できます

詳細記事>>【手数料なし】賃貸の初期費用を分割後払いできるスムーズとは?口コミ評判を含めた7つのポイント!

 data-lazy-src=

お部屋探しに良い情報を。

このブログではお部屋探しに関するさまざまな情報を発信しています。

・お部屋探しの知識
・初期費用
・賃貸不動産会社
・賃貸情報サイト
・入居審査
・家賃保証会社
・シェアハウス
・マンスリーマンション

トップページではカテゴリーごとにおすすめの記事をご紹介しています。
よろしければご覧になってみてください。