お部屋探しのコツ・知識

同棲カップルに贈る!賃貸プロおすすめの間取りランキング!

同棲カップルに贈る!賃貸プロおすすめの間取りランキング!
お悩み女性
お悩み女性

来月から彼氏と同棲をする予定…

カップルの同棲にはどの間取りが良いのかな?

カップルの同棲におすすめな間取りが知りたい!

このような疑問にお答えします。

筆者は賃貸営業歴5年の賃貸営業マンです。

これまでに1000件以上の成約を頂いてきました。

宅地建物取引士、賃貸不動産経営管理士の資格も保有しています。

これから同棲をお考えのカップルの方々は期待に胸を膨らませていることと思います。

楽しくお部屋を探したり、家具家電を買い揃えたりする楽しみもあります。

しかしそれと同時に、

「どういった間取りを選べばいいんだろう?」

お部屋探しに関しての疑問や悩みにぶつかる人も多いはずです。

今回は賃貸営業マンの筆者が、

「同棲カップルにおすすめの間取り」

をランキング形式でお伝えしていきます!

是非この記事を参考にあなたにとってベストな間取りを選んでくださいね!

ちなみに新婚夫婦の方の場合では筆者がおすすめする間取りが異なってきます。

新婚夫婦の方は是非上記の記事も参考に間取りをお決めいただけますと幸いです!

同棲カップルおすすめ間取り1位:1LDK

1LDKの間取り

賃貸営業マンの筆者が同棲カップルの方におすすめしたい間取り第1位は1LDKです。

二人の空間を大切にできる広々としたリビングダイニングキッチン(LDK)を確保しつつ、寝室は別で一部屋確保出来ます。

新婚夫婦の方には2LDKが一番理想的な間取りで人気が高いのですが、同棲カップルの方には2LDKから一部屋無くなった分、家賃を抑える事が出来る1LDKが一番おすすめです。

築年数も浅い物件が多く、キレイな物件が多いという点も若いカップルさんに人気の秘訣です。

結婚前のお試し同棲としては非常に理想的な間取りと呼べるのではないでしょうか。

一般的な1LDKの広さは上記の画像のような物件で、LDKが10帖~12帖で一部屋の居室が6帖前後の上記のような広さとなります。

1LDKにはさまざまなタイプがある

1LDKの良さはさまざまな部屋タイプの間取りがあり、バリエーションが豊富なことです。

例えば下記のような「小さめの1LDK」や「大きい1LDK」のようなタイプです。

小さめ大きめの1LDKタイプ

小さめなコンパクト1LDKにすることにより、家賃が抑えられるので特に若いカップルの方で「ひとまずお試しに同棲してみよう」という方にはおすすめの間取りです。

逆に大きい1LDKのタイプは、荷物が多いカップルの方や新婚さんにもおすすめ出来る1LDKのタイプとなります。

続いて、下記のような「居室とLDKがくっついているタイプ」と「居室がLDKと離れたタイプ」でも部屋タイプが分かれてきます。

さまざまなタイプの1LDK

居室がLDKとくっついているタイプの1LDKはかなり広いワンルームとしても利用が出来ます。

上記の物件の例でいくと合計で20帖近い空間となるので、自由度の高いレイアウトが可能です。

反対に、居室が離れたタイプの1LDKはリビングと寝室をしっかり分けたい方におすすめの1LDKと言えます。

同棲カップル1LDKのメリット

  • 広々としたリビング空間を確保出来る
  • 一緒にいる時間を長く保てる
  • 築年数が新しい物件が多い
  • 設備が充実した物件が多い
  • 2LDKに比べて費用面を抑える事が出来る
  • さまざまなタイプの部屋を選べる

