ハウスリーブの審査はゆるい!知っておきたい5つのポイント!

「これからハウスリーブの審査を受けるけど…

ハウスリーブの審査は厳しいのかな?

審査に落ちてしまわないか不安…

ハウスリーブの審査について詳しく知りたい!」

このような疑問にお答えします。

筆者は賃貸営業歴5年の賃貸営業マンです。

宅地建物取引士、賃貸不動産経営管理士の資格も保有しています。

ハウスリーブは大東建託グループの家賃保証会社です。

そのため、大東建託物件を契約する際に使われる家賃保証会社であり、また、同じ大東建託グループのハウスコムでも利用される家賃保証会社でもあります。

大東建託は管理戸数117万戸で全国1位

仲介件数も大東建託グループで23万件で全国1位ですので、これからハウスリーブの審査を受ける方も非常に多いと思います。

しかしやはり入居審査に関して不安や疑問を感じている方も多いでしょう。

そこで今回はハウスリーブの審査について詳しく解説をしていきます。

  • 審査はゆるい!
  • 審査落ちとなるケース
  • 保証料
  • 審査必要書類
  • 審査日数

ハウスリーブの審査について知っておきたい5つのポイントを詳しく解説をしていきますので、この記事をお読みいただくことでハウスリーブの審査についてバッチリですよ!

\初期費用0円でお引っ越し!/
スムーズ広告1

ハウスリーブの審査はゆるい!

ハウスリーブの審査はゆるい!

ハウスリーブの入居審査に落ちてしまわないか不安な方も多いと思いますが、ハウスリーブの審査基準は比較的ゆるいです。

ですので、ハウスリーブの審査に対してそこまで不安にならなくても大丈夫です。

ハウスリーブの審査がゆるい理由は大きく3つあります。

  • 信用情報にキズがあってもOK
  • その他保証会社と情報共有もされていない
  • 入居審査の受け入れが広い

それぞれ一つずつ解説していきます。

信用情報にキズがあってもOK

家賃保証会社には大きく分けて「信販系の保証会社」「独立系の保証会社」がありますが、クレジットカードなどのローンの滞納歴や自己破産歴など…

個人信用情報を主として審査を行うのは信販系の保証会社となります。

しかし、ハウスリーブは信販系の保証会社ではなく、独立系の保証会社です。

そのため、個人信用情報にキズがある人でもハウスリーブの審査には全く影響がありません

ですので、ハウスリーブの審査では、収入に見合う家賃の物件を選択していれば、審査に通過できる可能性は高いと言えます。

クレジットカードや携帯代の滞納歴があると入居審査に落ちる?【賃貸営業マンが徹底解説!】

その他保証会社と情報共有もされていない

家賃保証会社の中は、

  • 全国賃貸保証業協会(LICC)
  • 賃貸保証機構(LGO)

