賃貸保証会社で審査が甘いのは?【審査承認率がアップする方法を賃貸営業マンが徹底解説!】

賃貸保証会社で審査が甘いのは?【審査承認率がアップする方法を賃貸営業マンが徹底解説!】

「これから入居審査を受けようとしてるけど…

入居審査が少し不安。

賃貸保証会社で審査が甘いところってあるのかな?」

このような疑問にお答えします。

筆者は賃貸営業歴5年の賃貸営業マンです。

宅地建物取引士、賃貸不動産経営管理士の資格も保有しています。

これから入居審査を受ける方の中には審査に通るかどうか不安を抱えている方もいらっしゃると思います。

近年の賃貸契約では9割近くが家賃保証会社を利用する契約となっており、家賃保証会社の審査に通過できるかどうかが入居審査の重要なポイントとなります。

賃貸保証会社には、

「審査の甘い賃貸保証会社と審査の厳しい賃貸保証会社」

が存在しており、審査の甘い賃貸保証会社を選ぶことで入居審査の承認率は大きく高まってくるでしょう。

そこで今回は審査の甘い賃貸保証会社について詳しく解説していきます。

また、審査の甘い不動産会社も紹介していきますので、ぜひ最後までお読み頂けましたら幸いです。

\高い賃貸契約のお金の悩み解決!/

スムーズ広告1

賃貸保証会社で審査が甘いのは独立系

賃貸保証会社で審査が甘いのは独立系

家賃保証会社は大きく2つに分けることができます。

  • 信販系の家賃保証会社
  • 独立系の家賃保証会社

信販系の家賃保証会社は信販会社が行う家賃保証サービスとなり、個人信用情報を元に入居審査を行います。

対する独立系の家賃保証会社は、信用情報を確認せず独自の審査基準で入居審査を行う家賃保証会社となります。

ですので独立系の家賃保証会社であれば、信用情報にキズがある方でも審査に通過できる可能性が高いため、信販系の家賃保証会社よりも審査が甘いです。

  • クレジットカードの滞納歴がある
  • 携帯代の滞納歴がある
  • 自己破産歴がある

など…信用情報にキズがある方の場合は信販系の家賃保証会社を避けて独立系の家賃保証会社を選択することで入居審査の承認率はアップします。

有名な審査の甘い家賃保証会社を紹介

利用者数が多く、知名度が高い審査が甘い独立系の家賃保証会社を4社ご紹介いたします。

  • 日本セーフティー株式会社
  • 株式会社Casa(カーサ)
  • 日本賃貸保証株式会社(JID)
  • フォーシーズ株式会社

それぞれ詳しく解説していきます。

日本セーフティー株式会社

日本セーフティーはトップクラスの実績・知名度がある家賃保証会社です。

また、独立系の家賃保証会社の中でも審査が甘く、実際に筆者の不動産会社でも利用していますが審査承認率はかなり高いです。

さらに無職の方・高齢者の方・生活保護の方・外国籍の方など…

審査の受け入れが広い点も入居審査が甘いことに繋がっています

下記の記事ではさらに詳しく日本セーフティーについて解説をしていますので、よろしければ参考にご覧ください。

[box06 title=”あわせて読みたい”] [jin_icon_check color=”#e9546b” size=”18px”]日本セーフティーの審査はゆるい?厳しい?知っておくべき7つのポイント

[/box06]

株式会社Casa(カーサ)

Casaも審査が甘い家賃保証会社として有名です。

積水ハウス不動産のらくらくパートナーの審査に落ちてしまった場合に利用される家賃保証会社としても有名で、筆者の不動産会社でも利用しています。

実際に自己破産歴があったお客様で、

らくらくパートナーの審査落ち→Casaで再審査→審査OK

となったこともあります。

詳しいCasaの内容は下記の記事をご参照ください。

Casaの審査はゆるい?厳しい?審査日数や審査に落ちるケースとは?