1LDKのメリットをまとめました。

一つ一つ詳しく解説していきます。

広々としたリビング空間を確保出来る

1LDKの最大のメリットと言ってもいいのが広々としたリビング空間を確保出来ること

広々とした空間を確保することにより、大きめのソファーが置けたり、お好みの棚を置けたり大きめのテレビを置けたり…

自由度の高いレイアウトが可能となります。

また、LDKとなることにより女性に人気のカウンターキッチンとなっている物件が多いので、カウンターキッチンを希望されるカップルの方にもおすすめできます。

一緒にいる時間を長く保てる

1LDKは「一緒にくつろげるLDKの空間」「一緒に寝る寝室」の2つの空間で生活をするので一緒にいる時間を長く保つことが出来ます。

付き合って間もないカップルの方や、一人の時間よりも一緒にいる時間を大切にしたい方にも1LDKはおすすめです。

築年数が新しい物件が多い

1LDKは2000年前後くらいから非常に多く建築されるようになった間取りです。

そのため築年数が新しい物件が多く、築年数の新しさにこだわりを持ちたいカップルの方にもおすすめしやすい間取りとなります。

設備が充実した物件が多い

築年数が新しい物件が多いので、設備が充実した物件が多いのも1LDKの特徴です。

TVモニターホン、オートロックなどのセキュリティ面をはじめ、ウォシュレット、カウンターキッチン、3口IHコンロ、独立洗面台、追い炊き機能…

設備面をこだわりたい方も1LDKの間取りはおすすめできます。

2LDKに比べて費用面を抑える事が出来る

当然ながら2LDKよりも居室が一部屋少なくなるので、家賃を抑える事ができます。

家賃を抑えるということは初期費用も抑える事が出来るので、新婚さんよりも資金面で余力が少ないことが多い同棲カップルさんには1LDKがおすすめとなります。

さまざまな部屋タイプを選べる

1LDKはさまざまな部屋タイプを選ぶことが出来ます。

費用を抑えたい方はコンパクトな1LDK、かなり広々とした空間が欲しい方は居室とLDKがくっついているタイプを選択するなど、選択の幅が広がる事も1LDKの大きな魅力です。

同棲カップル1LDKのデメリット

  • 2DKや3DKその他の間取りと比べて家賃が高い
  • 広さが足りない可能性がある
  • プライベートな空間を保てない
  • 喧嘩した時に気まずい

1LDKのデメリットの方も一つ一つ解説していきます。

1DKや2DK、3DKと比べて家賃が高い

2LDKよりも家賃が安い1LDKですが、「1DK、2DK、3DK」と比べると家賃は高くなります。

それは築年数が新しい物件が多いためです。

費用面重視でお探しされる方には1LDKは合わないでしょう。

広さが足りない可能性がある

実際に1LDKに住んでみたけど広さが足りなかった…

というカップルさんも少なくないようです。

同棲を始めた当初は何とか足りていた広さも、生活を送るにつれて荷物が増え、徐々に広さが足りなくなっていってしまう可能性もあります。

ですが、筆者の意見としては初めて同棲をされるカップルの方に関しては「結婚に向けてのテスト期間」という考えで住まわれるのが良いのではと思います。

1LDKで同棲してみて広さが足りないようなら、実際に結婚した際に2LDKの物件に引っ越すといった選択も出来るでしょう。

そういった意味でも同棲カップルさんには最初から広い2LDKではなく、まずは1LDKで費用面を抑えながら広さに関しても確認していく形が望ましいと思います。

プライベートな空間を保てない

1LDKでは基本、個人の居室を確保出来ないので、

「寝室は別々にしたい」

「プライベートな空間は保ちたい」

という方には1LDKはおすすめできません。

2DK以上の二部屋確保出来る間取りがベストと言えます。

喧嘩した時に気まずい

一緒にいる時間を大切にしたいカップルさんにおすすめできる1LDKですが、反対に喧嘩した時に気まずいといったデメリットも存在します。

リビングと居室一部屋しかないため、逃げ場が少なく喧嘩した時は非常に生活がしづらくなってしまうでしょう。

同棲カップルさんの1LDKの間取りで一番のデメリット部分と言えるかもしれません。

実際に1LDKに住んでみた同棲カップルの感想

 

