部屋まるの仲介手数料はいくら?値引き交渉は可能?初期費用についても徹底解説!

お悩み女性1
お悩み女性

部屋まるで部屋探しを検討してるけど…

部屋まるの仲介手数料はいくらなんだろう?

仲介手数料の値引きってできるのかな?

部屋まるの仲介手数料について詳しく知りたい!

このような疑問にお答えします。

筆者は賃貸営業歴5年の賃貸営業マンです。

宅地建物取引士、賃貸不動産経営管理士の資格も保有しています。

家賃6万円以下専門店の部屋まる

家賃を節約したい人には特におすすめの不動産会社です。

そんな部屋まるでのお部屋探しを検討されている方も多いと思います。

しかしお部屋探しをするにあたって気になるのが「仲介手数料」ですよね。

そこで今回は部屋まるの仲介手数料について詳しく解説をしていきます。

  • 仲介手数料の金額
  • 仲介手数料キャンペーン
  • 仲介手数料とは?
  • 仲介手数料の値引き交渉
  • 初期費用

部屋まるの仲介手数料についてだけではなく初期費用についても解説をしていきますので、ぜひ最後までお読みいただけましたら幸いです。

部屋まるの仲介手数料は原則賃料の1ヶ月分

部屋まるの仲介手数料は原則賃料の1ヶ月分

部屋まるの仲介手数料は基本的に賃料の1ヶ月分です。

賃貸契約の仲介手数料の相場は賃料の1ヶ月分ですので、部屋まるの仲介手数料は相場どおりと言えます。

実際に有名な仲介不動産会社は賃料の1ヶ月分の仲介手数料となることがほとんどです。

アパマンショップ 賃料の1ヶ月
ピタットハウス 賃料の1ヶ月
ハウスメイトショップ 賃料の1ヶ月
ホームメイト 賃料の1ヶ月
いい部屋ネット 賃料の1ヶ月
ハウスコム 賃料の1ヶ月
タウンハウジング 賃料の1ヶ月

また、仲介手数料には消費税も発生しますので、厳密にお伝えすると賃料の1ヶ月分+消費税となります。

「どうしても仲介手数料は抑えたい…」

このようにお考えの方は、筆者がおすすめする仲介手数料が安い不動産会社を下記の記事でご紹介しています。

よろしければ参考にご覧ください。

【賃貸営業マンおすすめ】仲介手数料が安い不動産屋7選!【最大無料】

仲介手数料が割引されている物件もある

部屋まるの仲介手数料は基本的に賃料の1ヶ月分となりますが、仲介手数料が割引されている物件もあります

部屋まる仲介手数料半額
出典:部屋まる公式サイト

部屋まる仲介手数料無料
出典:部屋まる公式サイト

上記のような割引物件を選択することで、仲介手数料を安く抑えて初期費用を節約することもできますね。

\部屋まるの物件を見てみる/

そもそも仲介手数料ってどんなお金?

仲介手数料とはお部屋探しをお手伝いした不動産業者に報酬として支払うお金です。

もちろん不動産業者も慈善事業ではありませんから、お客様に物件を紹介し成約となればその報酬をいただく形となります。

その報酬の名目が仲介手数料です。

  • 物件の紹介、物件の内見案内
  • 貸主(オーナー)への交渉
  • 契約手続き(書類作成や重要事項説明)
  • お部屋探しから鍵渡し・入居までのサポート
  • 管理物件の場合は入居後のアフターサービス

上記のように書き出していくと結構ありますよね。

仲介手数料は上記のようなさまざまなサービス料として支払う費用となります。

さらに詳しく仲介手数料について知りたい方は下記の記事も参考にご覧ください。

お部屋探し初期費用の仲介手数料って?金額相場や金額の違いを解説!

仲介手数料1ヶ月は違法?

お悩み女性1
お悩み女性

仲介手数料1ヶ月は違法って聞いたことあるけど…

仲介手数料が賃料の1ヶ月だと違法なの?

