賃貸不動産会社

【シャーメゾンとD-room】7つの項目から徹底比較!

【シャーメゾンとD-room】7つの項目から徹底比較!
お悩み女性
お悩み女性

シャーメゾンとD-roomってどっちが良いんだろう?

シャーメゾンとD-roomについて詳しく知りたい!

このような疑問にお答えします。

筆者は賃貸営業歴5年の賃貸営業マンです。

宅地建物取引士、賃貸不動産経営管理士の資格も保有しています。

積水ハウスのシャーメゾン大和リビングのD-room

どちらも大手ハウスメーカーの高品質な賃貸物件として高い人気を誇っています。

しかし、

「シャーメゾンとD-roomって結局どっちが良いんだろう?」

という疑問をお持ちの方も多いのではないでしょうか?

筆者の答えとしては、

結論!

本当にどちらもおすすめできる高品質な賃貸物件

となります。

結局結論になってない感じですが、しかしそれでも各項目ごとに細かく見ていくと、それぞれにより優れている項目があります。

そこで今回は積水ハウスのシャーメゾンと大和リビングのD-roomを7つの項目から徹底比較してみました!

  • 賃料
  • 初期費用
  • 内装・外観
  • 防音性
  • 防犯性
  • サービス
  • 入居審査

上記7つの項目でシャーメゾンとD-roomを徹底比較いたしましたので、シャーメゾンかD-roomかで悩まれている方はぜひ最後までご覧ください。

シャーメゾンとD-room 賃料比較

シャーメゾンとD-room 賃料比較

シャーメゾンとD-roomの賃料はそこまで大きな差はありません。

どちらも高品質な賃貸物件だけあって、相場の賃料よりも一段階、二段階高めに設定されています。

しかし、若干の差ではありますがD-roomの方が賃料は少し高めのことが多いです。

その理由としては、

「D-roomはインターネット無料物件が多い」からです。

インターネット無料の付加価値の分、賃料が高く設定されていますのでシャーメゾンよりもインターネット無料物件が多いD-roomの方が少し賃料が高いイメージです。

しかしシャーメゾンでもインターネット無料物件に関しては、その分賃料が上乗せされてD-roomと同じレベルで高くなるので注意が必要です。

また、シャーメゾンガーデンズと呼ばれる外観にもこだわったシャーメゾンやホテルライク仕様のシャーメゾンだと共益費・管理費が高くなる傾向があります。

このような点を踏まえると、やはり賃料に関してはシャーメゾンとD-roomではどちらも大差ないということになりますね。

Sponsored Link

シャーメゾンとD-room 初期費用比較

シャーメゾンとD-room 初期費用比較

シャーメゾンとD-roomの初期費用の比較をするとD-roomの方が初期費用が安いです。

その理由としてD-roomは、

  • 保証会社費用が掛からない
  • 火災保険が掛からない
  • 敷金無しの物件が多い

という点が挙げられます。

D-roomは保証会社費用と火災保険の費用は全て大和リビングが負担してくれます。

保証会社費用の相場は賃料の0.5ヵ月、火災保険の相場は2万円前後ですから、この費用が全く掛からないのは非常に大きいですね。

さらにD-roomでは契約プランを選ぶことができ、「タダシ」と呼ばれる契約プランでは、

  • 敷金なし
  • 礼金なし
  • 更新料なし

上記の内容で契約を結ぶことができます。

対してシャーメゾンの初期費用は保証会社費用も掛かりますし火災保険費用も掛かります

さらにシャーメゾンは必ず敷金を預かる契約内容になりますし、礼金が付く物件も多いです。

初期費用の項目に関してはD-roomの方が優れていると言えるでしょう。

また、シャーメゾンとD-roomの初期費用について詳しく知りたい方は、下記の詳細記事もあわせてご確認ください。

Sponsored Link

シャーメゾンとD-room 内装・外観比較

シャーメゾンとD-room 内装・外観比較

内装や外観に関しては個人差も多いと思いますが、シャーメゾンの方がより内装・外観にこだわっていて人気が高いと言えます。

シャーメゾン外観 シャーメゾン外観2 シャーメゾン内装2 シャーメゾンガーデンズ

引用:積水ハウスHP

賃料や初期費用を抑えて入居者を確保するという不動産会社が多い中で、シャーメゾンは「より高品質な賃貸物件を提供し入居者を確保する」という方向性となっています。

この点において積水ハウスのシャーメゾンは非常に自信を持っているため、賃料や初期費用は賃貸物件の中でもトップクラスに高く設定されています

Sponsored Link

シャーメゾンとD-room 防音性比較

シャーメゾンとD-room 防音性比較

防音性に関してはD-roomよりもシャーメゾンの方が優れています

特にシャーメゾンの「ベレオ」と呼ばれる重量鉄骨造のマンションタイプの賃貸物件は、かなり防音性・遮音性に関して評価が高いです。

また、シャーメゾンは「シャイド55」と呼ばれる遮音性が高い高遮音床を採用しています。

D-roomにも「サイレントハイブリッドスラブ50」と呼ばれるシャイド55よりも遮音性の高い床材があるものの、導入されている物件が少なく、広く高遮音床が使用されているシャイド55のシャーメゾンの方に軍配が上がります

