お部屋探しのコツ・知識

同棲に必要な部屋数はいくつ?広さはどのくらい?徹底解説!

同棲に必要な部屋数いくつ?広さはどのくらい?徹底解説!
お悩み男性
お悩み男性

これから同棲を考えてるけど…

同棲に必要な部屋数や広さってどのくらいなんだろう?

同棲に最適な部屋数や広さを知りたい!

このような疑問にお答えします。

筆者は賃貸営業歴5年の賃貸営業マンです。

これまでに1000件以上の成約を頂いてきました。

宅地建物取引士、賃貸不動産経営管理士の資格も保有しています。

これから同棲でお部屋探しを考えている方の中には、

「同棲に必要な部屋数はいくつ必要なんだろう?」

「広さはどのくらい必要?」

このような疑問や悩みを抱えている方も多いと思います。

そこで今回は現場に精通している賃貸営業マンの筆者が、

「同棲に必要な部屋数や広さ」

を徹底解説していきます。

同棲に必要な部屋数や広さは当然、同棲されるカップルさんによって大きく異なりますし、新婚で同棲される方によっても異なってきます。

カップルの方、新婚の方でそれぞれおすすめの部屋数や広さをお伝えしていきます。

この記事を読むことで同棲で必要な部屋数や広さが分かりますよ!

同棲に必要な部屋数

同棲に必要な部屋数

まずは同棲に必要な部屋数から詳しく解説していきます。

カップルさんの場合と、新婚さんの場合でそれぞれで解説していきますね!

同棲に必要な部屋数(カップルの場合)

カップルさんの同棲に必要な部屋数の筆者の結論は、

結論!
  • 1部屋でも大丈夫!
  • でもプライベートをしっかり確保したい方は2部屋必要!
  • カップルの同棲で3部屋は必要無し!

となります。

一つ一つ解説していきますね。

 

カップルの同棲は1部屋でも大丈夫!

カップルさんの同棲の場合、1部屋でも十分に同棲は可能です。

具体的には下記の1DKや1LDKのような間取りが理想です。

 

1DKのタイプ と1LDKのタイプ

 

1DKのタイプは1LDKのコンパクト版のような間取りで、正直広さに難があるかもしれませんが、お試しの同棲には家賃も抑えられて手ごろで良いというカップルさんも多いです。

1LDKのタイプは1DKよりもしっかりと広さが取れて、リビングダイニングキッチン(LDK)の広々としたリビング空間が最大のメリットです。

このような1部屋タイプの間取りはお互い一緒にいる時間が多くなりますので、

「パートナーと一緒にいる時間を大切にしたい」

と考えるカップルさんにはおすすめです。

 

でもプライベートを確保したい場合は2部屋必要!

パートナーとの時間を大切にしたいと考えるカップルさんもいれば、

「プライベートもしっかり確保したい」

そう考えるカップルさんも多いでしょう。

そのようなカップルさんには下記のような2部屋ある間取りがおすすめです。

 

2DKのタイプ と2LDKのタイ

 

2DKのタイプであれば2部屋確保することが出来るため、プライベートな時間も確保しやすいでしょう。

2LDKのタイプの場合は広々としたリビング空間に加えてしっかりとそれぞれの個室を確保出来る間取りで理想的な間取りのように思えますが、2LDKは費用面で一番高い間取りとなりますし、カップルの同棲には「広すぎる」という意見も多いです。

2DKと2LDKで比較した場合、築年数は古くはなりますが、家賃や初期費用を抑える事が出来て広さもちょうど良い2DKタイプの方を賃貸営業マンの筆者もおすすめしたいですし、実際に筆者のカップルのお客様は2DKを選ばれる方が多いですよ。

 

カップルの同棲に3部屋は必要無し!
3DKの間取り

3部屋だと上記のような3DKのタイプが一般的ですが、基本的にカップルさんの同棲で3部屋も必要ありません。

実際に筆者は過去に同棲で3DKの物件に住んでいた経験がありますが、1部屋は全くと言っていいほど使っていなかったです。

実際にTwitterでも同じように一部屋持て余した方がいらっしゃいました。

よほど荷物が多かったり、絶対にそれぞれ個室が欲しいという方以外は一部屋少なくして2DKで十分だと思います。

同棲に必要な部屋数(新婚の場合)

続いて新婚さんの同棲に必要な部屋数ですが、

結論!
  • 1部屋だと広さが足りない可能性が高い
  • 2部屋、3部屋あるとゆくゆく安心
  • 新婚さんには2LDKの間取りが理想

上記のような結論となります。

こちらも一つ一つ解説していきます。

 