Twitterから実際に1LDKに住まわれた同棲カップルさんの感想を集めました。

やはり一緒にいる時間が長くなることで、より親密な関係性を築き上げることが最大のメリットでしょう。

しかし反対に、しっかりプライベートな空間が欲しい方、寝室を分けたい方に関しては1LDKの間取りはかなりストレスに感じてしまうと思うので2DKや2LDKの物件を選択した方が良いですね。

 

Sponsored Link

同棲カップルおすすめ間取り2位:2DK

2DKの間取り

2DKは2つの居室にダイニングキッチン(DK)が備わっているタイプのお部屋です。

ちなみに、このダイニングキッチンが10帖以上となると2LDKとなり、4.5帖未満だと2Kの間取りとなります。

2DKの場合、一般的にダイニングキッチンをリビングスペースとして使用することが難しいので、2つの居室を寝室とリビングに分けて使用する形となります。

2つの居室を使える点は利点ですが、それぞれ6帖の広さの物件が大半ですので、一部屋の広さに難が出る可能性があります。

1LDKや2LDKのように広いリビング空間がないので、レイアウトの自由度も低いです。

また、築年数が20年以上となる物件が多く、1部屋が和室となる物件も多くなります。

その分、1LDKや2LDKよりも家賃が安くなるので、費用面を重視される同棲カップルさんには一番おすすめしたい間取りです。

同棲カップル2DKのメリット

  • 家賃が安い物件が多い
  • 二部屋確保出来る
  • 和室がある物件も多い

2DKのメリットを一つ一つ解説していきます。

家賃が安い物件が多い

2DKの大きな魅力の一つが家賃の安さです。

2DKは築年数が20年以上の物件が多くなる為、築年数が浅い物件が多い1LDKや2LDKと比べると家賃を大幅に抑える事が出来ます。

さらに初期費用も抑えられるので、特に費用面を重視してお探しされる同棲カップルさんにはおすすめできる間取りです。

二部屋確保出来る

二部屋確保出来ることも2DKの大きな魅力となります。

1LDKのデメリットとなる「寝室を分けることが出来ない点」や「プライベートな空間を確保出来ない点」を2DKならしっかり克服する事が出来ます。

プライベートを重視したい同棲カップルさんにもおすすめの間取りです。

和室がある物件も多い

フローリングと和室だとフローリングを希望される方が多いですが、中には和室を希望される方もいらっしゃるでしょう。

1LDKや2LDKで和室の物件を探すとなると非常に選択肢が狭まりますが、2DKであれば和室がある物件も非常に多いです。

一部屋和室を希望される方は2DKや3DKの間取りを選択されると希望の条件に辿り着きやすくなりますよ。

同棲カップル2DKのデメリット

  • レイアウトの自由度が低い
  • 築年数が古い物件が多い
  • 設備面も古い物件が多い
  • 和室がある物件が多い

続いて2DKのデメリットを解説していきます。

レイアウトの自由度が低い

2DKの間取りは1LDKや2LDKのように広い空間を確保する事が出来ないため、レイアウトの自由度が低いというデメリットがあります。

ソファー置きたい方やレイアウトにこだわりたい方には不向きの間取りと言えるでしょう。

築年数が古い物件が多い

2DKは築年数が20年以上の物件が多いです。

その分、家賃が抑えられるというメリットが生まれているのですが、築年数に重きを置いてお部屋探しをされる同棲カップルさんだと2DKの物件は一気に選択肢の幅が狭まってしまいます。

設備面も古い物件が多い

築年数が古くなると当然設備面も古い物件が多くなります。

TVモニターホン、オートロック、ウォシュレット、追い炊き機能など…

皆さんそれぞれ希望される設備があるとは思いますが、2DKの物件だと希望される設備が付いていない事も多くなってきます。

2DKの物件の場合は設備面は多少妥協が必要となってくるでしょう。

和室がある物件が多い

どちらかと言えば和室よりもフローリングが好まれる近年。

2DKは比較的和室ある物件が多いので、

「和室がある物件はちょっと…」

というようなカップルさんだと2DKの物件は選択肢が狭まってしまう可能性があります。

実際に2DKに住んでみた同棲カップルの感想

Twitterでの2DKに住まわれた方の感想です。

Twitter上の反応では1LDKよりも2DKの方が高評価が多い印象でした。

やはり二部屋あることでプライベートな時間も確保しやすいという点が非常に大きいのでしょう。

築年数にあまりこだわりがない方は、家賃も安くなりますし2DKの間取りも非常におすすめですよ!