日本賃貸保証株式会社(JID)

1995年設立で「賃貸保証システム」のパイオニア企業である日本賃貸保証(JID)。

日本セーフティー同様に実績・知名度が高い家賃保証会社と言えます。

日本賃貸保証も審査が甘い独立系の家賃保証会社として有名であり、特に家賃保証協会や家賃保証機構に加盟しておらず、家賃滞納歴においても情報共有していない点は審査がかなり甘い大きな理由となります。

日本賃貸保証(JID)の審査はゆるい?厳しい?口コミ評判も含めて解説

フォーシーズ株式会社

家賃保証会社の中でも最も審査が甘いと言われているのがフォーシーズ株式会社です。

毎月審査承認率を公開しており、審査承認率は98%以上となっています。

上記3社と比べると利用してる不動産会社が少なく知名度は高くないですが、売上高を順調に伸ばしている家賃保証会社となっています。

フォーシーズの審査はゆるい!承認率98.65%の理由とは?

入居審査が甘い不動産会社

独自の審査基準で入居審査を行う賃貸保証会社は審査が甘いですが、同じように入居審査が甘い不動産会社も存在します。

具体的には下記のような不動産会社です。

  • グループ会社である保証会社を利用する不動産会社
  • 保証会社を利用せず不動産会社自身で入居審査を行う不動産会社
  • 保証会社を利用せず連帯保証人を立てて賃貸契約を結ぶ不動産会社

それぞれ解説していきます。

グループ会社である保証会社を利用する不動産会社

グループ会社である保証会社を利用する不動産会社は入居審査が甘いです。

具体的には、

  • 大東建託→グループ会社である保証会社ハウスリーブを利用
  • レオパレス→グループ会社であるプラザ賃貸保証を利用となります。

信用情報にキズがある方など、審査に不安がある方でも大東建託やレオパレスの物件は審査が甘く入居審査に通過しやすいです。

関連記事>>大東建託の審査は厳しい?保証会社は?審査日数・必要書類など賃貸営業マンが徹底解説!

関連記事>>【知っておきたい】レオパレスの入居審査7つの重要ポイント!

保証会社を利用せず独自で入居審査を行う不動産会社

近年の賃貸契約では家賃保証会社を利用することが一般的となっていますが、中には家賃保証会社を利用せず独自の審査基準で入居審査を行う不動産会社も存在します。

そのような不動産会社も信用情報や家賃滞納歴をチェックされるケースは少ないので審査が甘い不動産会社が多いです。

有名な不動産会社ではビレッジハウスが有名ですね。

関連記事>>【ビレッジハウスの入居審査】知っておくべき7つの重要ポイントとは?

保証会社を利用せず連帯保証人を立てる不動産会社

保証会社を利用せず連帯保証人を立てる不動産会社も入居審査が甘いです。

ただ、近年では家賃保証会社を利用する不動産会社がほとんどのため、あまりこのような不動産会社は多くありません

以上、審査が甘い不動産会社について解説いたしましたが、さらに詳しくまとめた記事もございますので、よろしければ参考にご覧ください。

審査が通りやすい賃貸不動産会社は?賃貸営業マンが詳しく解説!

\無料!LINEでかんたん登録/

スムーズ広告2

審査が厳しい賃貸保証会社は信販系

審査が厳しい賃貸保証会社は信販系

反対に、審査が厳しい賃貸保証会社は信販系の保証会社です。

改めて信販系の保証会社とは、クレジットカードや携帯代などの滞納情報(個人信用情報)を主として入居審査を行う賃貸保証会社です。

つまり、クレジットカードなどの滞納歴がある方は信販系の保証会社ではほぼ審査NGとなってしまいます。

具体的に信販系の保証会社は下記のような保証会社があります。

  • オリコフォレントインシュア
  • 株式会社アプラス
  • 株式会社セゾン
  • 株式会社ライフ
  • 株式会社ジャックス
  • 株式会社エポスカード
  • 株式会社セディナ

信用情報にキズがある方の場合は上記の信販系の家賃保証会社を利用する不動産会社を避けて入居審査を受けたほうが良いでしょう。

また、クレジットカードの滞納歴や信販系の家賃保証会社については下記の記事にて詳しく解説をしています。

ぜひ参考にご覧ください。

クレジットカードや携帯代の滞納歴があると入居審査に落ちる?【賃貸営業マンが徹底解説!】

入居審査を通りやすくするためには?

