【賃貸プロが教える】同棲の部屋探し時期!物件探しはいつからがベスト?詳しく解説します!

「これから同棲を考えているけど…

部屋探しはいつから始めた方が良いんだろう?

具体的に良いタイミングとかあるのかな?

部屋探しをする時期が知りたい!」

このような疑問にお答えします。

筆者は賃貸営業歴5年の賃貸営業マンです。

これまでに1000件以上の成約を頂いてきました。

宅地建物取引士、賃貸不動産経営管理士の資格も保有しています。

これから同棲を考えているカップルさんの中で、

「部屋探しをいつから始めたらいいんだろう?」

このような悩みを抱えている方も少なくないのではないでしょうか。

部屋探しを始める時期は、賃貸物件を契約するうえで非常に重要です。

ベストな時期から部屋探しを始めないと、最悪の場合は、

「一から探し直し…」

なんて事にもなりかねません。

そこで今回は現場に精通している賃貸営業マンの筆者が、

同棲でお探しの方に最適なお部屋探しの時期

を詳しく解説していきます。

また、その他にも、

  • 部屋探しを始める前にやっておくべきこと
  • お得に契約がしやすい時期
  • 優良物件が見つかりやすい時期

も詳しく解説していきます。

ぜひ最後までお読みいただけましたら幸いです。

\100万DL突破!人気賃貸アプリ!/ アプリでサクサク物件を見るカナリー

同棲の部屋探し時期はいつから?

同棲でお探しの方が部屋探しを始めるのに最適な時期は実際に入居したい日の1ヵ月~2か月前です。

理想的なお部屋探しから入居までの期間の流れは下記のとおりとなります。

1ヶ月~2ヶ月前 賃貸情報サイトで物件情報収集
2週間~1ヶ月 不動産会社へ来店し入居申し込み・審査
1週間前 賃貸契約取り交わし・入金
入居日 鍵の受け取り・入居

ポイントは、賃貸契約の契約開始日は原則入居申し込みをした日から2週間から1ヶ月程で契約開始となることです。

たとえば、実際に入居したい日から3ヵ月前に物件を探して、ものすごく条件にピッタリな物件があったとしても契約開始日を3か月後の入居したい日に合わせることはできないのです。

賃貸契約の開始時期は申し込みから2週間~1ヶ月

本当にどうしてもその物件が良い場合は、入居申し込みをして2週間後から契約開始日とする事は出来ますが、約2ヵ月半もの無駄な賃料が発生してしまう事になります…

これは非常にもったいないですよね。

ですので、お部屋探しを始めるベストなタイミングは、

理想的なお部屋探しから入居までの流れ

実際に入居したい日から逆算して2ヶ月前くらいから物件情報収集を始めて、2週間前~1ヶ月前に入居申し込み、そして希望の入居日に合わせて契約開始とすることがベストです。

建築中物件や空き予定物件を狙う場合は2か月前~3か月前

しかし、賃貸物件には建築中物件や空予定物件など、実際に内見はできないが先行して募集を掛けている物件情報も多く出回っています。

人気の物件の空予定情報などは、実際に内見ができない状態でもすぐに決まることが多いです

実際に内見が出来る状態まで待っていたら、次の日には「もう募集が終わってしまっていた」なんてことは本当によくあります。

実際に内見をせずに入居申し込みを行うことに抵抗がある人が多いですが、人気が高い物件の場合は写真などで判断して「エイヤッ!」と入居申し込みをする勇気も必要です。

特に1月から3月の繁忙期シーズンは本当に動きが早いのでより注意が必要と言えます。

上記のような建築中物件や空予定物件の情報をしっかり拾う為には、実際に入居したい日から2か月前・3か月前くらいから賃貸情報サイトで物件情報を収集しておくのがベストです。

ふたり仲良く探せるアプリや仲介手数料が安いお部屋探しアプリなど…

失敗したくないお部屋探しをご希望されるあなたにおすすめの賃貸アプリとは?

【同棲カップルにおすすめ!】5つの部屋探しアプリを賃貸営業マンが紹介!