 

Sponsored Link

同棲カップルおすすめ間取り3位:2LDK

2LDKの間取り

2LDKも物件によって大きさは異なっていきますが、上記のようなLDK12帖、居室2部屋が6帖前後の2LDKの物件が一般的な広さです。

広々とした空間のLDKに居室が二部屋。

まさに1LDKと2LDKのそれぞれ良いとこ取りをした間取りと言えます。

しかし、それ故に家賃や初期費用が高いといったデメリットがあります。

また、同棲カップルさんによっては広すぎてしまう可能性もあるので、理想的な間取りではありますが必ずしも万人に喜ばれるとは限りません。

同棲カップル2LDKのメリット

  • 広々としたリビング空間を確保出来る
  • 二部屋確保出来る
  • 築年数が新しい物件が多い
  • 設備が充実した物件が多い
  • 広さに困ることがない

2LDKのメリットを一つ一つ解説していきます。

広々としたリビング空間を確保出来る

1LDKのメリット同様に広々としたリビング空間を確保出来ることが2LDKの大きなメリットです。

ソファーを置いたり、テレビを置いたりおしゃれな棚を置いたり…

自由度の高いレイアウトが可能となりますね。

そして1LDK同様にカウンターキッチンとなっている物件が多いので、カウンターキッチンを希望されるカップルの方も選択肢の幅がしっかり広がります。

二部屋確保出来る

さらに2LDKは、2DK同様に二部屋確保出来るという大きなメリットも兼ね備えています。

1LDKで最大のデメリットとなったプライベートな空間を確保出来ないという点も、2LDKならしっかり解消できますね!

築年数が新しい物件が多い

1LDK同様に2LDKも築年数が新しい物件が多いです。

その分、家賃は高くなりますが築年数の新しさにこだわりを持っている方は1LDKか2LDKがおすすめとなります。

設備が充実した物件が多い

築年数が新しいことで設備も当然新しくなり、最新の設備が付いている物件も多いです。

特に積水ハウスのシャーメゾンや大和ハウスのd-roomなど、大手ハウスメーカーの物件は非常に高品質な賃貸物件となっています。

広さに困ることがない

1LDKや2DKでは広さが足りない可能性も出てきますが、同棲カップルの方で2LDKの広さがあればまず広さに困ることはほとんどないはずです。

広さが足りるか心配な方や、とにかくたくさんの荷物があるという方は2LDKの間取りが良いでしょう。

同棲カップル2LDKのデメリット

  • 家賃が高い
  • 広すぎる可能性がある

2LDKのデメリットも詳しく解説していきます。

家賃が高い

2LDKは築年数が新しい物件が多く、設備も充実していて、広さもしっかり確保出来る。

そのためどの間取りよりも家賃が一番高くなります。

さらに初期費用もどの間取りよりも高くなりますので、費用面で余裕があるカップルの方でないと2LDKという選択肢は厳しくなってきてしまいます。

当然、築年数が古い2LDKもありますし、駅から離れるなどその他の条件が悪く家賃が安い物件もありますので、そうした家賃が安い2LDK物件を狙う手もあります。

広すぎる可能性がある

同棲カップルさんの場合だと2LDKだと広すぎる可能性があり、結局無駄な費用を払ってしまうという事にもなりかねません。

広すぎると掃除が大変になるというデメリットもあります。

新婚さんでお子様が生まれてちょうどいいくらいの広さがある2LDK物件が多いので、カップルの方の場合で2LDK物件を選択される際は

「本当に2LDKの広さが必要なのか」

最後にパートナーとよく話し合って決定した方が良いでしょう。

実際に2LDKに住んでみた同棲カップルの感想

プライベートな空間をしっかり確保出来るといった点でおすすめしている方が多い反面、「家賃が高い」「広すぎる」といったネガティブワードもしっかり出てきます。

こう言った点を踏まえると、築年数が古くなるけどプライベートを確保出来る2DKか、築年数が新しくて、一緒にいる時間を大切にしていく1LDKの方が筆者はおすすめしたいですね。

