【賃貸営業マンがおすすめする】優良物件が見つかる時期とは?

【賃貸営業マンがおすすめする】優良物件が見つかりやすい時期とは?

「これから部屋探しを始める予定だけど…

優良物件が見つかりやすい時期ってあるのかな?

賃貸の優良物件が見つかりやすい時期が知りたい!」

このような疑問にお答えします。

筆者は賃貸営業歴5年の賃貸営業マンです。

宅地建物取引士、賃貸不動産経営管理士の資格も保有しています。

お部屋探しは探す時期によって物件の数や金額が大きく変わっていきます。

探す時期によっては物件が少なく希望する物件が見つかりづらかったり、金額が少し高くなってしまっていたり…

しかし反対に、優良物件が見つかりやすい時期というのも存在します。

優良物件は人によって基準が異なると思いますが、

  • グレードが高く、条件が良い物件→人気が高い物件
  • 費用が安く抑えられる物件

「人気が高い優良物件」「費用が安い優良物件」2つの優良物件に分けて、それぞれ見つかりやすい時期を詳しく解説していきます。

この記事をお読みいただければ、あなたがどの時期に部屋探しを始めるのがベストか分かりますよ!

\初期費用0円でお引っ越し!/

スムーズ広告1

人気が高い賃貸の優良物件が見つかりやすい時期

人気が高い優良物件が見つかりやすい時期

まずさっそく結論からお伝えしますと、人気が高い優良物件が見つかりやすい時期は「4月」です。

なぜ4月が人気が高い優良物件を見つけられやすいかというと、

「3月下旬に部屋を退去する人が非常に多いから」です。

さらに、その3月下旬に退去される物件は「3月下旬までに入居したい方々の入居に間に合わないから」という理由も加わっていきます。

少し分かりづらいので下記の図をご参照ください。

人気が高い優良物件の退去と入居可能日の図

3月の下旬に退去する部屋は、その後にクリーニングやリフォームが入り、実際に入居が可能となるのは4月上旬~4月中旬頃となります。

1年の中で最も部屋探しが活発となるのが2月・3月ですが、その時期に賃貸を探されている方の大多数が「新入生・新社会人・転勤」などで3月下旬までに入居しなければいけない方々です。

ですので3月下旬に退去となった人気が高い優良物件は選択肢に含まれないことが多く、4月初旬は「即入居できる物件がほとんどなくなり、上旬や中旬頃から入居できる物件」が残ることになります。

そして通常の月よりも退去が多いので、人気が高い優良物件の空き情報が多くなりやすいのです。

特にグレードの高い優良物件が見つけやすい

3月下旬に退去される物件は「法人契約による転勤」も多く、グレードの高い優良物件の空き情報が出やすくなります。

なかなか空き情報が出てこない積水ハウスのシャーメゾンだったり、大和リビングのD-roomなどの大手賃貸ハウスメーカーの物件が狙いやすい時期です。

関連記事>>【シャーメゾンの全てが分かる】32名の口コミ評判!7つの真実とは?

関連記事>>【大和リビング(D-room)の全てが分かる】22名の口コミ評判!9つの真実とは?

2月下旬・3月上旬頃から空き情報が出てくる

3月下旬に退去するお部屋の空き情報は、退去する1ヵ月前くらいから空き予定情報として出てくることがほとんどです。

空き予定ですので当然まだ内見はできないのですが、先行して募集を掛けているので「入居申し込みは可能」です。

人気が高い優良物件は内見する前に決まってしまうことが非常に多いので、室内写真や立地、費用面も特に問題がなければ「内見前の入居申し込み」をすることも良い物件に入居するためには必要です。

2月下旬から物件情報を確認することによって、いち早く人気が高い優良物件情報を確認することができるので、問題なければいち早く入居申し込みをすることをおすすめします。

関連記事>>賃貸物件を内見せずに決めるのは危険?申し込みや契約キャンセル可能?賃貸営業マンが解説!