同棲カップルが部屋探し前に行うべきこと

同棲カップルさんは単身者がお部屋探しを行うよりも、多くの事前準備が必要となります。

同棲カップルさんの場合は当然自分一人ではなく、パートナーと二人で入居します。

お部屋探しをするにあたって自分だけの希望条件だけではなく、パートナーの希望条件も尊重しなければいけません。

それぞれの希望条件を尊重し合い、しっかり話し合う事が同棲カップルさんのお部屋探しで何よりも大切になっていきます。

お互いの希望条件を話し合う期間として、実際に入居したい日から1か月前~3か月前の間でしっかり話し合って希望条件を固めてから本格的にお部屋探しをスタートさせていきましょう!

話し合いをスムーズに行うコツ

話し合いをスムーズに行うコツは、

同棲する目的をはっきりさせることです。

そもそもなぜ同棲をしたいのか?する必要があるのか?

  • 結婚を見据えたくて
  • ただ一緒に暮らしたくて
  • 家賃や生活費を抑えたくて

同棲したい理由や目的はカップルによってさまざまでしょう。

上記のような同棲したい理由や目的をはっきりとさせる事で、より具体的にスムーズな話し合いができるはずです。

話し合いで決めるべき内容

実際にお部屋探しをスタートさせる前に話し合いで決めるべき内容は下記のような内容です。

話し合いで決めるべき内容

  1. 大まかな入居日を決める
  2. 物件を探すエリアを決める
  3. 初期費用の予算
  4. 毎月の生活費を考える
  5. 家賃を決める
  6. 間取りを決める
  7. 希望したい設備
  8. その他、築年数の希望など…

一つひとつ解説していきます。

①大まかな入居日を決める

まずは大まかな入居日を決めていきましょう。

大まかな入居日を決めることで「本格的に物件探しを行うのはいつくらいからが良いのか」が見えてきます。

②物件を探すエリアを決める

お部屋探しをスムーズに行うにはエリアを先に決めるとスムーズです。

エリアを絞ることでそのエリアの家賃相場や特徴もしっかり把握して物件を探す事ができます。

また、エリアを決める際にはお互いの職場へのアクセスを第一に考えてエリアを決めていきましょう。

③初期費用の予算

賃貸契約を結ぶ際には大きな金額が必要です。

さらに引っ越し代や家具家電購入代などの費用も掛かってきます。

賃貸契約を結ぶ前に、どのくらいの費用が発生するのかをしっかり把握しておくことは大切となります。

また、同棲に掛かる初期費用に関しては下記の記事にて詳しく解説していますので、ぜひ参考にご覧ください。

同棲の初期費用は全額いくら?安く抑える方法や家賃5万円のケースを賃貸営業マンが徹底解説!

④毎月の生活費を考える

初期費用の予算を決めたら今度は毎月の生活費も考えてきます。

月々どのくらいの生活費が掛かるのかをきちんと把握することで、

「どのくらいの家賃の物件を探すべきか」

が見えてきます。

同棲に掛かる生活費に関しては下記の詳細記事をご覧ください。

同棲の生活費は20万円で足りる?平均金額はいくら?徹底解説!

⑤家賃を決める

毎月掛かる生活費をある程度割り出せたら家賃も決めていきます。

家賃は収入の1/4から1/3程の金額に設定すると、無理のない金額となりやすいです。

同棲カップルの家賃はいくら?平均相場や目安は?5つの注意点!

⑥間取りを決める

間取りに関しても事前に決めておくとスムーズです。

同棲カップルさんに人気の間取りは1LDKや2DK、2LDKとなります。

間取りについての詳細記事は下記をご参照ください。

同棲カップルに贈る!賃貸プロおすすめの間取りランキング!

⑦希望したい設備

たとえばカウンターキッチンやTVモニターホン、オートロックなど。

特に同棲カップルの方にはTVモニターホンやオートロックなどのセキュリティ設備を重視された方が安心して生活できるでしょう。

⑧その他、築年数の希望など

その他に強い希望がある条件があればしっかり話し合っておきましょう。

例えば築年数は10年以内がいいとか、駅徒歩10分以内がいいとか…

お互いの希望条件をそれぞれ譲り合いながら決めていきましょう。

両親にきちんと承諾を得ること

さらに同棲カップルさんが本格的にお部屋探しを行う前にやっておくべき重要な事として、

お互いの両親から同棲に対してきちんと承諾を得ることです。

特に20代前半の若いカップルさんは両親から同棲を反対されることが多いです。

「気持ちが高まってお部屋探しを始めたはいいけど、結局両親から同棲の許可が下りなくて部屋探しが白紙になった…」

という若いカップルさんは一組や二組では収まりません。

同棲する前にお互いの両親から同棲の承諾をきちんと得てから、気持ち良くお部屋探しを行いましょう!

