大東建託の初期費用はいくら?交渉は可能?【賃貸営業マンが徹底解説!】

大東建託の初期費用はいくら?交渉は可能?【賃貸営業マンが徹底解説!】

「大東建託の初期費用っていくらだろう?

初期費用は値引き交渉できるかな?

大東建託の初期費用について詳しく知りたい!」

このような疑問にお答えします。

筆者は賃貸営業歴5年の賃貸営業マンです。

宅地建物取引士、賃貸不動産経営管理士の資格も保有しています。

全国に約117万戸も物件があり、管理戸数は25年連続1位となっている大東建託。
2021年管理戸数ランキングはこちら→【2021年】賃貸管理戸数ランキングTOP10を徹底解析!

大東建託の物件へのご入居を検討されている方も非常に多いことと思います。

しかし、大東建託の初期費用に関して疑問や不安をお持ちの方も多いのではないでしょうか?

そこで今回は大東建託物件の契約を100件以上結んできた筆者が、大東建託の初期費用について詳しく解説をしていきます。

  1. 初期費用は高いのか
  2. 初期費用の相場
  3. 値引き交渉について
  4. クレジットカード払い

おもに上記4つのポイントについて詳しく解説をしていきますので、この記事をお読みいただくことで大東建託の初期費用はバッチリです!

\初期費用0円でお引っ越し!/

スムーズ広告1

大東建託の初期費用はそこまで高くない

大東建託の初期費用はそこまで高くない

「大東建託の初期費用は高いのかな…」

このような不安をお持ちの方も多いと思いますが、

大東建託の初期費用はそこまで高くありません。

その理由としては、

  • 敷金礼金なし物件も多い
  • 鍵交換費用無料
  • 24時間サポート無料

上記の3つの理由が挙げられます。

一つひとつ解説をしていきます。

敷金礼金なし物件も多い

大東建託の物件は敷金・礼金がない物件が多いです。

敷金がない物件に関しては「定額クリーニング費」として退去時のクリーニング代を先払いするためそこまで安くはなりませんが、礼金がない物件が多いので礼金がある他の不動産会社の物件と比べて初期費用が安くなります。

ただし、築年数が浅い物件や新築物件に関しては礼金が発生する物件も多くなりますのでご注意ください。

鍵交換費用無料

大東建託物件はメモリーキーという特殊な鍵を使用しており、鍵交換作業のコストを大幅に削減しています。

そのため通常15,000円~20,000円程掛かる鍵交換費用が、大東建託物件では発生しません

24時間サポート無料

大東建託物件に契約すると「DK SELECT24」という24時間緊急トラブルサポートを無料で利用することができます。

通常、このような24時間緊急トラブルサポートは「2年毎に15,000円」が相場となっていますので、鍵交換費用と併せて大きく初期費用を抑えることが可能となっています。

緊急トラブルサポートを無料で利用できる点はまさに大手不動産会社の強みと言えますね。

大東建託の初期費用の相場

大東建託の初期費用の相場

実際に大東建託の初期費用がいくら掛かるのか気になる方も多いでしょう。

おおよその金額で大東建託の初期費用の相場をお伝えいたしますと、

初期費用の相場

  • 敷金礼金なし→賃料の4ヶ月分
  • 敷金礼金1ヶ月→賃料の5ヶ月分

上記のとおりとなります。

大東建託の初期費用を計算

さらにここでは大東建託の初期費用を実際に計算してみましょう。

より具体的な大東建託の初期費用が分かるはずです。

★賃料70,000円管理費3,000円敷金なし礼金なし定額クリーニング費50,000円の物件

敷金 なし
礼金 なし
賃料 70,000円
管理費 3,000円
仲介手数料 77,000円
契約時保証委託料 22,000円
月額保証委託料(2.2%) 1,606円
火災保険 15,000円
鍵交換費用 0円
定額クリーニング費 50,000円
合計 238,606円

上記の例の場合だと、賃料の4ヶ月分を切る初期費用となりました。

ただし、上記の例では日割り賃料が含まれていませんので、日割り賃料が発生する場合を想定するとちょうど賃料の4ヶ月分ほどの初期費用の金額となりますね。

一般的な賃貸契約の初期費用の相場が賃料の5ヶ月分程となりますので、大東建託の敷金礼金なし物件は一般的な初期費用の相場よりも安く契約することができます

関連記事>>お部屋探し初期費用の相場は?引っ越し代や家具家電購入代も教えて!