宅建業法では賃貸契約における仲介手数料について以下のように定められています。

居住用建物の報酬額

貸主から賃料の0.5ヵ月以内

借主から賃料の0.5ヵ月以内

依頼者の承諾がある場合は、いずれか一方から賃料の1ヵ月分を受け取ることが出来る。ただし、この場合も貸主と借主から受ける報酬の合計額は、賃料の1ヵ月以内でなければならない

仲介手数料は消費税の課税対象

原則は借主から賃料の0.5ヵ月以内とされていますが、

「依頼者の承諾があればいずれか一方から賃料の1ヵ月分を受け取ることが出来る」

としています。

つまりしっかりと借主から承諾を得ていれば、仲介手数料が賃料の1ヶ月分であっても違法とはなりません

また、仲介手数料は消費税の課税対象となりますので、賃料の1ヶ月+税まで請求が可能となっています。

ですので部屋まるをはじめ、現在多くの不動産会社では借主から承諾をもらい賃料の1か月分を受け取るものとして契約するケースが多いです。

部屋まるの仲介手数料は値引き交渉可能?

部屋まるの仲介手数料は値引き交渉可能?

お悩み女性1
お悩み女性

部屋まるの仲介手数料は安く交渉できるの?

「仲介手数料を安く契約したい!」

と誰もが思うことでしょう。

結論としては、契約する物件が部屋まるの大きな利益となる物件であれば、仲介手数料を割引してくれる可能性があります。

利益が高い物件①広告宣伝費が高い物件

仲介不動産会社は、お客様から頂く仲介手数料の売り上げの他に、管理会社から広告宣伝費(紹介料)がもらえることもあります

部屋まる賃貸契約のお金の動き

広告宣伝費は相場として賃料の1ヶ月分をもらえるケースが多いです。

また、数は少ないですが賃料の2ヶ月・3ヶ月分の広告宣伝費がもらえる物件もあります。

高額な広告宣伝費となれば、仲介手数料を割引してもしっかりとした利益を上げることができるので、仲介手数料を割引してくれる可能性もあると言えます。

利益が高い物件②自社管理物件

上記でお伝えした広告宣伝費がもらえる物件は部屋まるが自主管理をしていない他社物件でのケースです。

部屋まるの自社管理物件は他社物件よりもかなり大きな利益となる契約となります。

部屋まる自社管理物件 契約の関係図

  • 仲介手数料
  • 業務委託費
  • 初期費用の売上
  • 更新手数料
  • 退去費用の売上
  • 毎月の管理委託料
  • オーナーの信頼

など…他社物件に比べてかなり利益が高いことがお分かりいただけると思います。

このように利益が高い自社管理物件であれば仲介手数料の値引き交渉にも応じやすいと言えます。

また、最近は仲介手数料半額や仲介手数料無料の不動産会社も増えてきていますが、そのような不動産会社の多くは、

  • 高額な広告宣伝費がもらえる物件
  • 自社管理物件

上記2つの物件に絞っているので、紹介される物件数が少ない(対応可能な物件が少ない)などのデメリットがある点には注意が必要です。

反対に利益が低い物件も多い

反対に、広告宣伝費がほとんどもらえない物件や広告宣伝費が0円の物件も少なくありません

そのような物件では、どんなにうまく交渉を持ちかけようとも、どんなに粘りこんでも介手数料の値下げをすることは難しいと言えます。

仲介手数料の値引き交渉はあまりおすすめしない

契約する物件によっては高額な広告宣伝費がもらえたり、自社管理物件は利益が高いことは事実です。

しかしながら、筆者としては仲介手数料の値引き交渉はあまりおすすめしません

  • 物件の紹介、物件の内見案内
  • 貸主(オーナー)への交渉
  • 契約手続き(書類作成や重要事項説明)
  • お部屋探しから鍵渡し・入居までのサポート
  • 管理物件の場合は入居後のアフターサービス