1部屋だと広さが足りない可能性が高い
1DKのタイプ と1LDKのタイプ

新婚さんの場合、本格的な家具を揃えたり子供が出来る可能性も考慮すると、1部屋タイプの1DKや1LDKだと広さが足りない可能性が高いです。

まだしっかりとLDKの広さが確保できる1LDKなら新婚さんでも広さが足りる物件もありますが、1DKのタイプだと新婚さんにはかなり手狭になりますのでおすすめしません。

1LDKの場合でもLDKが12帖以上の広々とした1LDKをおすすめします。

 

2部屋3部屋あるとゆくゆく安心

新婚生活をスタートさせていくと荷物が少しずつ増えていきますし、子供が出来る可能性も含めると2LDKのタイプや3DKといった広めのタイプの間取りがおすすめになっていきます。

新婚さんの場合は、今ある荷物だけではなく今後の事も考えて少しゆとりある間取りを選ぶと安心です。

 

新婚さんには2LDKの間取りが理想
2LDKの間取り

広々としたリビング空間があり、自由度の高いレイアウトを楽しめてパートナーとの時間を楽しい時間とする事が出来る。

さらに2部屋あるので、それぞれの個室として利用するも良し。

「寝室+書斎」や「寝室+趣味部屋」。

そして子供が出来たら「寝室+子供部屋」など…

賃貸営業マンの筆者としては新婚さんには2LDKの間取りがまさに理想と考えています。

ただ、築年数が浅い物件が多いので家賃や初期費用はどの間取りよりも高くなることがデメリットです。

予算とよく相談して物件を選んでくださいね!

 

Sponsored Link

同棲に必要な広さ

同棲に必要な広さ

続きまして、同棲に必要な広さについても詳しく解説していきます。

まずは大まかな各間取りの㎡数を表にまとめました。

ユニットバス1R・1K15㎡~20㎡(単身向け)
バストイレ別1R・1K20㎡~30㎡(単身向け)
1DK30㎡~40㎡(単身・カップル向け)
2DK40㎡~50㎡(カップル新婚向け)
1LDK40㎡~50㎡(カップル新婚向け)
2LDK50㎡~70㎡(新婚向け)
3DK50㎡~70㎡(新婚向け・ファミリー向け)
3LDK以上70㎡以上(ファミリー向け)

1R・1Kタイプの物件でも広い物件に関しては「二人入居可能」としている物件もありますが、原則は「二人入居不可(単身者限定)」という物件がほとんどです。

実際に国土交通省の居住面積の水準では、

国土交通省の居住面積水準

出典:国土交通省「住生活基本計画における居住面積水準」

「健康で文化的な住生活の基本とし必要不可欠な住宅面積に関する水準」を2人の場合は30㎡としています。

30㎡以上の1R・1Kが全く無いわけではありませんが、その数はかなり少ないため、同棲でお部屋探しされる場合は30㎡以上となりやすい1DK以上でお探しされる方が良いです。

同棲に必要な広さ(カップルの場合)

しかし、実際に30㎡の物件だと二人で入居するにはかなり厳しい㎡数となります(もちろん30㎡でも同棲自体は可能ですが…)

筆者としては少なくと35㎡以上の広さがないと、カップルさんの同棲でも生活していくうえでかなりストレスを感じやすくなってしまうと考えます。

ちなみに、今回何度かご紹介をさせて頂いている下記の1DK物件は36㎡です。

1DK

DKと居室でそれぞれ7帖。

それぞれに収納スペースもしっかりあるので、この間取りならカップルさんの同棲もそれなりに快適に可能だと思います。

筆者が同棲カップルさんにおすすめしたい広さは40㎡~50㎡

ユニットバス1R・1K15㎡~20㎡(単身向け)
バストイレ別1R・1K20㎡~30㎡(単身向け)
1DK30㎡~40㎡(単身・カップル向け)
2DK40㎡~50㎡(カップル新婚向け)
1LDK40㎡~50㎡(カップル新婚向け)
2LDK50㎡~70㎡(新婚向け)
3DK50㎡~70㎡(新婚向け・ファミリー向け)
3LDK以上70㎡以上(ファミリー向け)

間取りで見ると2DK・1LDKの広さとなります。

ちなみに今回ご紹介をさせて頂いている下記の2DKは40㎡、1LDKは42㎡となります。

実際に筆者のお客様で同棲カップルが選ぶ間取りとして多いのは、上記のような40㎡前後の2DKや1LDKが多いです。

もちろん、荷物が非常に多いカップルさんなど、2LDKや3DKが合うカップルさんもいらっしゃると思いますので、一つの参考としてお考え頂けますと幸いです!