★賃料70,000円管理費3,000円敷金1ヶ月礼金1ヶ月の物件

敷金 70,000円
礼金 70,000円
賃料 70,000円
管理費 3,000円
仲介手数料 77,000円
契約時保証委託料 22,000円
月額保証委託料(2.2%) 1,606円
火災保険 15,000円
鍵交換費用 0円
合計 328,606円

上記が敷金1ヶ月礼金1ヶ月の初期費用プランとなります。

上記の例では賃料の5ヶ月分を切る形となり、日割り賃料が加わるとちょうど賃料の5ヶ月分ほどなりますね。

2つの初期費用の計算例からも、大東建託の初期費用は決して高くないことが分かります。

むしろどちらかと言えば相場よりも安い初期費用となるケースが多いので、

「できれば初期費用を安く抑えたい…」

という方にも大東建託物件はおすすめです。

ちなみに、敷金礼金なしの初期費用プランで発生していた「定額クリーニング費」は、敷金がある契約の場合は発生しません

敷金からクリーニング費の支払いができるからです。

そのため、敷金がない物件でも代わりに「定額クリーニング費」が発生するので、意外と初期費用が安くならないちょっとしたカラクリがあります。

詳しい内容は下記の詳細記事をご覧ください。

関連記事>>敷金はあったほうがいい?敷金の値引き交渉はあまり意味がない

大東建託には初期費用軽減プランもある

大東建託にはいくつかの契約プランがあり、その中には初期費用を安く抑えられる契約プランもあります。

定額クリーニング費後払いプラン
出典:大東建託公式サイト

上記でご説明したとおり、敷金なし物件の場合では定額クリーニング費が原則発生する形となりますが、この定額クリーニング費を後払いすることで初期費用を大幅に抑えることができます

しかしながら、筆者としてはクリーニング費後払いプランはおすすめできません。

保証委託料が5.5%となる
出典:大東建託公式サイト

定額クリーニング費後払いプランの場合、月々に支払う保証委託料が月額総賃料の5.5%に値上がりしてしまうからです。

たとえば先ほどの賃料70,000円共益費3,000円の物件の場合、月額4,015円も保証委託料として支払わなければいけなくなります。

通常の前払いプラン2.2%(1,606円)とでは大きな差となってしまいますよね。

そのため定額クリーニング費後払いプランでの契約は、

「どうしても初期費用を安くしたいかつ、短期入居が確定している人」

以外にはおすすめできないプランとなります。

また、保証委託料って何だろう?という方は、大東建託物件で利用する家賃保証会社ハウスリーブについて詳しくまとめている記事がございます。

保証委託料についてや入居審査の厳しさについて解説していますので、ぜひ参考にご覧ください。

ハウスリーブの審査はゆるい!知っておきたい5つのポイント!

大東建託の仲介手数料は仲介不動産会社によって異なる

大東建託物件の仲介手数料について疑問を感じている方も多いと思います。

大東建託物件はさまざまな仲介不動産会社で紹介ができますので、紹介してくれる仲介不動産会社によって仲介手数料は異なることになります

中には仲介手数料を安く契約してくれる仲介不動産会社も存在しますので、そのような仲介不動産会社を通して契約を結ぶことで仲介手数料を安く契約することができるでしょう。

また、仲介手数料が安い不動産会社については下記の記事にて解説していますので、よろしければ参考にご覧ください。

【賃貸営業マンおすすめ】仲介手数料が安い不動産屋7選!【最大無料】

関連記事

「仲介手数料が安い賃貸不動産屋ってどこだろう? 仲介手数料が安い賃貸不動産屋について知りたい!」 このような疑問にお答えします。 筆者は賃貸営業歴5年の賃貸営業マンです。 宅地建物取引士、賃貸不動産経営管理士の資格も[…]

【賃貸営業マンおすすめ】仲介手数料が安い不動産屋7選!最大無料

\無料!LINEでかんたん登録/

スムーズ広告2

大東建託の初期費用は安く交渉できる?