最後に賃貸の入居審査を通りやすくするためのアドバイスを3つお伝えいたします。

  1. 独自の審査基準で入居審査を行う賃貸保証会社や不動産会社を選ぶ
  2. 収入に見合った家賃を選択する
  3. 言葉づかいや態度、身なりに気を付ける

一つひとつ解説していきます。

①独自の審査基準で入居審査を行う賃貸保証会社や不動産会社を選ぶ

上記でお伝え致しましたように、信販系の保証会社を避けて独自の審査基準で入居審査を行う賃貸保証会社や不動産会社を選ぶことで入居審査に通りやすくなります。

特に滞納歴のある方は信販系の保証会社を避けてお部屋探しをしないと、せっかく気に入った物件でも入居審査に落ちてしまう可能性が高いので、始めから信販系の保証会社を避けてお部屋探しをするとスムーズです。

②収入に見合った家賃を選択する

いくら独自の審査基準で入居審査を行う賃貸保証会社を選んでも、収入に見合った家賃を選択しなければ入居審査に落ちてしまいます。

高くても月収の1/3までの家賃設定とすることで入居審査に通る確率は高くなるでしょう。

詳しい収入に見合った家賃に関しては下記の記事にて解説をしています。

よろしければ参考にご覧ください。

【入居審査】必要な年収手取りはいくら?嘘の年収を書いても大丈夫?

③言葉づかいや態度、身なりに気を付ける

言葉づかいや態度、身なりに気を付けることも重要です。

あまりに言葉づかいや態度が悪いと、

「入居後にトラブルを起こす人物」

と判断されて家賃保証会社の審査に通過したとしても管理会社・オーナー審査で落とされてしまうこともあります。

また、言葉づかいや態度、身なりに気を付けることで担当の営業マンや不動産会社も親身になって対応してくれるでしょう。

さらに初期費用の値引き交渉や家賃交渉なども通りやすくなりますので、言葉づかいや態度は良いに越したことはありません。

まとめ

審査が甘い賃貸保証会社まとめ

今回は審査が甘い賃貸保証会社について詳しく解説いたしました。

  • 家賃滞納歴がある方
  • クレジットカードの滞納歴のある方
  • 自己破産されている方
  • 収入が低い方

など…入居審査に不安がある方は信販系の保証会社を避けて独自の審査基準で入居審査を行う賃貸保証会社を選ぶことでスムーズなお部屋探しができるでしょう。

皆様のより良いお部屋探しを心よりお祈り申し上げます。

株式会社スムーズ
出典:スムーズ公式サイト

当ブログを最後までご覧いただき誠にありがとうございます。

現在お部屋探しをされている人の中には、下記のような悩みを抱えていらっしゃる方も多いのではないでしょうか?

  • 賃貸の初期費用が高くて引越しできない
  • 家賃は予算内だけど初期費用が高すぎる物件がある
  • クレジットカードの分割払いの手数料を払いたくない

賃貸契約の初期費用は賃料の5ヶ月~6ヶ月分前後掛かりますので、賃料10万円の物件の場合、60万円以上の契約金が必要な物件がほとんどです。

さらにお引越しには「家具家電購入代や引っ越し費用」なども発生しますので、これらの費用を含めると総額100万円以上となってしまうケースも少なくありません。

そんな高額となりやすい賃貸の初期費用を立て替えてくれて後払いにできるサービスが「スムーズ」です。

さらにスムーズのすごいところは、

後払い手数料6回まで0円
出典:スムーズ公式サイト

6回払いまで分割手数料が0円で利用できる点です。

スムーズは12回払い・24回払いにも対応していますが、年率14%の手数料が発生してしまいますので、6回払いまでの利用にとどめておくとスムーズを無料で利用することができます

スムーズの利用はとってもかんたん。

  1. 無料でLINE登録
  2. LINEにて必要情報入力
  3. チャットで提案&物件探し
  4. 入居申込み・スムーズの審査
  5. ご入居・支払い開始

契約金はスムーズが立て替えて払ってくれるので、入居後の月々の支払いと併せて分割した初期費用を支払っていくだけです。

注意点は、

  • スムーズの利用にも審査がある
  • 1都3県のみのサービス

となります。

現状では首都圏エリアで賃貸物件をお探しの人しか利用できないサービスですが、首都圏エリアでお探しで初期費用にお悩みの方にはおすすめの新サービスとなります。

下記より公式サイトへ移動できますのでぜひご参照ください。

\初期費用のお悩みはこれで解決!/

6回払いまで手数料無料でご利用できます