 

Sponsored Link

同棲カップルおすすめ間取り4位:1DK

1DK

同棲カップルの方におすすめの間取り4位は1DKとなりますが、正直特におすすめしたいのは上記3位までで、ここからの4位以下は賃貸営業マンの筆者として同棲ではあまりおすすめできない間取りとなります。

ですのでこの4位以降はおすすめできない点を中心に解説していきます。

1DKは、DKが8帖未満で一部屋の居室があるタイプが1DKとなります。

DKが8帖以上となると1LDKとなるので、上記の物件はかなり1LDKに近い物件となりますね。

上記の物件は約36㎡あるのですが、1DKで同棲する場合は少なくとも35㎡はないと同棲するには狭すぎるお部屋となります。

さらに1DKの物件の場合は、「二人入居不可(単身限定)」と決まっている物件も多いので「二人入居が可能であるか」という点もしっかり確認しながらお部屋探しを行っていきましょう。

同棲カップル1DKのメリット

  • 家賃が安い
  • 一緒にいる時間を大切にできる
家賃が安い

広さが確保できなくなる分、家賃が安くなることがメリットとなります。

荷物が少ないカップルさんで、日中もほとんど部屋にいないといった生活スタイルの場合は費用面重視で1DKを選択されるのもアリだと思います。

一緒にいる時間を大切にできる

1LDKのコンパクト版のような間取りですので、一緒にいる時間を大切にできる点も1DKの魅力です。

1DKは広さや機能面重視というよりも、費用面を抑えて一緒にいる時間を大切にしたい若いカップルさん向けの間取りと言えます。

同棲カップル1DKのデメリット

  • 狭い
  • そもそもの物件数が少ない
  • プライベートな空間を確保出来ない
狭い

そもそも1DKは同棲するというよりも、単身者向けに造られた間取りであることがほとんどです。

ゆえに、「二人入居不可(単身者限定)」となっている物件も多く、選択の幅がかなり狭い間取りであると言えます。

しかし、中には上記のような1LDKのコンパクト版の1DKで「二人入居可能」となっている物件も存在します。

それでも正直同棲するには狭いお部屋となってしまいますので、筆者としては同棲カップルさんにはほとんどおすすめしない間取りです。

そもそもの物件数が少ない

1DKという間取りはそもそも建築されている物件が少なく、候補に挙がってこないという事の方が多いです。

ただ稀に、掘り出し物があるケースも存在しますので、物件数が少ないからといって全くチェックしないという事はせずに、ひとまず物件情報はチェックするようにしましょう。

もしかしたら条件にピッタリな1DKの物件に空き情報が出ているかもしれません。

プライベートな空間を確保出来ない

1LDK同様に、プライベートな空間を確保出来ない点も大きなデメリットです。

「一人の時間を大切にしたい」

「プライベートな空間をしっかり確保したい」

このようなカップルさんは2DK以上の物件を選択するようにしましょう。

実際に1DKに住んでみた同棲カップルの感想

1DKの間取りで同棲されている方は結構いらっしゃいましたが、やはり狭いというワードが圧倒的に多かったです。

その中でも「お互いの距離が近くなる」といった点でポジティブな意見も多かったです。

一緒にいる時間を大切にして、そして費用面も抑えたい方には1DKの間取りもおすすめできます。

 

Sponsored Link

同棲カップルおすすめ間取り5位:3DK

3DKの間取り

3DKは6帖前後の居室が3部屋と、6帖前後のDKがあるお部屋です。

2LDKよりも3DKの方が広いような感じもしますが、一つの居室とDKが合わさったものが2LDKとなるので、2LDKと3DKの広さはそこまで変わらない形となります。