大東建託の初期費用は安く交渉できる?

大東建託の初期費用を安くしたい場合、値引き交渉を行うことで初期費用を安くできる可能性があります

そして最も初期費用の値引き交渉が通りやすい初期費用の項目は礼金です。

礼金がない物件の場合は前家賃を無料とするフリーレント交渉が有効となります。

初期費用の値引き交渉を成功させるコツは、

  1. 入居意思を明確にする
  2. ベテラン・デキる営業マンに担当をお願いする
  3. 営業マンと良好な関係を築く
  4. 閑散期に部屋探しをする
  5. 貸主側に有利な条件を提示する

おもに上記5つが大切です

詳しい上手な交渉方法は下記の記事にて解説しています。

ぜひ参考にご覧ください。

【成功率UP】初期費用や家賃の値下げ交渉術!賃貸営業マンが徹底解説!【交渉タイミングが大事】

いい部屋ネットへの来店で交渉も通りやすい

いい部屋ネットは大東建託グループの仲介不動産会社です。

そのため、紹介される物件は自社物件である大東建託物件が中心となります。

大東建託物件以外にも多くの物件を比較検討したい人には不向きとなりますが、大東建託物件を中心に検討したい人にはいい部屋ネットへの来店がおすすめです。

自社物件の利益率の高さ

いい部屋ネット(大東建託)にとって大東建託物件を契約してもらえることはとても利益が高い契約となります。

そのため、初期費用の値引き交渉や家賃交渉も通りやすくなるからです。

もちろん全ての物件で交渉が通るわけではありませんが、交渉自体は無料でできますので、ぜひ上手に交渉をしていただければと思います。

関連記事>>【いい部屋ネットの全てが分かる】22名の口コミ評判も含めた7つの真実

大東建託の初期費用はクレジットカード払い・分割払い可能?

大東建託の初期費用はクレジットカード払い・分割払い可能?