費用が安い賃貸の優良物件が見つかりやすい時期

費用が安い優良物件が見つかりやすい時期

人によって一番重要視するお部屋探しのポイントは異なります。

「とにかく費用面にこだわりたい人」にとっては優良物件=費用が安い物件となるでしょう。

そしてお部屋探しで一番安くできる時期は「7月・8月」の夏のシーズンです。

この時期がお部屋探しをされる方が一年を通して最も少なく、何とか入居者を早期に決められるように不動産業者やオーナーが割引キャンペーンを打って初期費用や家賃が安くなることが多いです。

また、初期費用の値下げ交渉も最も通りやすい時期にもなります。

割引キャンペーンが打たれていない物件でも、交渉次第で費用面を安くできる可能性が高い時期です。

関連記事>>【成功率UP】初期費用や家賃の値下げ交渉術!賃貸営業マンが徹底解説!【交渉タイミングが大事】

7月・8月の閑散期シーズンが狙い目

一般的に初期費用の割引キャンペーンが行われている物件は下記の項目で割引されていることが多いです。

  • フリーレント(前家賃無料)
  • 仲介手数料無料

フリーレントも仲介手数料も賃料の1カ月分の金額は割引となることが多いので非常に大きな割引と言えます。

また、7月・8月の閑散期は家賃が下がることもあります。

基本的には初期費用の割引が行われることが一般的ですが、閑散期だからこそ家賃の値下げ交渉が通る可能性が高いことも事実です。

ただ、家賃の値下げ幅としては1000円2000円がほとんどで、5000円値下げされるという事はまずない(極稀に値下がることもありますが…)ので過度な期待は禁物です。

3000円値下げされたらかなりラッキーだと思っていただいた方がいいでしょう。

また、このようなキャンペーンを利用しなくても仲介手数料がもともと安かったり、初期費用が圧倒的に安い不動産会社も存在します。

下記の記事にて詳しく解説していますので、よろしければ参考にご覧ください。

【賃貸営業マンおすすめ】仲介手数料が安い不動産屋7選!【最大無料】

【初期費用5万円以下】家賃も格安なビレッジハウスの重要な10のポイント!

7月・8月のお部屋探しのメリット

7月8月のお部屋探しは費用面のメリットだけではありません。

それは、

閑散期で営業マンも時間にゆとりがあるため、一組一組熱心にお部屋を探してくれることです。

もちろん繁忙期のお客様には熱心に対応していないという訳ではありませんが、どうしても混雑して時間にゆとりが無く、一組一組に100%のおもてなしができるかと言うとなかなか難しいのが現状です。

実際に私も賃貸営業マンとして、繁忙期シーズンの1月~3月はとにかく必死です。

「もう少し時間があれば…」

と思う案件も少なくありません。

しかし7月・8月の閑散期ともなれば時間にゆとりが生まれますので、一組一組のお客様に全力で向き合うことができます。

入居時期を急がれていなければ、ゆっくりと多くの物件を内見することもできて、納得のいくお部屋探しができる可能性が高まるでしょう。

7月・8月のお部屋探しのデメリット

数多くのメリットがある閑散期のお部屋探しですが、やはりデメリット存在します。

・繁忙期シーズンと比べると退去の動きも鈍いため、新着情報が少ない

・内見がとにかく暑い

現状の市場に出ているお部屋探しの情報で気に入った物件がない場合、繁忙期シーズンと比べると新着情報が少ないため、お部屋探しに時間が掛かってしまう可能性があります。

ただ、特別7月・8月の新着情報が少ないという訳ではなく、平常月とは大きく変わらないのでそこまで心配する必要はないかもしれません。

また、内見がとにかく暑いです(笑)