同棲に必要な広さ(新婚の場合)

新婚さんの場合は、同棲カップルさんよりもしっかりとした家具家電を購入されるケースが多いですし、新婚生活がスタートして荷物が徐々に増えていきます。

さらにゆくゆくお子様が生まれる可能性も含めていくと、同棲カップルさんよりも一段階広く取って50㎡~70㎡がくらいの広さが理想です。

ユニットバス1R・1K15㎡~20㎡(単身向け)
バストイレ別1R・1K20㎡~30㎡(単身向け)
1DK30㎡~40㎡(単身・カップル向け)
2DK40㎡~50㎡(カップル新婚向け)
1LDK40㎡~50㎡(カップル新婚向け)
2LDK50㎡~70㎡(新婚向け)
3DK50㎡~70㎡(新婚向け・ファミリー向け)
3LDK以上70㎡以上(ファミリー向け)

間取りで見ると2LDKや3DKとなりますが、広めの2DKのタイプや1LDKのタイプでも問題ないと思います。

ちなみに今回ご紹介している下記の間取りは2LDKが54㎡の物件、3DKは52㎡の物件です。

家賃や初期費用が高まるデメリットはありますが、新婚さんに一番人気のある間取りは2LDKです!

 

Sponsored Link

同棲におすすめな間取り

同棲におすすめな間取り

ここまで同棲に必要な部屋数や広さについて詳しく解説致しました。

最後にカップルさんにおすすめな間取り、新婚さんにおすすめな間取りをお伝え致します。

同棲におすすめな間取り(カップルの場合)

同棲カップルさんにおすすめしたい間取りは2DK1LDKです。

同棲してもプライベートはしっかり確保したい方は2DKを。

同棲して一緒にいる時間を長く保ちたい、一緒にいる時間を大切にしたいと考える方は1LDKをそれぞれおすすめ致します。

また、費用面を重視してみていくと築年数が古い物件が多い2DKの方が家賃や初期費用を抑えられるので、費用面を抑えたい方にも2DKはおすすめです。

反対に1LDKは築年数が浅い綺麗な物件が多いので、多少費用を出してもグレードの高い物件に住みたい方は1LDKがピッタリです。

さらに詳しく同棲カップルさんにおすすめな間取りを解説した記事がございます。

こちらの記事も是非参考にご覧下さい!

同棲におすすめな間取り(新婚の場合)

新婚さんに一番おすすめしたい間取りは2LDKです。

広々としたリビング空間に加えて2部屋確保出来るので、広さに困る心配もありませんし、自由度の高いさまざまな方法で部屋を利用する事が出来ます。

ただ、築年数が浅い物件が多く費用面が高いため、予算を抑える事ができる1LDKや2DK、3DKの物件も視野に入れて物件を探していきましょう。

新婚さんのおすすめの間取りについてさらに詳しく解説している詳細記事もございますので参考にどうぞ!

 

Sponsored Link

同棲に必要な部屋数や広さ まとめ

同棲に必要な部屋数や広さまとめ

今回は同棲に必要な部屋数や広さについて詳しく解説致しました。

実際に必要な部屋数や広さはそれぞれカップルさんによって異なりますし、新婚さんによっても異なります。

それでも今回の記事をお読み頂いたことで、

「自分たちにはどれくらいの部屋数や広さが必要なのか」

ある程度お分かりいただけたかと思います。

今回の記事が少しでも皆様のお役に立てましたら幸いです。

また、さらに詳しく同棲カップルさんのお部屋探しについて知りたい方は下記のまとめ記事もどうぞ。

 

そして最後にこれからお部屋探しをされる方へ。

下記に筆者のおすすめの賃貸サイトをまとめた詳細記事もございますので、よろしければ参考にご覧いただければと存じます。

 

ぶどう
ぶどう
皆様のより良いお部屋探しを心よりお祈り申し上げます。

 

ABOUT ME
ぶどう
ぶどう
関東圏の賃貸営業マンとして5年間勤めました。 成約件数は1000件以上。 そのノウハウを活かして、これからお部屋探しをされる方へ「お部屋探しのコツ」をお伝えしていきます。 2015年宅地建物取引士取得 2016年賃貸不動産経営管理士取得
初期費用を抑えたい…入居審査が不安…な方へ
ビレッジハウス

「初期費用を抑えたい…」

「入居審査が不安…」

とお考えのあなたに朗報です。

  • 敷金なし
  • 礼金なし
  • 仲介手数料なし
  • フリーレント1ヵ月

ビレッジハウスなら初期費用を大きく抑えることができます。

初期費用10万円以下はもちろん、5万円以下なんてことも…

さらにビレッジハウスは入居審査も非常にゆるい不動産会社です。

また、現在ビレッジハウスでは、

最大3万円分の引っ越しサポートをキャンペーン

を行っています。

3万円分の引っ越しサポート

3万円キャンペーンが行われている今がチャンスです。

まずはビレッジハウスの最新の物件情報を確認してみてくださいね。

\今なら3万円キャンペーン中!/最新の物件情報はこちら

 

さらにビレッジハウスについて詳しく知りたい方はこちら!