相場よりも比較的安めの初期費用となりやすい大東建託物件の初期費用でも、賃貸契約の初期費用はやはり高額となります。

そのため、初期費用をクレジットカード払いにしたい方や、分割払いにしたい方も多いと思います。

結論としては、

大東建託物件はクレジット払いが可能

となります。

また、クレジットカードを通しての分割払いは可能です。

さらに大東建託物件では、

  • 毎月の家賃
  • 退去時の退去費用

上記の費用もクレジットカード払いが可能なため、

賃貸契約で発生する全ての費用をクレジットカードで支払うことできます

筆者の知る限りでは、全ての費用をクレジットカード払いできるのは大東建託だけですので、

「初期費用も家賃も退去費用もクレジットカード払いにしたい!」

という方にも大東建託物件はおすすめとなります。

初期費用を分割払いしたい人にはスムーズがおすすめ

株式会社スムーズ
出典:スムーズ公式サイト

また、高い賃貸契約の初期費用を分割払いしたい人には「スムーズ」がおすすめです。

スムーズは「6回・12回・24回払い」で賃貸契約の初期費用を分割できるサービスとなっています。

つまりスムーズなら初期費用0円で契約が可能ということですね。

さらに、6回払いは手数料無料でご利用できますので、

「分割払いにしたいけど手数料は払いたくない…」

このような人にもおすすめです。

ご利用は無料のLINE登録から可能となっていますので、まずは下記より公式サイトをご覧になってみてください。

>>スムーズを見てみる

まとめ

大東建託の初期費用についてまとめ

今回は大東建託の初期費用について詳しく解説をいたしました。

大東建託の初期費用は相場よりも比較的安めとなるケースが多く、初期費用を抑えたい人に向いている物件と言えます。

さらに全ての費用をクレジットカード払いにできる点も大東建託物件の大きなメリットと言えるでしょう。

ぜひ当記事を参考にしていただき大東建託物件を検討してみてくださいね。

また、さらに詳しく大東建託について知りたい方は下記の人気記事も参考にご覧ください。

【大東建託の全てが分かる】21名の口コミ評判!9つの真実とは?

皆様のより良いお部屋探しを心よりお祈り申し上げます。

株式会社スムーズ
出典:スムーズ公式サイト

当ブログを最後までご覧いただき誠にありがとうございます。

現在お部屋探しをされている人の中には、下記のような悩みを抱えていらっしゃる方も多いのではないでしょうか?

  • 賃貸の初期費用が高くて引越しできない
  • 家賃は予算内だけど初期費用が高すぎる物件がある
  • クレジットカードの分割払いの手数料を払いたくない
  • 初期費用を分割後払いにしたいけどできなかった

賃貸契約の初期費用は賃料の5ヶ月~6ヶ月分前後掛かりますので、賃料10万円の物件の場合、60万円以上の契約金が必要な物件がほとんどです。

さらにお引越しには「家具家電購入代や引っ越し費用」なども発生しますので、これらの費用を含めると総額100万円以上となってしまうケースも少なくありません。

また、分割後払いにしたくてもクレジットカード払いに対応している不動産会社ではないと分割後払いにできない点も賃貸契約の大きなデメリットの一つです。

そんな高額となりやすい賃貸の初期費用を分割後払いにできるサービスが「スムーズ」です。

分割後払いに対応していない不動産会社の物件でも、スムーズを利用すれば分割後払いで初期費用を支払うことが可能となります

つまりスムーズならどんな物件でも初期費用0円で契約することができます。

さらにスムーズのすごいところは、

後払い手数料6回まで0円
出典:スムーズ公式サイト

6回払いまで分割手数料が0円で利用できる点です。

スムーズは12回払い・24回払いにも対応していますが、年率14%の手数料が発生してしまいますので、6回払いまでの利用にとどめておくとスムーズを無料で利用することができます

スムーズの利用はとってもかんたん。

  1. 無料でLINE登録
  2. LINEにて必要情報入力
  3. チャットで提案&物件探し
  4. 入居申込み・スムーズの審査
  5. ご入居・支払い開始

契約金はスムーズが立て替えて払ってくれるので、入居後の月々の支払いと併せて分割した初期費用を支払っていくだけです。

注意点は、

  • スムーズの利用にも審査がある
  • 首都圏・大阪・名古屋エリアで利用可能

となります。

現状では全国すべてのエリアでは利用できないサービスですが、首都圏・大阪・名古屋エリアでお探しで、初期費用にお悩みの方にはおすすめの新サービスとなります。

また、福岡エリアや北海道エリアも年内には利用できるようですので、福岡・北海道エリアでお探しの方もLINE登録だけしておくのも良いでしょう。

下記より公式サイトへ移動できますのでぜひご参照ください。

\初期費用のお悩みはこれで解決!/

6回払いまで手数料無料でご利用できます

詳細記事>>【手数料なし】賃貸の初期費用を分割後払いできるスムーズとは?口コミ評判を含めた7つのポイント!

 data-lazy-src=

お部屋探しに良い情報を。

このブログではお部屋探しに関するさまざまな情報を発信しています。

・お部屋探しの知識
・初期費用
・賃貸不動産会社
・賃貸情報サイト
・入居審査
・家賃保証会社
・シェアハウス
・マンスリーマンション

トップページではカテゴリーごとにおすすめの記事をご紹介しています。
よろしければご覧になってみてください。