広い空間を保てるLDKが欲しいか、3つ居室が欲しいかの違いです。

3DKも2DKと同じく基本的には築20年以上の建物となる事が多いです。

そのため、築年数が浅い傾向のある1LDKや2LDKよりも家賃や初期費用を抑える事が出来ます。

また、3DKの場合、3部屋あるうちの1部屋はほとんど和室であることが多いです。

和室に抵抗感のない方は問題ありませんが、「和室は嫌だなぁ」とお考えの方には3DKの間取りだとかなり選択肢が狭まってしまうでしょう。

同棲カップル3DKのメリット

  • 広さで悩む心配がない
  • 3部屋確保出来る
  • 家賃や初期費用が比較的安い
広さで悩む心配がない

3DKも2LDK同様に、同棲カップルの方であればまず広さで悩む心配がありません。

逆に広すぎて悩んでしまうくらいだと思います。

同棲して荷物が増えてきても3DKなら全く問題ありません。

3部屋確保出来る

2DK、2LDKからさらに一部屋増えたので、

「彼氏・彼女それぞれのプライベートルームを確保してさらにリビングも確保出来る」

といった贅沢な利用も出来ます。

それぞれが多趣味で荷物が非常に多く、それでいて一人の時間を大切にしたいカップルさんにはおすすめできる間取りですね。

家賃や初期費用が安い

3DKは築年数が20年以上の物件が多いため、1LDKや2LDKよりも家賃や初期費用が安いです。

費用面と広さを重要視されるカップルさんにもおすすめできる間取りです。

同棲カップル3DKのデメリット

  • 広すぎる…
  • 築年数が古い物件が多い
  • 設備面も古い物件が多い
  • 和室がある物件が多い
広すぎる…

同棲カップルさんにとって3DKという間取りの広さは正直広すぎてしまいます。

実際に筆者は昔、同棲で3DKの物件に住んだことがありましたが、完全に一部屋持て余してしまっていました。

その物件は敷金礼金なしでフリーレントも付いていて初期費用が安かったし、「広い分には全然いいや」といった気持ちで契約したのですが、3DKの分、2DKよりも家賃は高くなりますし掃除も面倒、そして部屋の広さに余裕があるので物がどんどん増えてしまう悪循環に陥りました…

ですので、よほど荷物が多かったり3部屋絶対必要!という事でなければ一部屋少なくして2DKの物件や1LDKの物件の方がおすすめです。

築年数が古い物件が多い

2DKと同様に築年数が古い物件が多いので、築年数が浅い物件をお探しされている方だと3DKでは希望条件に近い物件を見つける事は難しいです。

設備面も古い物件が多い

築年数が古くなると当然設備面も古い物件が多くなります。

2DKの物件と同様に、3DKの物件の設備面は妥協が必要となってきます。

和室がある物件が多い

3DKの物件は2DK物件以上に和室がある物件が多くなります。

和室があっても良いという考えで物件を探さないと3DKの場合は一気に選択肢の幅が狭まってしまうのでご注意下さい。

実際に3DKに住んでみた同棲カップルの感想

筆者のお客様ではあまり同棲カップルの方で3DKを選ばれる方は少ないのですが、Twitter上では想像以上に3DKで同棲されている方は多かったです。

ただやはり「一部屋余ってしまう」といったツイートがチラホラ見られましたね。

一般的には2DKの広さで問題ないと思いますが、広さに余裕を持ちたい方や荷物が多いカップルの方は3DKを中心にお部屋探しされると良いでしょう。

 

Sponsored Link

同棲カップルおすすめの間取り 比較表

同棲カップルにおすすめの間取り1DK~3DKを下記の項目ごとにそれぞれ比較した表をまとめました。

  • 広さ(㎡数)
  • 築年数
  • 家賃や初期費用

一つ一つ表を用いて解説していきます。

★広さ(㎡数)