仲介手数料には上記のサービス料としての意味合いが込められており、しっかりとサービスを受けた入居希望者(契約者)はその対価として支払うべき費用だと考えるからです。

また、あまりにしつこく仲介手数料の値引き交渉を行うと、担当営業マンに嫌われて結果として損をするケースも考えられます。

どうしても費用を抑えたい人は、仲介手数料の値引き交渉ではなく、

礼金交渉やフリーレント(前家賃無料)交渉

を行った方がよっぽど成功率が高いと言えます。

この点に関しましては下記の記事にて詳しく解説していますので、よろしければ参考にご覧ください。

仲介手数料の値下げ交渉は可能?7つのコツと3つのおすすめしない理由・

礼金交渉で失敗しない4つのコツ!【賃貸営業マンが教えます】

部屋まるの初期費用

部屋まるの初期費用

部屋まるの初期費用は決定した物件によって異なります

部屋まるは仲介不動産会社のため、さまざまな不動産会社の物件を紹介できますが、敷金や礼金などの初期費用は物件を管理する管理会社が決定するからです。

おおよその相場としては、初期費用が高い物件であればだいたい賃料の6ヶ月分、敷金礼金がない物件の場合は賃料の4ヶ月分~5ヶ月分の初期費用とお考えいただければ大きな相違は出ないでしょう。

部屋まるが取り扱っている物件は敷金礼金がない物件も多いので、賃料の4ヶ月分~5ヶ月分で収まる物件が多いと思います。

関連記事>>お部屋探し初期費用の相場は?引っ越し代や家具家電購入代も教えて!

初期費用の具体例を紹介

ここでは初期費用の具体例もお伝えしていきます。

もちろん物件によって保証会社費用や鍵交換費用などの詳細費用は異なりますが、大まかの目安にはなるはずです。

★敷金礼金なし・賃料50,000円・共益費3,000円の場合

敷金 0円
敷金 0円
賃料 50,000円
共益費 3,000円
仲介手数料 55,000円
火災保険 20,000円
家賃保証会社費用 26,500円
鍵交換代 16,500円
退去時清掃代 40,000円
合計 211,000円

上記のとおり、敷金礼金なしの物件の場合、おおよそ賃料の4ヶ月分の初期費用となります。

上記のケースでは日割り賃料や共益費が含まれていませんので、日割り賃料を加えることでもう少し高い初期費用となります

★敷金1ヶ月礼金1ヶ月・賃料50,000円・共益費3,000円の場合

敷金 50,000円
敷金 50,000円
賃料 50,000円
共益費 3,000円
仲介手数料 55,000円
火災保険 20,000円
家賃保証会社費用 26,500円
鍵交換代 16,500円
合計 271,000円

こちらは敷金礼金が1ヶ月ずつの初期費用プランです。

初期費用の合計金額はおおよそ賃料の5ヶ月分~6ヶ月分となりました。

ちなみに、敷金礼金なしの初期費用プランで発生していた「退去時清掃代」は、敷金がある契約の場合は原則発生しません

敷金が退去時清掃代に充てられるからです。

そのため、敷金がない物件でも代わりに「退去時清掃代」が発生するケースが多いので、意外と初期費用が安くならないちょっとしたカラクリがあります。

詳しい内容は下記の詳細記事をご覧ください。

敷金はあったほうがいい?敷金の値引き交渉はあまり意味がない

クレジットカード払いが可能な物件もある

部屋まるクレジットカード可能物件
出典:部屋まる公式サイト

さらに部屋まるではクレジットカードで初期費用を支払うことができる物件も多数あります。

初期費用をクレジットカードで支払いたい人は、部屋まる公式サイトでも特集ページから絞り込み検索ができますし、部屋まる担当スタッフに直接お問い合わせをするのも良いでしょう。

まとめ

部屋まるの仲介手数料についてまとめ

今回は部屋まるの仲介手数料と初期費用について詳しく解説をいたしました。

部屋まるの仲介手数料は賃料の1ヶ月分となり、相場どおりの金額となりますが、仲介手数料が半額や無料となっている物件も多いです。

そのような物件を狙うことで初期費用を抑えて契約することができるでしょう。

また、現在部屋まるでは、

契約者全員に最大1万円キャッシュバック!

上京応援キャンペーン12,000円キャッシュバック!

上記のキャンペーンも行われています。

まずは部屋まるの最新の物件情報を確認してみてくださいね。

\部屋まる公式サイトはこちら/


また、部屋まるについてさらに詳しく知りたい方は下記の記事もチェックです!

部屋まるの全てが分かる!口コミ評判を含めた7つの真実【ボンビーガールで話題の不動産屋】

ねこますく
皆様のより良いお部屋探しを心よりお祈り申し上げます。