上記のような協会や機構に加盟している保証会社も多く、それぞれの保証会社同士で情報共有をしているケースもあります。

ハウスリーブは賃貸保証機構(LGO)に加盟していますが、LGOの場合は加盟している保証会社同士で情報共有することはほとんどなく、独立した審査基準となるようです。

そのため、過去に違う保証会社で家賃滞納歴がある場合も、ハウスリーブの審査に悪影響を及ぼすことはほとんどないと言えます。

入居審査の受け入れが広い

また、ハウスリーブは入居審査の受け入れが広いことも審査がゆるい理由となります。

  • 無職
  • 高齢者
  • 生活保護
  • 外国籍

一般的に審査が厳しいとされる人でもハウスリーブの審査を受けることが可能です。

実際に筆者も100件以上の大東建託物件を契約していますが、

ハウスリーブの審査に落ちてしまった人は未だに一人もいません

筆者の経験も含めてもハウスリーブの審査はゆるいと言えるでしょう。

ハウスリーブで審査落ちとなってしまうケース

ハウスリーブで審査落ちとなってしまうケース

審査がゆるめである保証会社ハウスリーブの審査ですが、100%審査に通過できるわけではありません。

ハウスリーブの審査に落ちてしまう場合をまとめました。

  • 過去にハウスリーブで滞納をしたことがある
  • 収入に適していない家賃を選択
  • 言葉づかいや態度、身なりが悪い
  • 犯罪歴・前科がある

ひとつひとつ解説をしていきます。

過去にハウスリーブで家賃を滞納したことがある

過去にハウスリーブで家賃滞納やトラブルを起こしたことがある方は、ハウスリーブの審査に落ちてしまう可能性が高いです。

過去にハウスリーブを利用して滞納してしまっている方は、別の保証会社を利用する物件に変更するしかないでしょう。

収入に適していない家賃を選択

過去にハウスリーブで家賃を滞納したりしていなくても、収入に適していない家賃を選択すると審査に落ちてしまうこともあります。

基本的には月収の1/3までの家賃を設定すれば入居審査には問題ありません。

収入に適していない家賃に関しましては下記の記事にて詳しく解説をしています。

よろしければ参考にご覧ください。

【入居審査】必要な年収手取りはいくら?嘘の年収を書いても大丈夫?

言葉づかいや態度、身なりが悪い

直接、ハウスリーブの審査と関係している訳ではありませんが、不動産会社に対しての言葉づかいや態度、身なりが悪い人は「入居後のトラブルを起こす人物」と判断されて入居審査に落ちてしまう可能性があります。

不動産会社に来店する時には言葉づかいや態度、身なりにはできる限り気を付けましょう。

犯罪歴・前科がある

過去に犯罪歴や前科がある方は入居審査に通過することができません。

ハウスリーブの審査に限らず、多くの保証会社で審査に通過することが難しいでしょう。

\無料!LINEでかんたん登録/
スムーズ広告2

ハウスリーブの保証料

ハウスリーブの保証料

ハウスリーブではいくつか商品プランがございますが、ここでは最も利用者が多い大東建託物件のハウスリーブ保証料を解説していきます。

★ハウスリーブの保証料

契約時22,000円・月々の保証料→総賃料の2.2%

※学生の入居者の場合は月々総賃料の1%の割引プランあり

契約時22,000円は相場に近い金額ですが、月々総賃料の2.2%は相場に比べて高めです。

また、入居者が学生の場合はKIZUNAプランと呼ばれる月々の保証料が1%となる割引プランもあります。

さらにハウスリーブの保証料は大東建託の契約プランによっても金額が異なります。

★ハウスリーブの保証料(クリーニング代後払いプラン)

契約時22,000円・月々の保証料→総賃料の5.5%

定額クリーニング代を後払いにして初期費用を抑えられるメリットがある契約プランですが、月々の保証料→総賃料の5.5%は非常に高くおすすめできません

たとえば総賃料が80,000円の物件に入居する場合の月々5%の保証料は4,400円にもなります。

管理費や共益費と同等かそれ以上の金額となってしまいますね…

ですのでクリーニング代後払いプランは、

「とにかく初期費用を抑えたい&短期の入居が確定している」

人以外は避けるべき契約プランと言えます。

ハウスリーブの審査必要書類

ハウスリーブの審査必要書類

ハウスリーブの入居審査に必要な書類は下記のとおりです。

会社員 社会保険証・顔写真付き身分証
フリーター 顔写真付き身分証・所得証明書
自営業 顔写真付き身分証・確定申告書等
新社会人 顔写真付き身分証・内定通知書・見込み年収が分かるもの
無職 顔写真付き身分証・残高証明書
生活保護 顔写真付き身分証・保護決定通知書
年金受給者 顔写真付き身分証・年金支払通知書