シャーメゾンやD-roomの防音性に関しては下記の記事もぜひ参考にご覧ください。

Sponsored Link

シャーメゾンとD-room 防犯性比較

シャーメゾンとD-room 防犯性比較

防犯面の比較ではD-roomに軍配が上がります。

D-roomは不動産業界の中でもいち早くALSOKやSECOMを導入し、防犯配慮型賃貸住宅として大々的にテレビCMも打っていますね。

D-roomはセキュリティも充実
出典:大和リビング公式サイト

もちろんホームセキュリティサービスだけではなく、オートロック付き賃貸物件やTVインターホンなどの防犯面もしっかりしています。

対するシャーメゾンも、当然防犯面に配慮された賃貸物件となっているのですが、D-roomに比べてホームセキュリティサービスが導入されている物件が少ないです。

防犯面を重要視される単身女性の方やお子様のいるファミリーの方にはD-roomは特におすすめと言えるでしょう。

Sponsored Link

シャーメゾンとD-room サービス比較

シャーメゾンとD-room サービス比較

サービス面でもシャーメゾンよりもD-roomの方が優れています

d-roomサービス
  • D.U-NET(インターネット無料)
  • D-room TV(8万本以上の映画やドラマ見放題)
  • D-room Books(毎日30分電子書籍読み放題)
  • Web英会話
  • 日経BP動画
  • 家具家電付き
  • 【D-room+限定】サマリーポケット(クラウド収納サービス)
  • 【D-room+限定】キッチン&English(料理と英語が学べる)
  • 【D-room+限定】music.jp Books(最新コミックが読める)
  • 【D-room+限定】music.jp動画(新作画が楽しめる)

全てのサービスを受けられる訳ではないですが、D-roomの物件であれば上記のサービスを選択して利用することができます。

その他にもまだまだアフターサービスが充実しています。

D-roomカードを発行すればポイントが自動で貯まり、大和ハウスの賃貸物件への住み替えに限りますが、住み替えの際の初期費用に充てることができます。

また、賃貸の住み替えだけでなく大和ハウスの住宅購入にもポイントを使用することができます。

この点に関しては、積水ハウスのシャーメゾンライフポイントに非常に似ており、シャーメゾンライフポイントも同じように住み替えの初期費用に利用できたり、住宅購入にもポイントが使用できます。

しかしながら、シャーメゾンにはD-roomプラスのようなサービスがほとんどないため、サービス面ではD-roomの圧勝と言って良いでしょう。

Sponsored Link

シャーメゾンとD-room 入居審査比較

シャーメゾンとD-room 入居審査比較

入居審査の比較では、D-roomの方が入居審査が厳しくなります

D-roomの入居審査では個人信用情報を元に審査することが多いため、クレジットカードの滞納歴や自己破産歴がある人など…

個人信用情報にキズがある人は審査落ちしてしまう可能性が高いです

シャーメゾンの審査も信用情報を元に審査が行われますが、信用情報を元に審査を行わない家賃保証会社で再審査も可能な場合もあるため、D-roomよりも入居審査がゆるめです。

また、シャーメゾン・D-roomの入居審査について詳しくまとめた詳細記事もそれぞれございますので、入居審査に不安を抱いている方は是非チェックしてみてください。

Sponsored Link

まとめ

シャーメゾンとD-room比較まとめ

今回は積水ハウスのシャーメゾンと大和リビングのD-roomを7つの項目から徹底比較いたしました。

最後に比較内容をまとめますと、

賃料比較 大差なし(若干シャーメゾンの方が安い)
初期費用比較 D-roomの方が安い
内装・外観比較 個人差あるが、シャーメゾンの方が人気高い
防音性比較 シャーメゾンの方が優れている
防犯性比較 D-roomの方が優れている
サービス比較 D-roomの方が優れている
入居審査比較 シャーメゾンの方がゆるい

上記のとおりとなります。

最終的な結論としては、

物件の質の高さ(防音性)にこだわるならシャーメゾン

初期費用の安さ・防犯面・サービスにこだわるならD-room

このような結論にまとめられそうです。

ただし、D-roomも非常に質の高い物件ですし、シャーメゾンも防犯面やサービス面も非常に充実しています。

どちらも高品質な賃貸物件であることに変わりはございません。

最終的にはあなたが最も重視したいポイントにヒットする方を選択すれば、より良い快適な生活が送れることでしょう。

また、下記のシャーメゾンとD-roomの人気記事もぜひ参考にご覧ください。

ねこますく
ねこますく
皆様のより良いお部屋探しを心よりお祈り申し上げます。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

下記の記事では仲介手数料が安い不動産会社やおすすめの賃貸サイト、賃貸アプリをご紹介しています。

あなたのお部屋探しのお力になれましたら幸いです。

ABOUT ME
ねこますく
ねこますく
元賃貸営業マン。 宅地建物取引士・賃貸不動産経営管理士。 お部屋探しに関する情報や、賃貸不動産会社の情報。 お得な賃貸情報サイトをご紹介しています。 Twitterでも毎日賃貸情報を発信中。