特にロフト付き物件のロフト部分なんかは完全にサウナです…

電気が開通していないお部屋が多くエアコンが利かないところが多いですし、仮にエアコンが付いてもすぐには冷えませんからね…

営業マンの私も汗だくですが、お客様も汗だくになりながら内見してもらう事も多いです。

\無料!LINEでかんたん登録/

スムーズ広告2

お部屋探しがおすすめできない時期

お部屋探しがおすすめできない時期

優良物件を見つけやすいおすすめの時期があれば、反対にお部屋探しをおすすめできない時期もあります。

それはやはり繁忙期シーズン(1月~3月)です。

お部屋探しをするライバルが多く、優良物件は内見ができる前にすぐ決まってしまう。

店舗も非常に混み合うため、営業マンも対応が雑になりがちです。

また、一番のデメリットは3月の引っ越し代の大幅な値上がりです。

通常時よりも2倍・3倍の金額に値上がりすることもありますので、

「2月に部屋探し→3月に引っ越し」

というプランはできる限り避けるようにしましょう。

新入学生や新社会人、転勤の方などはなかなか難しいかと思いますが、部屋探し時期を12月や1月にずらすだけでも優良物件が見つかる可能性はかなり高まります。

まとめ

賃貸の優良物件が見つかりやすい時期まとめ

今回は優良物件を見つけやすい時期を詳しく解説いたしました。

繁忙期を終えた4月は、通常の月ではなかなか空きが出てこない優良物件を見つけやすい時期です。

また、7月8月は費用面を抑えやすい時期ですので、入居時期を合わせられる方はぜひ筆者のおすすめする時期にお部屋探しをしてみてくださいね!

皆様のより良いお部屋探しを心よりお祈り申し上げます。

株式会社スムーズ
出典:スムーズ公式サイト

当ブログを最後までご覧いただき誠にありがとうございます。

現在お部屋探しをされている人の中には、下記のような悩みを抱えていらっしゃる方も多いのではないでしょうか?

  • 賃貸の初期費用が高くて引越しできない
  • 家賃は予算内だけど初期費用が高すぎる物件がある
  • クレジットカードの分割払いの手数料を払いたくない
  • 初期費用を分割後払いにしたいけどできなかった

賃貸契約の初期費用は賃料の5ヶ月~6ヶ月分前後掛かりますので、賃料10万円の物件の場合、60万円以上の契約金が必要な物件がほとんどです。

さらにお引越しには「家具家電購入代や引っ越し費用」なども発生しますので、これらの費用を含めると総額100万円以上となってしまうケースも少なくありません。

また、分割後払いにしたくてもクレジットカード払いに対応している不動産会社ではないと分割後払いにできない点も賃貸契約の大きなデメリットの一つです。

そんな高額となりやすい賃貸の初期費用を分割後払いにできるサービスが「スムーズ」です。

分割後払いに対応していない不動産会社の物件でも、スムーズを利用すれば分割後払いで初期費用を支払うことが可能となります

つまりスムーズならどんな物件でも初期費用0円で契約することができます。

さらにスムーズのすごいところは、

後払い手数料6回まで0円
出典:スムーズ公式サイト

6回払いまで分割手数料が0円で利用できる点です。

スムーズは12回払い・24回払いにも対応していますが、年率14%の手数料が発生してしまいますので、6回払いまでの利用にとどめておくとスムーズを無料で利用することができます

スムーズの利用はとってもかんたん。

  1. 無料でLINE登録
  2. LINEにて必要情報入力
  3. チャットで提案&物件探し
  4. 入居申込み・スムーズの審査
  5. ご入居・支払い開始

契約金はスムーズが立て替えて払ってくれるので、入居後の月々の支払いと併せて分割した初期費用を支払っていくだけです。

注意点は、

  • スムーズの利用にも審査がある
  • 首都圏・大阪・名古屋エリアで利用可能

となります。

現状では全国すべてのエリアでは利用できないサービスですが、首都圏・大阪・名古屋エリアでお探しで、初期費用にお悩みの方にはおすすめの新サービスとなります。

また、福岡エリアや北海道エリアも年内には利用できるようですので、福岡・北海道エリアでお探しの方もLINE登録だけしておくのも良いでしょう。

下記より公式サイトへ移動できますのでぜひご参照ください。

\初期費用のお悩みはこれで解決!/

6回払いまで手数料無料でご利用できます

詳細記事>>【手数料なし】賃貸の初期費用を分割後払いできるスムーズとは?口コミ評判を含めた7つのポイント!

 data-lazy-src=

お部屋探しに良い情報を。

このブログではお部屋探しに関するさまざまな情報を発信しています。

・お部屋探しの知識
・初期費用
・賃貸不動産会社
・賃貸情報サイト
・入居審査
・家賃保証会社
・シェアハウス
・マンスリーマンション

トップページではカテゴリーごとにおすすめの記事をご紹介しています。
よろしければご覧になってみてください。