それぞれ審査を受ける方によって異なります。

また、追加書類が必要なケースもございますので、審査必要書類に関しては入居申し込みの際に必ず確認するようにしましょう。

ハウスリーブの審査日数

ハウスリーブの審査日数

ハウスリーブの審査期日数は比較的早いです。

入居申し込み当日に審査結果が出てくることも珍しくないでしょう。

ハウスリーブの審査は遅くとも2日~3日には結果が出ることがほとんどだと思います。

ハウスリーブの審査結果が3日以上経っても出てこない場合、書類不備などの問題が発生している可能性があります。

入居審査期間の詳しい内容は下記の記事にて解説をしていますので、よろしければ参考にご覧ください。

賃貸入居審査の期間はどのくらい?即日で結果出る?【賃貸営業マンが徹底解説します】

まとめ

ハウスリーブの審査についてまとめ

今回はハウスリーブの審査について詳しく解説をしました。

ハウスリーブの審査では個人信用情報を確認されることはありませんので、クレジットカードの滞納歴や自己破産歴がある人でもハウスリーブの審査では全く問題ありません。

ですので、ハウスリーブの審査は比較的ゆるめと言えます。

過去に家賃滞納をしたことがなく、収入に対して適した家賃の物件を選択していれば多くのケースで審査承認となるでしょう。

皆様のより良いお部屋探しを心よりお祈り申し上げます。

株式会社スムーズ
出典:スムーズ公式サイト

当ブログを最後までご覧いただき誠にありがとうございます。

現在お部屋探しをされている人の中には、下記のような悩みを抱えていらっしゃる方も多いのではないでしょうか?

  • 賃貸の初期費用が高くて引越しできない
  • 家賃は予算内だけど初期費用が高すぎる物件がある
  • クレジットカードの分割払いの手数料を払いたくない
  • 初期費用を分割後払いにしたいけどできなかった

賃貸契約の初期費用は賃料の5ヶ月~6ヶ月分前後掛かりますので、賃料10万円の物件の場合、60万円以上の契約金が必要な物件がほとんどです。

さらにお引越しには「家具家電購入代や引っ越し費用」なども発生しますので、これらの費用を含めると総額100万円以上となってしまうケースも少なくありません。

また、分割後払いにしたくてもクレジットカード払いに対応している不動産会社ではないと分割後払いにできない点も賃貸契約の大きなデメリットの一つです。

そんな高額となりやすい賃貸の初期費用を分割後払いにできるサービスが「スムーズ」です。

分割後払いに対応していない不動産会社の物件でも、スムーズを利用すれば分割後払いで初期費用を支払うことが可能となります

つまりスムーズならどんな物件でも初期費用0円で契約することができます。

さらにスムーズのすごいところは、

後払い手数料6回まで0円
出典:スムーズ公式サイト

6回払いまで分割手数料が0円で利用できる点です。

スムーズは12回払い・24回払いにも対応していますが、年率14%の手数料が発生してしまいますので、6回払いまでの利用にとどめておくとスムーズを無料で利用することができます

スムーズの利用はとってもかんたん。

  1. 無料でLINE登録
  2. LINEにて必要情報入力
  3. チャットで提案&物件探し
  4. 入居申込み・スムーズの審査
  5. ご入居・支払い開始

契約金はスムーズが立て替えて払ってくれるので、入居後の月々の支払いと併せて分割した初期費用を支払っていくだけです。

注意点は、

  • スムーズの利用にも審査がある
  • 首都圏・大阪・名古屋エリアで利用可能

となります。

現状では全国すべてのエリアでは利用できないサービスですが、首都圏・大阪・名古屋エリアでお探しで、初期費用にお悩みの方にはおすすめの新サービスとなります。

また、福岡エリアや北海道エリアも年内には利用できるようですので、福岡・北海道エリアでお探しの方もLINE登録だけしておくのも良いでしょう。

下記より公式サイトへ移動できますのでぜひご参照ください。

\初期費用のお悩みはこれで解決!/

6回払いまで手数料無料でご利用できます

詳細記事>>【手数料なし】賃貸の初期費用を分割後払いできるスムーズとは?口コミ評判を含めた7つのポイント!

 data-lazy-src=

お部屋探しに良い情報を。

このブログではお部屋探しに関するさまざまな情報を発信しています。

・お部屋探しの知識
・初期費用
・賃貸不動産会社
・賃貸情報サイト
・入居審査
・家賃保証会社
・シェアハウス
・マンスリーマンション

トップページではカテゴリーごとにおすすめの記事をご紹介しています。
よろしければご覧になってみてください。