1DK30㎡~40㎡
2DK40㎡~50㎡
1LDK40㎡~50㎡
2LDK50㎡~70㎡
3DK50㎡~70㎡

物件により当然異なっていきますが、大体2DKと1LDKは同じくらいの広さとなる事が多く、2LDKと3DKが同じくらいの広さとなる事が多いです。

そして1DKの物件は最低でも35㎡はないと、同棲するのにはかなり手狭なお部屋となってしまいます。

荷物が多いカップルの方やプライベートを確保できる居室がしっかりほしい方は2LDKや3DKの間取りが理想でしょう。

★築年数

1DK古い物件が多い
2DK古い物件が多い
1LDK新しい物件が多い
2LDK新しい物件が多い
3DK古い物件が多い

1DK、2DK、3DKの物件は2000年以降建てられた物件が少なく、築年数が20年以上経過している古い物件が多くなっていきます。

反対に1LDK、2LDKは築年数が浅い物件が多いので、築年数を重視してお探しされるカップルの方は1LDKや2LDKを中心にお探しされると希望の物件に辿り着きやすいでしょう。

★家賃や初期費用

1DK一番安い
2DK安い
1LDK高い
2LDK一番高い
3DK比較的安い

家賃が一番安いのは築年数が古く、広さも一番狭い1DK

反対に一番家賃が高いのは広さも取れて築年数が浅い2LDKとなります。

2LDKは非常に理想的な間取りですが、やはり家賃や初期費用などの費用面が大きなデメリットとなります。

1DKは費用面を抑えられるものの、やはり同棲するには狭い物件が多く、よほど荷物が少ないカップルの方でないとおすすめはできません。

ですので、家賃や初期費用などの費用面を一番重視されるカップルの方には2DKや3DKがおすすめになります。

また、同棲カップルの家賃相場や注意点が気になる方は下記の記事もご覧になってみてください。

 

Sponsored Link

同棲カップルおすすめの間取りまとめ

同棲カップルにおすすめの間取り

今回は同棲カップルにおすすめな間取りをランキング形式でお伝えしました。

改めてランキングを振り返りますと、

  • 1位:1LDK
  • 2位:2DK
  • 3位:2LDK
  • 4位:1DK
  • 5位:3DK

となります。

一緒にいる時間を大切にしながら、物件のグレードも求めたい方には1LDK

費用面を重視しながら、プライベートも確保したい方は2DK

費用を出してでも物件のグレード、広さ、プライベートも確保したい方は2LDK

一緒にいる時間を大切にし、費用面を求めるなら1DK

費用面を重視しつつ、広さやプライベートを確保したい方は3DK

是非この記事を参考に間取りをお考えいただければ幸いです。

また、さらに詳しく同棲カップルさんのお部屋探しについて知りたい方は下記のまとめ記事もどうぞ!

 

そして最後にこれからお部屋探しをされる方へ。

下記に筆者のおすすめの賃貸サイトをまとめた詳細記事もございますので、よろしければ参考にご覧いただければと存じます。

 

ぶどう
ぶどう
皆様のより良いお部屋探しを心よりお祈り申し上げます。
ABOUT ME
ぶどう
ぶどう
関東圏の賃貸営業マンとして5年間勤めました。 成約件数は1000件以上。 そのノウハウを活かして、これからお部屋探しをされる方へ「お部屋探しのコツ」をお伝えしていきます。 2015年宅地建物取引士取得 2016年賃貸不動産経営管理士取得
初期費用を抑えたい…入居審査が不安…な方へ
ビレッジハウス

「初期費用を抑えたい…」

「入居審査が不安…」

とお考えのあなたに朗報です。

  • 敷金なし
  • 礼金なし
  • 仲介手数料なし
  • フリーレント1ヵ月

ビレッジハウスなら初期費用を大きく抑えることができます。

初期費用10万円以下はもちろん、5万円以下なんてことも…

さらにビレッジハウスは入居審査も非常にゆるい不動産会社です。

また、現在ビレッジハウスでは、

最大3万円分の引っ越しサポートをキャンペーン

を行っています。

3万円分の引っ越しサポート

3万円キャンペーンが行われている今がチャンスです。

まずはビレッジハウスの最新の物件情報を確認してみてくださいね。

\今なら3万円キャンペーン中!/最新の物件情報はこちら

 

さらにビレッジハウスについて詳しく知りたい方はこちら!