\100万DL突破!人気賃貸アプリ!/ アプリでサクサク物件を見るカナリー

お得に契約ができる部屋探し時期

賃貸契約は1年を通して混み合う時期とそうではない時期に分かれます。

具体的には下記のような形で閑散期から繁忙期まで分かれていきます。

1月 繁忙期
2月 繁忙期
3月 繁忙期
4月 やや繁忙期
5月 平常
6月 平常
7月 閑散期
8月 閑散期
9月 やや繁忙期
10月 平常
11月 平常
12月 平常

新生活の4月に向けて1月~3月はお部屋探しをされる方が非常に多くなり、繁忙期となります。

繁忙期シーズンは物件の動きが激しく、さらに店舗も混雑するため、ゆっくりとお部屋探しができないデメリットがあります。

さらにオーナーや管理会社がもっとも強気になれる時期でもあるので、初期費用や家賃の値下げ交渉も通りづらいです。

加えて引越し業者の費用も跳ね上がってしまうので、できる限り1月~3月(特に2月3月)のお部屋探し・引越しは避けた方が良いでしょう。

反対に真夏となる7月8月は1年で最も来店数が少なくなる閑散期となります。

この時期になると敷金礼金ダブル0キャンペーンだったり、フリーレントキャンペーンだったり、初期費用が割引される物件が多くなっていきます。

家賃なども下げられる物件もありますので、7月・8月は1年で1番お得に賃貸契約がしやすい時期となります。

さらに6月にボーナスが支給される人が多いと思うので、7月8月は資金的にも余裕ができやすくなるのも良いですね!

繁忙期シーズンを避け、閑散期を狙うことで、お得に賃貸契約を結べる可能性が格段に上がります。

優良物件が見つかりやすい時期も?

さらには優良物件が見つかりやすい時期も存在します。

お得に契約できる…という訳ではありませんが、人気の物件が比較的空室となりやすい時期です。

優良物件が見つかりやすい時期に関しては下記の記事で詳しく解説をしていますので、よろしければ参考にご覧ください。

【賃貸営業マンがおすすめする】優良物件が見つかる時期とは?

\100万DL突破!人気賃貸アプリ!/ アプリでサクサク物件を見るカナリー

同棲の部屋探し時期まとめ

同棲の部屋探し時期まと

今回は同棲カップルのお部屋探し時期について詳しく解説いたしました。

お部屋探し時期をうまく調整することで、無駄な賃料を払わずに賃貸契約を開始することができます。

また、同棲カップルさんの場合は本格的にお部屋探しを始める前にパートナーとしっかり話し合って希望条件をまとめたり、お互いの両親から同棲の承諾を得ることも重要です。

事前準備をしっかり行うことで、スムーズに良いお部屋に出会えるはずですよ!

皆様のより良いお部屋探しを心よりお祈り申し上げます。

お得に効率よくお部屋探しをしませんか?

当ブログを最後までご覧いただき誠にありがとうございます。

現在お部屋探しをされている人の中には、

  • 仲介手数料を安くしたい
  • スピーディーに効率よく部屋探しがしたい
  • アプリでサクサク部屋探ししたい
  • おとり物件に惑わされたくない

など…多くの悩みをお持ちの方もいらっしゃると思います。

下記の記事では仲介手数料が安い不動産会社やおすすめの賃貸サイト、賃貸アプリをご紹介しています。 あなたのお部屋探しのお力になれましたら幸いです。

【賃貸営業マンおすすめ】仲介手数料が安い不動産屋7選!【最大無料】

【賃貸営業マンが選ぶ】おすすめ賃貸サイトランキングTOP10!

【若年層に人気!】お部屋探しのおすすめアプリ7選【安くて便利】

東京一人暮らしのお部屋探し!おすすめ不動産屋を15社紹介!